« 高知市 文学同人誌の入力、編集実務を担当することになりました。 | トップページ | 「大東亜戦争」の時代 高知県の二十二人に話を聞きました その一 »

2008.08.19

高知市 いま韓国行きの「追い込み」です。

 二〇〇八年八月十九日。

 いま韓国行きの「追い込み」です。
 高知短期大学の国際交流です。

 とにかく、「みなさんの前で、あいさつぐらいは、できなくては」ということで、あいさつ文をつくりました。

 内容は、つぎのとおりです。

 はじめまして。
 お会いできてうれしいです。
 藤原義一です。
 高知短期大学一年生です。
 四七年二月二十三日生まれです。
 高知の平和団体の研究員です。
 この国のトンマッコルを愛しています。
 (トンマッコルは、韓国映画「トンマッコルへようこそ」に出てくる架空の「あらそいを知らない、子どものように純朴な村」の名前です)
 日本の天皇の侵略戦争が、この国に与えた被害について、リアルに知りたいと思っています。
 ぜひ、事実を教えてください。
 よろしく、お願いいたします。
 
 これを、韓国語プラス英語でしゃべることにしています。
 どうしても韓国語でうまく発音できそうもない所が英語になりました。

 このあいさつ文、韓国語の先生、韓国に留学している学生、大学時代の後輩の英語の専門家に教えてもらって、やっとつくりました。
 いま、辞書を引いて発音の練習をしています。

 本日の夜中に高知市から夜行バスで大阪へ。そして、プサンへという予定です。
 僕と入れ替わりにカンボジア、ベトナムを旅行していた弟が帰国し、東京都の息子と、その「つれあい」が高知市にやってくることになっています。

|

« 高知市 文学同人誌の入力、編集実務を担当することになりました。 | トップページ | 「大東亜戦争」の時代 高知県の二十二人に話を聞きました その一 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/42211867

この記事へのトラックバック一覧です: 高知市 いま韓国行きの「追い込み」です。:

« 高知市 文学同人誌の入力、編集実務を担当することになりました。 | トップページ | 「大東亜戦争」の時代 高知県の二十二人に話を聞きました その一 »