« 高知市大津 「四カ月 三千五千 配り終え…」。 | トップページ | 高知市大津 「燃えつきる 恋情(れんじょう)知らず あの世いき…」。 »

2007.07.28

「青空が 落ちてこようが この愛は」。「愛の賛歌」のすごさ。

20070429_1_061_2


 二〇〇七年七月二十七日。

 青空が 落ちてこようが この愛は
 「愛の賛歌」の
 パワーにほれた

 七月になってショックだったのは「愛の賛歌」の「正しい」訳を知ったことです。
 す、すごい歌詞をつくり、すごいことを歌っていたんだ!!!

 

 【参考】

 エディット・ピアフさん

 フランスのシャンソン歌手。


 1915年12月19日、エディット・ジョヴァンナ・ガションとしてパリの貧しい地区・ベルヴィルに生まれました。
 エディットという名はドイツ軍に処刑されたイギリス人看護婦イーディス・キャヴェルにちなんでいます。
 キャベルが処刑されたのはこの年の10月でパリでも大きな話題となっていました。
 母親のアンネッテ・ジョヴァンナ・メラール(1898-1945)はイタリア系で、出産当時、17歳でした。
 彼女はリヴォルノの出身でリーヌ・マルサの芸名のもとカフェのシンガーとして働いていました。
 エディットのミドルネーム「ジョヴァンナ」は母親からのものでしいた。
 父親のルイス=アルフォンス・ガション(1881-1944)は、過去に劇場で演技をしたこともある大道芸人でした。
 幼いエディットはまもなく母方の祖母の元に短期間預けられます。
 ほどなく、父親はエディットを、ノルマンディーで売春宿を営んでいたみずからの母親の元に連れていきました。
 その後、彼は1916年にフランス軍に入隊します。
 3歳から7歳にかけて彼女は目が見えませんでした。
 1929年になるとエディットは大道芸をする父と行動を共にします。
 その後、1930年には父に反発してグラン・オテル・ドゥ・クレルモンに一室を取り、父と別れてパリ郊外でのストリート・シンガーとしての道を歩むようになります。
 16歳で御用聞きの少年、ルイ・デュポンと恋に落ちまもなく子どもを産みました。
 女の赤ん坊はマルセルと命名されましたが、2年後に小児性髄膜炎で死にました。
 1935年、ナイトクラブのオーナー、ルイ・ルプレーに見出され、彼の店で歌を歌うようになります。
 エディットの身長は142cmでした。
 ルイは彼女に、後の芸名となる「小さなスズメ」(La Môme Piaf)の愛称を与えました。
 彼女の最初のレコードはこの年に録音されました。
 ほどなくルイは殺害され、ピアフはその共犯者であると告発されますが、無罪とされました。
 1940年、ジャン・コクトーが彼女のために脚本『Le Bel Indifférent』を執筆します。
 代表曲「ばら色の人生」は、第二次世界大戦のドイツ占領下に書かれました。
 この時期、彼女は大変な成功を収め、大きな人気を得ます。
 ワン・ツークラブでドイツ軍高官のために歌を歌うことでピアフはフランス兵捕虜との写真をとる権利を得ます。
 それは表面的には士気を高めるためのものとしておこなわましたが、捕虜たちは彼女と共に撮った写真からみずからの写った部分を切り取って、脱走計画に使用する偽造文書に貼り付けました。 戦後、彼女は、ヨーロッパとアメリカ合衆国、南アメリカで公演旅行をしました。
 ピアフの生涯の大恋愛はボクサーのマルセル・セルダンとのものです。
 セルダンは1949年に飛行機事故死します。
 1951年に彼女は自動車事故に遭い、その後、深刻なモルヒネ中毒に苦しみました。
 彼女は2度結婚していて、最初の夫は歌手のジャック・パルでした。
 2人は1952年に結婚し、1956年に離婚しました。
 2人目の夫はヘアドレッサーから歌手、俳優へ転身したテオファニス・ランボウカスでした。
 サラポはピアフよりも20歳も若かったのですが、ピアフの大ファンであったことことから交際するようになり、2人は1962年に結婚しました。
 1963年、最後の曲「ベルリンの男 」をレコーディングしています。
 47歳になってまもなくの1963年10月10日、リヴィエラでガンで死去します。
 サラポはピアフの死後、彼女の残した多額の借金を独力ですべて返済しました。


  【お誘い】

  日常のドキュメント・「田辺島発」にも、どうぞ。
 http://fujihara.cocolog-nifty.com/tabesima/


 【追記】

 二十八日、彼女のCDを買いました。

|

« 高知市大津 「四カ月 三千五千 配り終え…」。 | トップページ | 高知市大津 「燃えつきる 恋情(れんじょう)知らず あの世いき…」。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/15928027

この記事へのトラックバック一覧です: 「青空が 落ちてこようが この愛は」。「愛の賛歌」のすごさ。 :

« 高知市大津 「四カ月 三千五千 配り終え…」。 | トップページ | 高知市大津 「燃えつきる 恋情(れんじょう)知らず あの世いき…」。 »