« 四国、よいとこ 2062 徳島県阿南市 この花は、何の花でしょうか? (ソラマメでした) | トップページ | 四国、よいとこ 2064 高知市 山原健二郎さんの色紙、「野根山の 番所の卆の きびしくて 江藤新平 のがるすべなし」。 »

2007.03.19

四国、よいとこ 2063 高知市大津 娘たち三人の来訪。

 二〇〇七年三月十九日。

 夜、高知市大津の家に帰ると、娘、娘の長女・エミ(六歳)、二女・ユリ(三歳。三月十六日が誕生日でした)がやってきていました。

 ユリは、だいぶ会話がしっかりしてきました。

 エミは、この四月に小学校一年生。
 まん丸の顔が少し面長になってきました。
 四月から地域のサッカークラブにも入るとのことです。
 「また割り」ができることが自慢です。
 弟、ユリとトランプの神経衰弱をやっているのを見ていると、エミは勝負にこだわるタイプ。
 娘が小さなとき家族でトランプをやったとき負けると悔しくて泣いていたことを思い出しました。

|

« 四国、よいとこ 2062 徳島県阿南市 この花は、何の花でしょうか? (ソラマメでした) | トップページ | 四国、よいとこ 2064 高知市 山原健二郎さんの色紙、「野根山の 番所の卆の きびしくて 江藤新平 のがるすべなし」。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/14315930

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 2063 高知市大津 娘たち三人の来訪。:

« 四国、よいとこ 2062 徳島県阿南市 この花は、何の花でしょうか? (ソラマメでした) | トップページ | 四国、よいとこ 2064 高知市 山原健二郎さんの色紙、「野根山の 番所の卆の きびしくて 江藤新平 のがるすべなし」。 »