« 高知市 庭を見たらマンジュシャゲが一つ咲いていました。 | トップページ | 高知市 大学って何のためにあるのか、学問って何なのか。 »

2008.08.25

広告 この夏、僕は「自分の本を普及する」を仕事にしながら学んでいく決意をしました。高知短期大学一年生の藤原義一です。

 こんな本を出しています。

 ご購読いただければ幸いです。

 『永国寺町の夜の教室から』。

 高知短期大学に入学した二〇〇八年四月から八月までの随筆、小論文をおさめています。二〇〇八年八月発行。高知人書店。百二十八ページ。二百円。

 『この星に同じ時代にやってきて 藤原義一歌集』。

 二〇〇八年四月発行。西村謄写堂。百三十一ページ。五百円。

 『あなたに贈る短歌の花束』。

 リポート「ムクゲの花を圧迫した人たち」も収録。二〇〇四年六月発行。さがらブックス。三百五十ページ。千円。

 『歌集 今日もサワッディー』。

 リポート「手塚治虫さんの戦争反対の情熱」も収録。二〇〇三年五月発行。さがらブックス。三百四十九ページ。千円。

 『歌集 春への季節』。

 高知県立高知追手前高校を舞台にした小説「囚人バッジは、いらないよ」も収録。二〇〇二年一月発行。さがらブックス。二百八十三ページ。千円。

 『歌集 長野からの風』。

 

 二〇〇〇年十月発行。ユニオンプレス。三百四十九ページ。千円。

 『歌集 空は、ひゅうひゅうの青。』。

 一九九九年四月発行。さがらブックス。百七十五ページ。千円。

 『歌集 妻への手紙』。

 小論文「宮本百合子の短歌」も収録。一九九八年一月発行。さがらブックス。二百三ページ。二千五百円。 

 ご注文は以下の所へ。

 メール    bqv01222@nifty.com

 ファクス  088(803)8878

|

« 高知市 庭を見たらマンジュシャゲが一つ咲いていました。 | トップページ | 高知市 大学って何のためにあるのか、学問って何なのか。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/42270107

この記事へのトラックバック一覧です: 広告 この夏、僕は「自分の本を普及する」を仕事にしながら学んでいく決意をしました。高知短期大学一年生の藤原義一です。:

« 高知市 庭を見たらマンジュシャゲが一つ咲いていました。 | トップページ | 高知市 大学って何のためにあるのか、学問って何なのか。 »