« 「服部良一さんがつくった軍歌・軍国歌謡 その二」。「沈黙の凱旋」。 | トップページ | 「服部良一さんがつくった軍歌・軍国歌謡 その四」。「武人の妻」。 »

2008.04.25

「服部良一さんがつくった軍歌・軍国歌謡 その三」。「凱旋前夜」。

 二〇〇八年四月二十四日。

 ● 「凱旋前夜」(中川紀元作詞。服部良一作曲。霧島昇歌。一九三八年六月・コロムビア)。

 一、ああ戦跡に 草萌えて
   氷も解ける クリークに
   解けぬ無量の この憾(うら)み
   明日凱旋の 胸の中
   
 二、思えば共に 励まして
   幾転戦の 昼も夜も
   われ後(おく)れじと 戦った
   ああその友は 今や亡し

 三、あの日あの時 猛然と
   火を吹くトーチカ 踏みにじり
   阿修羅(あしゅら)と荒れた 戦友の
   最後の雄叫び 血の叫び
 
 四、伜の戦死 本懐と
   お手紙ありし 父君の
   戦の庭に 児を送る
   日本の親の 御覚悟

 五、江南の空 黄昏れて
   愁いは更に 新しく
   思いぞ竟(つい)に 果しなし
   訣別(わかれ)の手向け いざさらば

 六、勇士の魂(みたま) この丘に
   守る墓標の 微(ほの)白く
   瞳に沁みて 夕闇の
   漂(ただよ)う中に 一人立つ

|

« 「服部良一さんがつくった軍歌・軍国歌謡 その二」。「沈黙の凱旋」。 | トップページ | 「服部良一さんがつくった軍歌・軍国歌謡 その四」。「武人の妻」。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/40985566

この記事へのトラックバック一覧です: 「服部良一さんがつくった軍歌・軍国歌謡 その三」。「凱旋前夜」。:

« 「服部良一さんがつくった軍歌・軍国歌謡 その二」。「沈黙の凱旋」。 | トップページ | 「服部良一さんがつくった軍歌・軍国歌謡 その四」。「武人の妻」。 »