« 「服部良一さんがつくった軍歌・軍国歌謡 その三」。「凱旋前夜」。 | トップページ | 「服部良一さんがつくった軍歌・軍国歌謡 その五」。「兵隊さんを思ったら」。 »

2008.04.25

「服部良一さんがつくった軍歌・軍国歌謡 その四」。「武人の妻」。

 二〇〇八年四月二十四日。

 ● 「武人の妻」(高瀬千鶴子作詞。服部良一作曲。渡辺はま子歌。一九三八年七月・コロムビア)。

 一、どうせ一度は 死ぬ身ゆえ
   待ちし召集 受けたるは
   わが身の幸(さち)と 喜びて
   心置きなく 潔(いさぎ)よく
   元気で往って 下さいね

 二、国に捧げた 身じゃものを
   今更私が 泣きはせぬ
   笑ってあなたを 送ります
   私を忘れて 朗らかに
   戦地へ往って 下さいね

 三、あとは心配 しなくても
   二人の子供は この私
   立派に育てて まいります
   心の残さず 国の為
   手柄をたてて 下さいね

 四、どうせ散るなら 美しく
   花と散るよに 祈ります
   なんで私は 泣きましょう
   嬉しくあなたを 迎えます
   生命(いのち)惜しまで 下さいね

|

« 「服部良一さんがつくった軍歌・軍国歌謡 その三」。「凱旋前夜」。 | トップページ | 「服部良一さんがつくった軍歌・軍国歌謡 その五」。「兵隊さんを思ったら」。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/40985578

この記事へのトラックバック一覧です: 「服部良一さんがつくった軍歌・軍国歌謡 その四」。「武人の妻」。:

« 「服部良一さんがつくった軍歌・軍国歌謡 その三」。「凱旋前夜」。 | トップページ | 「服部良一さんがつくった軍歌・軍国歌謡 その五」。「兵隊さんを思ったら」。 »