« 高知県 僕が愛している「しんぶん赤旗」に、僕のコメントが登場しました。生まれて初めての快挙です。 | トップページ | 高知県 「日本で最初の女性参政権の実現と楠瀬喜多の役割」。第二稿。 »

2008.07.14

高知市 田舎の日本共産党支部も、けっこう、がんばっているよ。大津・高須支部の場合は……。 

 田舎の日本共産党支部も、けっこう、がんばっているますよ。高知市の大津・高須支部の場合は……。 

 ◎ 「演説会参加を」食品団地で宣伝/高知市大津・高須支部

 高知市の大津・高須支部の藤原義一さんは1月25日、2月24日に開かれる市田忠義書記局長、笹岡優(まさる)衆院比例四国ブロック、春名なおあき衆院高知1区両候補による日本共産党演説会の参加を呼びかけるハンドマイク宣伝をしました。
 午前中は食品団地など4カ所、自転車にハンドマイクを載せ、100㍍置きに止まって宣伝しました。
 「いまの政治はこれでいいのか。良くなければ、どうすれば良くなるのか。そのことをお話しする演説会に、ぜひおいでください」。お年寄りが家から出て聞いてくれました。
 午後は13カ所で宣伝。このときもお年寄りが家から出てきて聞いてくれ、別れ際に「ありがとう」というと、手を振ってあいさつしてくれました。

( 2月05日  別刷2面)

 ◎ 草の根パワー/全戸訪ねて声聞く/工場の騒音や悪臭が/作業所の利用料高い/高知市大津・高須支部

 「支持拡大目標は前回総選挙の四倍です」。党支部長の小松孝明さん(58)は気負うことなく話します。二年前までは、支部の受け持ち地域のビラ配布も部分的にしかできませんでした。支部の活動を変えたのは、「全戸を訪問して対話し、要求を取り上げる」活動です。
 大津・高須支部の活動地域は、高知市東部で、住宅・商業地と農村が混在する有権者一万八千人です。
 三月二十九日午前。「こんにちは、日本共産党です。政策のお訴えにきました」、ハンドマイクで、谷崎治之高知地区常任委員と支部の藤原義一さん(61)が呼びかけます。小松支部長と春名なおあき衆院高知1区候補が、各戸を訪ねます。「しんぶん赤旗」日曜版の見本紙を渡し、「後期高齢者医療制度中止」の署名を訴えます。この日の行動で、二人に日曜版を読んでもらうことになりました。
 支部の人たちは、春名候補や米田稔県議、細木良高知市議が行動できる日に、ハンドマイク宣伝と全戸を訪問する活動をしています。
 全戸訪問を始めるきっかけは、支部会議で、「四国ブロックで勝利するには、『赤旗』の見本紙をもって全戸を訪問しよう」との意見が出されたことでした。
 「息子が作業所に通っているが、利用料が高くなった」と涙ながらに話す女性がいました。
 「共産党は影が薄い」という婦人に、「後援会に入って応援してください」と勧め、後援会員になってもらいました。
 地域を回ると「路面電車の軌道が低く、車のタイヤが取られ危険」「近くの工場の騒音や悪臭で困っている」などの要求が寄せられます。
 電車の軌道に夜間に光るびょうが設置されました。支部の人たちと米田県議、細木市議らの、解決への努力が実ったものです。
 支部は、前回の総選挙の支持拡大数が五百、昨年のいっせい選挙が千三百で、今回二千の得票を目指しています。いっせい選挙後に日曜版読者を六十五人増やしています。
 新しく後援会に加入した人たちとの親睦(しんぼく)を深める、花見の会を五日に開きます。

(04月05日 中四国版)

 ◎ 老人に〝思いやり予算を〟/後期高齢者医療制度でつどい/高知市大津・高須支部

 「老人にたいしても〝思いやり予算を〟」(女性)。高知市の大津・高須支部が5日夜開いた「後期高齢者医療制度から暮らしと政治を考えるつどい」での参加者の発言です。
 話し手は春名なおあき衆院高知1区候補、米田稔県議、細木良市議。10人が参加しました。
 春名候補が「(国民の)将来の見通しを明るくするのが政治の役割でしょう」と問いかけると、参加者の女性は「そうそう」。春名候補は手作りのパネルを示しながら、お年寄りを差別する後期高齢者医療制度の内容と悪政をただす方向を語りました。
 参加者からは生きのいい発言が続々。
 「私は年金がないし、子がおらん。ひとりぼっちで不安です。頼りにしているのは共産党と、店に来てくれるお客さん」(女性)。「テレビの政党討論会を毎回見ているが、自民党のやり方はまったくひどい。いまの政治をひっくりかえしましょう」(男性)。「この話、みんなに聞かせてあげたい。こんな機会をもっと増やしたらいいのに」(女性)
 この「つどい」成功のために同支部は春名候補、米田県議、細木市議と行動。ハンドマイク宣伝、各戸での対話、案内ビラの配布をする中で92人と対話。うち28人が党後援会に入り、6人が「しんぶん赤旗」日曜版を購読しました。
 同支部は1月以来、同様の小集会を4回開いています。
 (藤原義一通信員)

(07月08日  別刷1面)

|

« 高知県 僕が愛している「しんぶん赤旗」に、僕のコメントが登場しました。生まれて初めての快挙です。 | トップページ | 高知県 「日本で最初の女性参政権の実現と楠瀬喜多の役割」。第二稿。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/41830026

この記事へのトラックバック一覧です: 高知市 田舎の日本共産党支部も、けっこう、がんばっているよ。大津・高須支部の場合は……。 :

« 高知県 僕が愛している「しんぶん赤旗」に、僕のコメントが登場しました。生まれて初めての快挙です。 | トップページ | 高知県 「日本で最初の女性参政権の実現と楠瀬喜多の役割」。第二稿。 »