« 愛媛県松山市の文学を語るつどいに参加してきました。 | トップページ | ある新聞の朝刊に僕の、高知県立高知短期大学を存続させての投書が載りました。 »

2008.07.23

高知市大津 やってきた娘七歳、四歳の孫娘。

 二〇〇八年七月二十二日。

 本日午後四時半ころ、高知市に到着したようです。
 娘と、その二人の娘です。
 

   夜の授業が終わってから対面しました。
 七歳の女の子は、「自分」を発散して生きている「活発系」娘です。
 四歳の女の子は、長い髪で、先輩から「大好き。今度、うちに遊びにきてよ」という手紙をもらうほどの「かわいい娘」タイプです。

 わが娘 娘の娘ら やってきて
 超幸(ちょうしあわ)せの
 日々が始まる

 次々に いい友だちが 転校で
 七歳の子は
 友探してる

 四歳の 孫娘さん
 ひらがなを 自由に書いてる
 進化のすごさ 

 父親が ファンだという Perfume(パフューム)を
 歌って、踊る
 七歳、四歳

 「あと一分 私が生まれた 時間だよ」
 みなみな起こす
 七歳の声

 八歳に
 「ぼちぼち、がんばれ」 声かけて
 ベッドに送る
 

 Perfumeは、二十歳代のような女性三人のグループです。

|

« 愛媛県松山市の文学を語るつどいに参加してきました。 | トップページ | ある新聞の朝刊に僕の、高知県立高知短期大学を存続させての投書が載りました。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/41944111

この記事へのトラックバック一覧です: 高知市大津 やってきた娘七歳、四歳の孫娘。:

« 愛媛県松山市の文学を語るつどいに参加してきました。 | トップページ | ある新聞の朝刊に僕の、高知県立高知短期大学を存続させての投書が載りました。 »