« 高知市大津 僕たちは「筆記用具収集家」でしょうか。 | トップページ | 高知市大津 風にそよぐ田んぼの緑。 »

2008.06.17

高知市大津 「ウエストミンスター」のチャイム。

 二〇〇八年六月十六日。

 妻が定年の記念に、掛時計をもらいました。
 いやぁーっ、チャイムが素敵です。
 「ウエストミンスター」だということです。
 「豪華な音」です。
 聞きながら、時間が過ぎ去ることの貴重さといったものを考える、きょうこのごろです。

 ウェストミンスター寺院

 フリー百科事典『ウィキペディア』から。

 ウェストミンスター寺院ウェストミンスター寺院 (Westminster Abbey) は、イギリスのロンドンウエストミンスターにあるイギリス国教会の教会。聖ペテロ修道教会。戴冠式などの王室行事が執り行われ、内部の壁と床には歴代の王や女王、政治家などが多数埋葬されている。墓地としては既に満杯状態で、新たに埋葬するスペースはもはやなくなっている。国会議事堂(ウェストミンスター宮殿)が隣接している。
 イギリス中世の大規模なゴシック建築である。11世紀にエドワード懺悔王が建設し、1066年以降、英国国王の戴冠式が行われている。1245年、ヘンリー3世が再建を決め、フランスの建築家を招き、フランスのゴシック建築にならって現在の寺院を建て始めた。14世紀末までにおおよそ完成するが、正面部分は16世紀初め、塔は17世紀、と長期間にわたって建設されている。
 多くの学校や職場で使用されている始業、終業のチャイムの音階は、同寺院のために1927年に作曲された「ウェストミンスターの鐘」が元となっている。

|

« 高知市大津 僕たちは「筆記用具収集家」でしょうか。 | トップページ | 高知市大津 風にそよぐ田んぼの緑。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/41560422

この記事へのトラックバック一覧です: 高知市大津 「ウエストミンスター」のチャイム。:

« 高知市大津 僕たちは「筆記用具収集家」でしょうか。 | トップページ | 高知市大津 風にそよぐ田んぼの緑。 »