« 高知市 「これから毎日、僕が新聞を切り抜くから、あんたがA4の用紙にはっちょいてくれるかよ」。 | トップページ | 高知県 「学ぶとは、こういうことだったのか」。「高知短期大学存続を求める学生の会」のホームページの投書を読んで。 »

2008.08.07

高知市 爆睡していて夜の会議に遅刻。なんたることか……。

二〇〇八年八月六日。

 また、やってしまいました。

 午前、作業。電話したり、パソコンで文書をつくってホームページにアップしたり……。

 そのうち、すぐ近くで某党の県、市議が街頭演説をしていたので、写真を撮って記事にしました。


 午後、義父、妻と野市へ。

 妻は、そのまま義父と市役所などへ。

 僕は、家に帰って寝ころんで明治天皇の数人の側室がどうのこうのという本を読んでいました。そしたら、、つい、ムムムムムム……。

 夜七時半ころ電話。
 「なにしゆうが。七時からはじまっちゅうに」
 日程表を見ると、確かに、そうなっています。
 八時ころに到着。

 なんとも様にならない六十一歳でした。

|

« 高知市 「これから毎日、僕が新聞を切り抜くから、あんたがA4の用紙にはっちょいてくれるかよ」。 | トップページ | 高知県 「学ぶとは、こういうことだったのか」。「高知短期大学存続を求める学生の会」のホームページの投書を読んで。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/42091894

この記事へのトラックバック一覧です: 高知市 爆睡していて夜の会議に遅刻。なんたることか……。:

« 高知市 「これから毎日、僕が新聞を切り抜くから、あんたがA4の用紙にはっちょいてくれるかよ」。 | トップページ | 高知県 「学ぶとは、こういうことだったのか」。「高知短期大学存続を求める学生の会」のホームページの投書を読んで。 »