« 四国、よいとこ 2149 高知市大津 小夏のすがすがしい香り。 | トップページ | 四国、よいとこ 2151 徳島県宍喰(ししくい) ペンションの庭のインドネシアの神の鳥。 »

2007.04.24

四国、よいとこ 2150 高知県東洋町 高レベル核廃棄物処分場に反対する住民パワーが勝利した夜。

 二〇〇七年四月二十二日。

 正午から高知市から県下東洋町へ。
 オートバイで。
 雨でしたがそんなにひどい降りでなかったので助かりました。

 この日夜、この町では町長選挙の開票がありました。

 この選挙は、「高レベル放射性廃棄物の最終処分施設の設置可能性を調査する区域について」の応募の是非が争点でした。
 田嶋裕起町長が、これに応募したのは一月二十五日。同氏は、町民の批判の高まる中、辞任。こんどの町長選挙は、この辞任にともなうものです。
 立候補した前町長は、「応募」にともなう交付金で「生活・営業支援」などをやると宣伝。沢山保太郎候補は、「住民無視の処分場応募は白紙撤回!」と訴えました。
 告示直前には同施設を建設しようとする経済産業省、原子力発電環境整備機構も同町に乗り込み、ビラや講演会で同町に施設をつくっても安全と宣伝しました。
 日本共産党は、同施設誘致反対の住民運動のメンバーと共同し、同施設の問題点を明らかにしてきました。
 三月十二日には、同党の吉井英勝衆議院議員が東洋町入りし、この問題で講演。
 告示前には、その内容を知らせる「交付金は『原発麻薬』 町の輝きを失う」の見出しのビラを各戸に配布しました。

 おっと、開票です。
 沢山候補、千八百二十一票。
 田嶋候補、七百六十一票。
 高レベル核廃棄物処分場に反対する住民パワーの勝利です。
 多額の交付金で人の心を変えようとする建設地選定の第一段階・文献調査の受け入れを拒否しました。

 「核のゴミ いやだ」の候補
 圧勝で
 サーフィンの町 深夜までわく

|

« 四国、よいとこ 2149 高知市大津 小夏のすがすがしい香り。 | トップページ | 四国、よいとこ 2151 徳島県宍喰(ししくい) ペンションの庭のインドネシアの神の鳥。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/14834708

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 2150 高知県東洋町 高レベル核廃棄物処分場に反対する住民パワーが勝利した夜。:

« 四国、よいとこ 2149 高知市大津 小夏のすがすがしい香り。 | トップページ | 四国、よいとこ 2151 徳島県宍喰(ししくい) ペンションの庭のインドネシアの神の鳥。 »