« 高知市大津 ヤマモモの楽しみ。 | トップページ | 高知市 「『そうしよう』 決めてしまえば それなりに…」。 »

2007.11.09

二〇〇七年十一月の僕たち

 二〇〇七年十一月九日。

「世を変える」 手を携えて歩みきた 十八歳が六十になる

きな臭い大連合の危機はらみ 日本共産党(とう)の必要 照らすこの国

走り抜け 前にのめって倒れ込む 六十年の僕の生き方

手術跡少しコリコリしてるけど 「もう大丈夫」 ページをめくる

図書館で あれやこれやと調べぬき 二ページ分の収穫を得る

「知りたい」に突き上げられて次々と本積み上げるテーブルにいる

先輩の特攻体験聞いている 語り継ぎたい 二十歳たちにも

もうすぐね すてきな壁画できるんだ 平和を奏でる子どもの図だよ

同じ時 同じ世界に 生まれきて 思いを交わす君がいること

「この思い分かち合いたい」 打ち込んで ブログに放つ 一瞬が好き


 【お誘い】

 以下のブログへも、ぞうぞ。

 ● 田辺島(たべしま)発
 http://fujihara.cocolog-nifty.com/tabesima/

|

« 高知市大津 ヤマモモの楽しみ。 | トップページ | 高知市 「『そうしよう』 決めてしまえば それなりに…」。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/17027121

この記事へのトラックバック一覧です: 二〇〇七年十一月の僕たち:

« 高知市大津 ヤマモモの楽しみ。 | トップページ | 高知市 「『そうしよう』 決めてしまえば それなりに…」。 »