« 四国、よいとこ 1074 高知県 「奈路」という地名の意味は…。 | トップページ | 四国、よいとこ 1076 高知市 「独り居るクリスマスイブ…」。 »

2006.12.24

四国、よいとこ 1075 「最後はいつも光差す方を向いていたい。ハッピーエンドの物語を今後も書きたい」。

 二〇〇六年十二月二十四日。

 「最後はいつも光差す方を向いていたい。ハッピーエンドの物語を今後も書きたい」
 いい言葉ですよね。
 高知新聞朝刊の「著者と語る」での作家・小路幸也(しょうじ・ゆきや)さんの言葉です。

 『空を見上げる古い歌を口ずさむ』
 『東京バンドワゴン』
 『東京公園』
 などの著作があるそうです。
 一つひとつ読んでみることにしましょう。 

|

« 四国、よいとこ 1074 高知県 「奈路」という地名の意味は…。 | トップページ | 四国、よいとこ 1076 高知市 「独り居るクリスマスイブ…」。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/13179791

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 1075 「最後はいつも光差す方を向いていたい。ハッピーエンドの物語を今後も書きたい」。:

« 四国、よいとこ 1074 高知県 「奈路」という地名の意味は…。 | トップページ | 四国、よいとこ 1076 高知市 「独り居るクリスマスイブ…」。 »