« 高知市 彫塑(ちょうそ)の頭像(とうぞう)コースが始まりました。 | トップページ | 高知市大津 「十二時間 座り続けて 本仕上げ……」。 »

2008.02.19

新しい歌集『この星に 同じ時代に やってきて 藤原義一 歌集』の「あとがき」。

 二〇〇八年二月十九日。


新しい歌集『この星に 同じ時代に やってきて 藤原義一 歌集』の「あとがき」。


 『この星に 同じ時代に やってきて 藤原義一 歌集』を読んでいただいてありがとうございました。
 
 毎日が 平日になる 退職後

 いま、こんな感じの日々です。

 こんな目標を持って、ことをやっています。

 【「きれいで、安くて、おいしい料理」をつくれる人に】

 ○ まずは材料づくり。家の菜園や室内で野菜をつくっています。昨年来のことですが、いままでに成功したのはジャガイモのみ。いまカイワレやダイコンが進行中。
 ○ とにかく材料の良さ。新鮮で、おいしくて、安い材料の入手について「研究」しています。
 ○ ぬか漬けを、いくつかつくっています。けっこうおいしい。
 ○ いまのところ、見栄えはともかく「おいしければいい主義」です。この夏ころには東京都の妻・尋子[ひろこ]も高知市の、わが家にやってくると思いますので、彼女が気に入るような見栄えもいい料理をどうつくるかが課題です。 

 【「戦時下の日本」の研究。これがメーンテーマです】

 ○ 妻と共同で『父は水中の特攻隊員でした』を執筆しています。ブログには、二月にアップしてあります。これを改善して、三月中には原稿を印刷所に渡すつもりでいます。
 ○ あの反戦詩の与謝野晶子さんが、なぜ、「侵略戦争万歳」の短歌を詠むようになったのか。一応、スケッチをブログでは発表しましたが、再度、綿密な検討をしてみようと思っています。
 ○ 高知県四万十町宮内にあった海軍航空隊の丸太敷き飛行場の研究。一九四五年春から農民から田んぼを奪ってつくった飛行場、民家を接収してつくった兵舎で何があったのか……。
 ○ 高知市御畳瀬[みませ]の海軍の「震洋[しんよう](爆弾を積んだベニヤ板のボート)」の特別攻撃基地の実際。民家を接収した兵舎で何があったのか、いま海辺に残る横穴の壕[ごう]では何があったのか……。
 ○ 高知市の浦戸海軍航空隊での陸戦特別攻撃訓練の実際。浜でアメリカの上陸用舟艇を爆弾を抱えて迎え撃つ訓練をしていたという証言がありますが……。
 ○ 高知県下の各中学校、高等女学校、高等学校、師範学校などで生徒が、どう勤労動員さたのか。海軍の飛行場づくり、風船爆弾や飛行機などの兵器づくり、軍事品生産、軍用の壕[ごう]づくりなどの実際。

 【発表できる写真を撮りたいと思っています】

 ○ 高知県香美市の歌碑、句碑群の、写真撮影。これは、一月に完了。この写真を載せた本が出る予定です。
 ○ 韓国済州島での「本土決戦」のための戦争遺跡の写真撮影。これは三月中に行く予定です。
 ○ 韓国牛島の海女たちの群像の写真撮影。これもセットで行く予定です。

 【短歌をしっかりしたものに。川柳にも挑戦中】

 短歌を、もう少ししっかりしたものにしたいと思っています。
 自分でも作品は幼稚だと思っています。一首ですっくと立って、胸に響くものを詠みたい読みたい切望しています。
 川柳にも挑戦中です。僕は本来、ユーモアの人です。

 【「他人を楽しませるもの」を生み出せる人間になりたいのです】

 ○ 表装に挑戦中。二月から教室に月二回いっています。いまは掛け軸を勉強しています。
 ○ 二月十九日から彫塑[ちょうそ]の講座にいっています。頭像[とうぞう]コースです。誰が粘土に向かって頭像をつくる僕を想像したでしょうか。僕も、想像していませんでしたが……。

 【高知県立高知短期大学に入学します】

 ○ 四月からは高知県立高知短期大学に通います。
 歴史、文学、コンピューター、韓国語、英語、生きていくための「実学」を学びたいと思っています。
 だんだんパワーアップしていきたいと思っています。

 【世の中を前向きに変えることに貢献できる人に】

 ○ 日本共産党員の一人として、世の中を前向きに変える仕事をしていきたいと切望しています。
 ○ まずは勉強。世の中がどうなっているか、国民がどこで苦しんでいるか、それを解決する道筋は、そのために自分はどうするか。これをキチンと学んでいきたいと思います。
 ○ 地域の人々と仲良くなり、地域の人々の要求をよく聞き、その願いを実現するために挺身したいと思っています。
 ○ 得手にしたいのは演説。ハンドマイクを貸していただいています。今年になってから、ハンドマイクでの、つじ演説は数十回。キチンとした原稿をつくり、それをもとに、とつとつとでもいいのですが、思いを胸に届けることのできる演説をしたいと思う、きょう、このごろです。

 【こうした思いをブログで発信していきます】

 ○ いくつかのブログを持っています。
 いまのところ、アクセスは日に三桁。これを四桁に持ち込みたいというが当面の目標です。

 こんな暮らしの中から、また、新しい短歌、新しい歌集が生まれると思います。
 僕自身が楽しみです。
 たぶん、また、歌集の形で、お会いできると思います。
 また、お会いしましょう。

|

« 高知市 彫塑(ちょうそ)の頭像(とうぞう)コースが始まりました。 | トップページ | 高知市大津 「十二時間 座り続けて 本仕上げ……」。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/40188745

この記事へのトラックバック一覧です: 新しい歌集『この星に 同じ時代に やってきて 藤原義一 歌集』の「あとがき」。:

« 高知市 彫塑(ちょうそ)の頭像(とうぞう)コースが始まりました。 | トップページ | 高知市大津 「十二時間 座り続けて 本仕上げ……」。 »