« 四国、よいとこ 2134 高知県東洋町 美しい風景、人々の美しい行動。 | トップページ | 四国、よいとこ 2136 高知市 東京都の妻から電話があったという異常事態。 »

2007.04.17

四国、よいとこ 2135 高知県馬路村(うまじむら) 幡多弁の娘さんと会話しました。

 二〇〇七年四月十七日。

 東洋町での仕事を終えて、こんどは県下馬路村(うまじむら)へ。

 国道55号から安田町で県道に入って北上。
 安田川沿いです。
 ゆっくり寄り道しながら走れば素敵な場所だと思いました。
 しかし、いまは走れ、走れ。
 「このままでは帰りのガソリンがなくなってしまう。どこかにガソリンスタンドは…」
 三十分ほど走ったら馬路村の市街地に。ガソリンスタンドがありました。
 助かった。
 「もう一軒あったんだが、なくなって…」
 ガソリンスタンドの「おじさん」のつぶやきです。

 やっと約束の午後二時に目的の場所に滑り込みセーフ。
 そこで、若い女性と話していたらやわらかいアクセントでいい感じ。
 これは幡多弁では?
 聞いたら僕の大好きな四万十市の出身の人でした。
 何だかうれしくなりました。
 女性の幡多弁との出会いは僕が高校に入学してすぐのことでした(ま、この話は別の機会に)。

|

« 四国、よいとこ 2134 高知県東洋町 美しい風景、人々の美しい行動。 | トップページ | 四国、よいとこ 2136 高知市 東京都の妻から電話があったという異常事態。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/14717215

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 2135 高知県馬路村(うまじむら) 幡多弁の娘さんと会話しました。:

« 四国、よいとこ 2134 高知県東洋町 美しい風景、人々の美しい行動。 | トップページ | 四国、よいとこ 2136 高知市 東京都の妻から電話があったという異常事態。 »