« 高知市 追加のパネルを二枚製作中です。 | トップページ | 高知市 「地域史」のリポート書いてる夢を見ました。 »

2008.06.28

高知県 「老人は卑屈にならず、胸を張って行こう」。作家・瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)さんのエール。

 二〇〇八年六月二十九日。

 高知新聞の本日の夕刊の「灯点(ひともし)」で作家・瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)さんが後期高齢者医療制度への批判を書いています。

 「命ある限り、私は仕事をしたいし、生きる情熱は失いたくない。
 (中略)
 老人は卑屈にならず、胸を張って行こう。そして理不尽な制度に泣き寝入りしないで、スクラムを組んで闘おう。
 世界の歴史を眺めても、老人を大切にしない国はことごとく亡んでいる。」

 年寄りを 前期、後期と 振り分けて

 やしべるつもりか

 怒る一票

 「やしべる」は、いやしめるです。

|

« 高知市 追加のパネルを二枚製作中です。 | トップページ | 高知市 「地域史」のリポート書いてる夢を見ました。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/41674231

この記事へのトラックバック一覧です: 高知県 「老人は卑屈にならず、胸を張って行こう」。作家・瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)さんのエール。:

« 高知市 追加のパネルを二枚製作中です。 | トップページ | 高知市 「地域史」のリポート書いてる夢を見ました。 »