« 高知市大津 今夜から自宅で文学雑誌の編集作業を開始。 | トップページ | 高知市 新高ナシ、ワイン……。おいしい敬老の日。 »

2008.09.15

高知市  「『しらった』ゆうて土佐弁よねー」。妻の指摘。

 二〇〇八年九月十五日。

 「『しらった』ゆうて土佐弁よねー」

 午後、同じ集まりに出た妻が終わってから、こういいました。

 「『しらった』ゆうて、なんぜー」

 「あんたが、さっき発言したとき、ゆうたやか」

 「ゆうたかえ」

 「しらった」は、真っ白という意味の土佐弁。

 いい言葉です。

 しかし、「共通語」でしゃべったつもりですのでしたので……。

 思えば、高知を二十歳で出て、東京などで四十年暮らしましたが、どこへいっても土佐弁まじりの「共通語」で過ごしていたように思います。

 この夏、ある人が、こんなことを話してくれました。

 日本と大陸がつながっていた時代に、いろんな語系の人たちが日本に渡ってきて日本語を形成した。その後、大陸からきた人たちが関西に住みつき、日本語を吸収して「関西弁」を形成しました。土佐弁も、その「関西弁」の一部です。

|

« 高知市大津 今夜から自宅で文学雑誌の編集作業を開始。 | トップページ | 高知市 新高ナシ、ワイン……。おいしい敬老の日。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/42488024

この記事へのトラックバック一覧です: 高知市  「『しらった』ゆうて土佐弁よねー」。妻の指摘。:

« 高知市大津 今夜から自宅で文学雑誌の編集作業を開始。 | トップページ | 高知市 新高ナシ、ワイン……。おいしい敬老の日。 »