« ホゲーッ。地方税、夫婦で九十四万六千六百円。  | トップページ | 高知市大津 悲しませてしまった数多くの人たちへ。 »

2008.06.13

高知市大津 妻が、僕の「彼女」の頭にオートバイのヘルメットをかぶせている件について。

 二〇〇八年六月十三日。

 コメントを寄せていただいているみなさん、茨城から、愛知から、大阪から、○○から、ありがとうございます。
 「つながっている」こと、本当にうれしい。

 ところで、ついに、たまりかねて今夜、午前零時近くに、妻に話をしました。妻が、僕がつくった彫塑(若い女性の頭像)を、玄関にどんとおいて、「彼女」の頭にオートバイのヘルメットをかぶせている件についてです。

 「あれは、できはどうかは知らないけれど僕が一生懸命つくった芸術作品なんだ。あれにヘルメットをかぶせるのはやめてほしい」
 「だって、あれは、ヘルメットをかぶせるに、ちょうどいいじゃない」
 妻は、相手にしません。

 「世界観」が、かなり違うようです。いわゆる「性格の不一致」です。

 昔の僕だったら「てゃんでー」と、一喝して、自分でヘルメットをとった上で、妻と「大立ち回り」をやったと思いますが、このごろは、かなり気が長くなっています。
 彼女が、いつ、僕の作品にたいするぶじょくを止めるか、静かに(内心、怒りに震えながら)待つことにしましょう。

|

« ホゲーッ。地方税、夫婦で九十四万六千六百円。  | トップページ | 高知市大津 悲しませてしまった数多くの人たちへ。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

芸術家の繊細な心は、世の女どもにはなかなかわかってもらえないのではないでしょうか。

投稿: 和田英作 | 2008.06.13 06:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/41514969

この記事へのトラックバック一覧です: 高知市大津 妻が、僕の「彼女」の頭にオートバイのヘルメットをかぶせている件について。:

« ホゲーッ。地方税、夫婦で九十四万六千六百円。  | トップページ | 高知市大津 悲しませてしまった数多くの人たちへ。 »