« 四国、よいとこ 1990 高知市 あっ、ここにありました。人を楽しくさせる文章。 | トップページ | 四国、よいとこ 1992 高知市 早朝、激痛に襲われて…。 »

2007.02.16

四国、よいとこ 1991 高知市 エノキの実は甘いらしい。楽しみです。

 二〇〇七年二月十六日。

 エノキ
 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から。

 エノキ(榎、学名 Celtis sinensis)はニレ科エノキ属の落葉高木樹。英名はJapanese hackberry。東アジアに分布する。
 雌雄同株で高さは20m以上、幹の直径は1m以上になる。枝が多く、枝ぶりは曲がりくねっている。根元で数本に別れていることもある。樹皮は灰黒褐色。 葉は互生し、長さ4-9cmの卵形又は長楕円形で先は尾状にのびている。葉の質は厚く、縁は鋸歯状だが先端まで葉脈がはったつしておらず、丸みを帯びている。
 花には雄花と雌花がある。葉と同時期(4月頃)に葉の根元に小さな花を咲かせる。花の後に直径5-6mmの球形で緑色の実をつける。熟すと橙褐色になり食べられる。味は甘い。
 木材の質はやや堅いが強度はそれほど強くない。また狂いが生じやすい。辺材と心材の境が明瞭でない。建築用材、家具材、道具材、薪炭などに使われる。風合いが似ている事からケヤキの代用とされる。エノキの名の由来も鍬などの農機具の柄に使われたからという説もある。
 江戸時代には街道の一里塚として植えられた。
 葉は、オオムラサキの幼虫の餌になる。

|

« 四国、よいとこ 1990 高知市 あっ、ここにありました。人を楽しくさせる文章。 | トップページ | 四国、よいとこ 1992 高知市 早朝、激痛に襲われて…。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/13936024

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 1991 高知市 エノキの実は甘いらしい。楽しみです。:

« 四国、よいとこ 1990 高知市 あっ、ここにありました。人を楽しくさせる文章。 | トップページ | 四国、よいとこ 1992 高知市 早朝、激痛に襲われて…。 »