« 「服部良一さんがつくった軍歌・軍国歌謡 その四」。「武人の妻」。 | トップページ | 「服部良一さんがつくった軍歌・軍国歌謡 その六」。「銃後の妻」。 »

2008.04.25

「服部良一さんがつくった軍歌・軍国歌謡 その五」。「兵隊さんを思ったら」。

 二〇〇八年四月二十五日。

 ● 「兵隊さんを思ったら」(野村俊夫作詞。服部良一作曲。渡辺はま子歌。一九四一年・コロムビア)。

 一、雪の日につけ 風につけ
     若(も)しやご苦労 なさらぬか
   まして吹雪の 募る夜に
   兵隊さんを 思ったら
   熱い感謝で 泣けました

 二、妻も我子も 父母も
   忠の一字と 取り替えて
   笑顔雄々しい 戦線の
   兵隊さんを 思ったら
   固く心が 締まります

 三、鳥も通わぬ 海原に
   馬も通わぬ 奥山に
   かざす正義の 日の御旗
   兵隊さんを 思ったら
   兵隊さんを 思ったら
   務忘れて なりましょか

 四、慰問袋は 軽いのに
   礼の手紙の この重さ
   たとえわずかな 品でさえ
   兵隊さんを 思ったら
   兵隊さんを 思ったら
   明日も送って あげましょう

|

« 「服部良一さんがつくった軍歌・軍国歌謡 その四」。「武人の妻」。 | トップページ | 「服部良一さんがつくった軍歌・軍国歌謡 その六」。「銃後の妻」。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/40987950

この記事へのトラックバック一覧です: 「服部良一さんがつくった軍歌・軍国歌謡 その五」。「兵隊さんを思ったら」。:

« 「服部良一さんがつくった軍歌・軍国歌謡 その四」。「武人の妻」。 | トップページ | 「服部良一さんがつくった軍歌・軍国歌謡 その六」。「銃後の妻」。 »