« 米子市の岡村英治さん。ありがとうございました。 | トップページ | ブログ演説 後期高齢者医療制度をやめさせたい。 »

2008.04.18

僕のブログ演説  いま、政治に正義を貫きたい。イラク派兵。

 二〇〇八年四月十八日。

 みなさん。こんにちは。

 しばらく、お聞き取りください。

 十七日午後、名古屋高裁に「自衛隊イラク派兵差止訴訟」控訴審判決を聞きに行っていた高知市の原告のかたから電話をいただきました。
 「いま、すごい判決がでたわよ」。電話にワーッというどよめきや大きな拍手がはいっていました。
 判決は、「現在のイラクでは、国際的な武力紛争が行われている」とし、いまおこなわれている航空自衛隊の武装兵員空輸活動は「他国による武力行使と一体化した行動」といい、「武力行使を禁止したイラク特措法二条二項、活動地域を非戦闘地域に限定した同条三項に違反し、かつ憲法九条一項に違反する活動を含んでいることが認められる」としました。
 憲法第九条第一項は「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。」とさだめています。
 この正義が裁判の場で貫かれました。
 判決は、憲法前文に盛り込まれている平和的生存権は「憲法上の法的な権利と認められるべきだ」として、「九条に違反する戦争の遂行等への加担・協力を強制されるような場合には、裁判所に救済を求めることができる」としました。
 政府は「自衛隊のイラク派遣は人道的支援」いってきましたが、この言い分が真っ向から否定されました。私たちが、ずーっと日本共産党は、イラクが「戦闘地域」であり「自衛隊派兵は米軍の戦争支援にあたる」「イラク派兵は憲法九条に違反している」と主張し続けてきたことが認められました。
 政府は、いまもイラクに航空自衛隊を派兵しています。政府は、この判決にしたがって、いまこそ航空自衛隊を撤退すべきではないでしょうか。

|

« 米子市の岡村英治さん。ありがとうございました。 | トップページ | ブログ演説 後期高齢者医療制度をやめさせたい。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/40919011

この記事へのトラックバック一覧です: 僕のブログ演説  いま、政治に正義を貫きたい。イラク派兵。:

« 米子市の岡村英治さん。ありがとうございました。 | トップページ | ブログ演説 後期高齢者医療制度をやめさせたい。 »