« 高知市  「燃え上がる赤い情熱のような花」、グロリオサの球根を買い込んできました。 | トップページ | 高知市 太田紘志(おおた・ひろし)さんの「月曜随想 違憲判決導いた九条」。 »

2008.04.27

高知市 NHK教育テレビで韓国のチェジュドのことをやっています。

 二〇〇八年四月二十七日。

 夜、NHK教育テレビで韓国のチェジュドのことをやっています。

 日本の戦争の傷跡だらけの島です。
 そして、戦後も四・三事件の弾圧で血を流された島です。

 日本の支配下、島民の抵抗運動が発展しました。

 一九四五年十一月十日、アメリカ軍が、ここで軍政を始めました。

 これが新しい惨事の幕開けでした。

 アメリカ軍が供出を強要しました。

 それを批判する歌も生まれたといいます。

 権力に島民が殺される事件をきっかけに島全体がゼネラルストライキに入ります。

 中学生をふくめて反抗する運動が広がります。

 捕まって警察の拷問で殺された中学生も。

 「チョジュドは死んでいない。生きているのだ」

 反抗は広がり、武装蜂起になりました。

 竹やりや手おのが武器でした。

 停戦の動きの中、警察の謀略が起きました。

 四八年、アメリカの後押しのもと朝鮮の南部に大韓民国が成立しました。

 一カ月後、ソ連(当時は社会区主義を目指す国でなく、その理想を裏切る国家になっていました)の後押しのもと朝鮮の北部に朝鮮民主主義共和国ができます。

 武装隊は朝鮮民主主義共和国を支持して運動をしました。 

 この蜂起は、権力の弾圧を受けました。

 たとえば、村を焼きつくす作戦で……。

 そして、軍による機関銃での四百人の村民の虐殺。子どもも妊婦も、そのお腹の子どもも殺されました。

 捕まった女性は、すぐ処刑されました。

 一万人の島民が犠牲になりました。

 武装隊の司令官は、はりつけにされました。

 武装隊は「暴徒(ボクト)」とみなされました。

 殺りくは続きました。

 こうした弾圧のもと、たくさんの島民が日本に密航して逃げてきました。

 一九五〇年、朝鮮民主主義共和国は韓国に攻め込み朝鮮戦争を起こします。

 そうしたもと、大韓民国の政権は、「思想」を問題にしてチェジュドの島民を多数殺します。

 こうした弾圧をえがいた『火山島』という本があるといいます。

 読んでみたいと思いたいと思います。

|

« 高知市  「燃え上がる赤い情熱のような花」、グロリオサの球根を買い込んできました。 | トップページ | 高知市 太田紘志(おおた・ひろし)さんの「月曜随想 違憲判決導いた九条」。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/41013853

この記事へのトラックバック一覧です: 高知市 NHK教育テレビで韓国のチェジュドのことをやっています。:

« 高知市  「燃え上がる赤い情熱のような花」、グロリオサの球根を買い込んできました。 | トップページ | 高知市 太田紘志(おおた・ひろし)さんの「月曜随想 違憲判決導いた九条」。 »