« 四国、よいとこ 1965 高知県 「わが町は『核』の是非問う年迎え…」。東洋町の男性の短歌です。 | トップページ | 四国、よいとこ 1967 高知市 ライダーとしての僕は、ええかっこしい。 »

2007.02.03

四国、よいとこ 1966 高知市 高校の同学年生、小川有里さんの「育爺(いくじい)」論について。

 二〇〇七年二月三日。

 刺激的なタイトルの本をいただきました。
 『定年オヤジの しつけ方』(講談社)。
 筆者は、わが高校の同学年生、小川有里さんです。
 この人、容姿は美女系ですが(ぱちぱち)、書くことは辛らつ。
 まあ、「美女」と「辛らつ」は両立するとは思いますが。
 「育爺(いくじい)」の言葉には、思わず「わっはっは」。
 これは笑うしかありません。

 妻は、小川さんファン。
 「こんど高知にきたとき、この本を読んだら」
 こう電話しておきました。

 僕のほうは「育婆(いくばあ)」の作戦を立てているところです。
 うっふっふふ……。

|

« 四国、よいとこ 1965 高知県 「わが町は『核』の是非問う年迎え…」。東洋町の男性の短歌です。 | トップページ | 四国、よいとこ 1967 高知市 ライダーとしての僕は、ええかっこしい。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/13777289

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 1966 高知市 高校の同学年生、小川有里さんの「育爺(いくじい)」論について。:

« 四国、よいとこ 1965 高知県 「わが町は『核』の是非問う年迎え…」。東洋町の男性の短歌です。 | トップページ | 四国、よいとこ 1967 高知市 ライダーとしての僕は、ええかっこしい。 »