« 四国、よいとこ 2014 高知市 僕が、初めて電話をかけた時のこと。 | トップページ | 四国、よいとこ 2016 高知市 「歌は悲しき時の母ともなり うれしい時の友ともなれば…」 「北辰斜めに」の「巻頭言」。 »

2007.02.26

四国、よいとこ 2015 高知市 独立してからも、しばらくは電話機は夢でした。

 二〇〇七年二月二十六日。

 独立した僕の所に電話がきたのはいつだったのでしょうか。

 初めは高知市の二階の二畳一間のアパートでした。
 上京してからは渋谷区の寮、練馬区の美容室の二階の一室のアパート。結婚してからも、ここにいました。
 そして、文京区にあった練馬区の教員住宅に。
 ここで電話を引きました。
 府中市の家に引っ越してからも電話はあります。
 携帯電話も使うようになりました。

 僕のほうは、一昨年、高知市九反田に引っ越しましたが、ここでは携帯電話のみ。
 いま、高知市の東部に引っ越しつつありますが、ここでは光の電話になります。

|

« 四国、よいとこ 2014 高知市 僕が、初めて電話をかけた時のこと。 | トップページ | 四国、よいとこ 2016 高知市 「歌は悲しき時の母ともなり うれしい時の友ともなれば…」 「北辰斜めに」の「巻頭言」。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/14057613

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 2015 高知市 独立してからも、しばらくは電話機は夢でした。:

« 四国、よいとこ 2014 高知市 僕が、初めて電話をかけた時のこと。 | トップページ | 四国、よいとこ 2016 高知市 「歌は悲しき時の母ともなり うれしい時の友ともなれば…」 「北辰斜めに」の「巻頭言」。 »