« 高知県 初めての掛け軸が完成しました。 | トップページ | 高知市 昨年末に退職してから、いろんな「お役」をいただいています。 »

2008.05.25

「政治には優しさ必要だと思いませんか」。雨の中、後期高齢者医療制度をやめさせましようの訴え。

 二〇〇八年五月二十五日。

 雨の中、午後から、高知市大津を三人でまわりました。

 後期高齢者医療制度をやめさせましようの訴えのためです。

 昨日に続いての行動です。

  「きのうも、まわっていましたねえ」(女性)という声も。

 印象的だったのは「どうやっても、この悪い政治は変わらん」と話し合いを拒もうとした八十歳代の男性のことです。

 帰りがけのちょっとした声がけで一気に対話の花が咲きました。

 「戦後、シベリアに抑留されていた。その補償が、たったの十万円……」など、しっかり話し合うことができました。

 ● 政治には優しさ必要だと思いませんか。

 ● 年寄りを「やしべた」政治はいかんぜよ。

 を、キャッチフレーズに、また、回っていきたいと思っています。

|

« 高知県 初めての掛け軸が完成しました。 | トップページ | 高知市 昨年末に退職してから、いろんな「お役」をいただいています。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/41312194

この記事へのトラックバック一覧です: 「政治には優しさ必要だと思いませんか」。雨の中、後期高齢者医療制度をやめさせましようの訴え。:

« 高知県 初めての掛け軸が完成しました。 | トップページ | 高知市 昨年末に退職してから、いろんな「お役」をいただいています。 »