« 四国、よいとこ 2174 高知市 「似非」って何て読むの?? | トップページ | 四国、よいとこ 2176 高知市 空中浮揚ができる六十歳。 »

2007.05.07

四国、よいとこ 2175 高知市 NHK教育テレビの歌劇「シンデレラ」の何か変。

 二〇〇七年五月七日。

 前回の「似非」は「えせ」でした。


 ところで、いまNHK教育テレビの歌劇「シンデレラ」を見ています。
 午後八時から十時四十三分までという長時間のものです。

 いやーっっ、せりふの繰り返しの多いのには閉口しました。
 整理すれば一時間半くらいにおさまる作品ではないでしょうか。
 ロッシーニさんの作曲だといいます。
 作曲ということは、せりふは別の人がつくったのでしょうか。

 もう一つ、今回のはヒロインがあまりにも……。
 劇中のシンデレラは、若くて純真で顔が美しいということが強調されています。
 しかし、ヒロイン役・ルクサンドラ・ドノーセさんは、一部の西洋の白人たちの基準では美しいと評価される人だとは思いますが、かなりのベテランの人ではないでしょうか。画面からは、僕には、そう読み取れます。

 テレビカメラのアップ、ハイビジョンは、ヒロインたちの表情をあますところなく表現し、実年齢より若いヒロイン役をつとめようとするベテランたちを駆逐しつつあるのではないでしょうか。

|

« 四国、よいとこ 2174 高知市 「似非」って何て読むの?? | トップページ | 四国、よいとこ 2176 高知市 空中浮揚ができる六十歳。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/14990956

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 2175 高知市 NHK教育テレビの歌劇「シンデレラ」の何か変。:

« 四国、よいとこ 2174 高知市 「似非」って何て読むの?? | トップページ | 四国、よいとこ 2176 高知市 空中浮揚ができる六十歳。 »