« 高知市大津 「十二時間 座り続けて 本仕上げ……」。 | トップページ | 高知県 「濡れ紙が 助けてくれて す、す、すーっと……」。掛け軸の裏打ち。 »

2008.02.22

高知市 一日は短すぎます。やれることが少なすぎます。

 二〇〇八年二月二十二日。

 零時まで あと半時間
 ベッドで読む本
 思案している

 朝食は、自宅で、ひものの焼いたのと漬け物で。
 洗濯。
 風呂。

 昼食は、喫茶店の日替わり定食のトンカツ。

 いま妻と一緒に書いている『父は水中の特攻隊員だった』のゲラを四人に郵送、宅配。

 そして、短歌雑誌の校正に。
 本日は女性四人、男性二人というメンバー。みな、ていねいな校正ぶりで勉強になります。
 一時から五時まで。

 スーパーで、回転ずしを食べ、バッグ、下着、画材、そして、アジ六匹などを購入。
 安いアジでした。二日分くらいは、おかずがありそうです。

 帰ったら「しんぶん赤旗」編集局からの手紙が届いていました。二月十九日の短歌欄に載った作品の「薄謝」が入っていました。うれしーーーっ。

 家に帰って掛け軸づくりの練習。
 歌集の再校を完了。

 もう午前零時になります。
 うわーっ、明日は早起きしなくては……。

|

« 高知市大津 「十二時間 座り続けて 本仕上げ……」。 | トップページ | 高知県 「濡れ紙が 助けてくれて す、す、すーっと……」。掛け軸の裏打ち。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/40224788

この記事へのトラックバック一覧です: 高知市 一日は短すぎます。やれることが少なすぎます。:

« 高知市大津 「十二時間 座り続けて 本仕上げ……」。 | トップページ | 高知県 「濡れ紙が 助けてくれて す、す、すーっと……」。掛け軸の裏打ち。 »