« 四国、よいとこ 2079 研究 感動を伝える文章 その二 うれしくって感動の涙が出たシーンを暖かい視点で。 | トップページ | 四国、よいとこ 2081 高知市大津 水がはられた田んぼの上を飛びかう鳥たち。 »

2007.03.26

四国、よいとこ 2080 高知市 高校の同学年生・小川有里さんがテレビに出ていました。

 二〇〇七年三月二十五日。

 朝、テレビを見ていたら「定年オヤジのしつけ方」というタイトル。
 「あれ、彼女の本の発想だな」
 彼女というのは高知県立追手前高校で同学年だったエッセイストの小川有里さんです。
 「あっ、彼女も出ている」
 若々しく、にこやかに語っていました。
 ここで顔を見ることができるとは思っていませんでした。

|

« 四国、よいとこ 2079 研究 感動を伝える文章 その二 うれしくって感動の涙が出たシーンを暖かい視点で。 | トップページ | 四国、よいとこ 2081 高知市大津 水がはられた田んぼの上を飛びかう鳥たち。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/14409271

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 2080 高知市 高校の同学年生・小川有里さんがテレビに出ていました。:

« 四国、よいとこ 2079 研究 感動を伝える文章 その二 うれしくって感動の涙が出たシーンを暖かい視点で。 | トップページ | 四国、よいとこ 2081 高知市大津 水がはられた田んぼの上を飛びかう鳥たち。 »