« 四国、よいとこ 2206 愛媛県伊方町 「大東亜戦争九軍神慰霊碑」の「九軍神」とは。 | トップページ | 四国、よいとこ 2208 歌人の与謝野晶子さんの昭和天皇の太平洋戦争開戦に感涙した短歌。 »

2007.05.21

四国、よいとこ 2207 愛媛県伊方町 佐多岬の灯台のまわり。あの時までは一般の人が入り込めなかった所だといいます。

200705020_2_081

200705020_2_124


 二〇〇七年五月二十日。

 三人組(六十歳、五十一歳、二十歳の男性)は、さらに愛媛県伊方町の佐多岬の灯台に向かいました。
 灯台周辺では、男性三人組は変な感じでした。
 ここでは、若いカップルたちが散策を楽しんでいました。

 灯台(写真)。いいでしょう。
 海からの風で木が曲がっています(写真)。すごい。

 しかし、ここは、太平洋戦争終戦までは一般の人が入り込める場所ではなかったといいます。
 なぜ。
 どんな所だったのか。

 これは、また紹介します。

|

« 四国、よいとこ 2206 愛媛県伊方町 「大東亜戦争九軍神慰霊碑」の「九軍神」とは。 | トップページ | 四国、よいとこ 2208 歌人の与謝野晶子さんの昭和天皇の太平洋戦争開戦に感涙した短歌。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/15156797

この記事へのトラックバック一覧です: 四国、よいとこ 2207 愛媛県伊方町 佐多岬の灯台のまわり。あの時までは一般の人が入り込めなかった所だといいます。:

« 四国、よいとこ 2206 愛媛県伊方町 「大東亜戦争九軍神慰霊碑」の「九軍神」とは。 | トップページ | 四国、よいとこ 2208 歌人の与謝野晶子さんの昭和天皇の太平洋戦争開戦に感涙した短歌。 »