« 四国、よいとこ 1109 「国民学校音楽の時間 四十四時間目 「敷島の やまと心を人問はば…」。 | トップページ | 四国、よいとこ 1111 「国民学校音楽の時間 四十六時間目 「『いで、軍艦に乗り組みて』の『われは海の子』」。 »

2007.01.09

四国、よいとこ 1110 「国民学校音楽の時間 四十五時間目 「『敵国艦隊全滅す』の『日本海海戦』の歌」。

 二〇〇七年一月九日。

 『初等科音楽 四』のナンバーのある曲の四番目は「日本海海戦」です。

 一 敵艦見えたり、 近づきたり。
   皇国(みくに)の興廃(こうはい)ただこの一挙。
   各員奮励(ふんれい)努力せよ。と、
   旗艦のほばしら信号あがる。
   み空は晴るれど風立ちて、
   対馬(つしま)の沖に波高し、

 二 主力艦隊前をおさへ、
   巡洋艦隊後にせまり、
   袋のねずみ囲み撃てば、
   見る見る敵艦乱れ散るを、
   水雷挺隊・駆逐隊、
   のがしはせじと追いて撃つ。

 三 東天赤らみ、 夜ぎり晴れて、
   旭日(きょくじつ)輝く日本海上。
   今はやりがるるすべもなくて。
   撃たれて沈むも、 降るもあり。
   敵国艦隊全滅す。
   帝国万歳、万万歳。

 日露戦争の時で。日本海海戦は一九〇五年五月二十七日、二十八日のことです。場所は、対馬海峡。
 おたがいに侵略者だった日本の連合艦隊とロシアのバルチック艦隊(バルト海艦隊)との間でたたかわれ、日本が勝利した海戦です。
 侵略者同士があらそって「敵」を「全滅(皆殺し)」させたことを誇らしく伝える歌。
 これを子どもたちに歌わせたのです。
 侵略するのが「正義」、「敵」を殺すのが「正義」だったのです。

|

« 四国、よいとこ 1109 「国民学校音楽の時間 四十四時間目 「敷島の やまと心を人問はば…」。 | トップページ | 四国、よいとこ 1111 「国民学校音楽の時間 四十六時間目 「『いで、軍艦に乗り組みて』の『われは海の子』」。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/13396962

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 1110 「国民学校音楽の時間 四十五時間目 「『敵国艦隊全滅す』の『日本海海戦』の歌」。:

« 四国、よいとこ 1109 「国民学校音楽の時間 四十四時間目 「敷島の やまと心を人問はば…」。 | トップページ | 四国、よいとこ 1111 「国民学校音楽の時間 四十六時間目 「『いで、軍艦に乗り組みて』の『われは海の子』」。 »