« 【愛知県で その三】 半田市の中島飛行機衣糧倉庫跡の北側の外壁には、アメリカ軍機の機銃掃射の弾痕が生々しく残っています。 | トップページ | 【愛知県で その五】 九十二体の軍人像。「童顔の 兵の像あり ああ、君は 死ぬ時なんと 叫んだろうか」。 »

2008.08.12

【愛知県で その四】 『ごん狐』の新美南吉(にいみ・なんきち)に『ひろった らっぱ』という平和を願う作品があるそうです。

 二〇〇八年八月十一日。

 その四。
 半田市出身の新美南吉(にいみ・なんきち。1913年7月30日~1943年3月22日。満29歳没)に『ひろった らっぱ』という平和を願う思いを込めた作品があるそうです。
 新美は、『ごん狐』(1932年)などの作者です。

|

« 【愛知県で その三】 半田市の中島飛行機衣糧倉庫跡の北側の外壁には、アメリカ軍機の機銃掃射の弾痕が生々しく残っています。 | トップページ | 【愛知県で その五】 九十二体の軍人像。「童顔の 兵の像あり ああ、君は 死ぬ時なんと 叫んだろうか」。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

「ひろったらっぱ」に関して、なかなか良いブログを見つけました。短歌もあります。
http://blog.goo.ne.jp/nazohige/e/8a11d6cef28855ad4e81375defa5eb8f

投稿: mwake | 2008.08.13 16:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/42149362

この記事へのトラックバック一覧です: 【愛知県で その四】 『ごん狐』の新美南吉(にいみ・なんきち)に『ひろった らっぱ』という平和を願う作品があるそうです。:

« 【愛知県で その三】 半田市の中島飛行機衣糧倉庫跡の北側の外壁には、アメリカ軍機の機銃掃射の弾痕が生々しく残っています。 | トップページ | 【愛知県で その五】 九十二体の軍人像。「童顔の 兵の像あり ああ、君は 死ぬ時なんと 叫んだろうか」。 »