« 高知市大津 「あははは。ひざにおしっこ、されちゃった」。妻は、すっかり子ネコの「お母さん」 | トップページ | 高知市大津 なぜか、子ネコは隅っこが好き。 »

2008.09.12

千島返還に新たな障害をつくりだした鳩山内閣の二島返還論

   千島返還に新たな障害をつくりだした鳩山内閣の二島返還論

 千島列島は、日本の固有の領土です。しかし、第二次大戦前後からソ連(その後、ロシア)が、その千島を自分の領土にしています。これまでに、千島返還の運動が続いてきましたが、その運動のネックになってきたのが鳩山一郎内閣(一九五四年十二月十日~五五年三月十九日)が打ち出した「二島返還」という主張です。

 【千島列島とは】

 千島列島は、北海道の東、根室海峡からカムチャツカ半島の南、千島海峡までの間に連なる列島で、国後(くなしり)島、択捉(えとろふ)島、得撫(うるっぷ)島、占守(しゅむしゅ)島などの島々からなります。
 現在は、全島をロシアが実効支配しています。
 日本、ロシア間の最初の領土のとりきめは、一八五五年の日魯(にちろ)通好条約で、択捉と国後の南千島は日本領、北千島はロシア領とし、樺太(からふと)を両国民の“雑居地”にしました。
 一八七五年の樺太・千島交換条約では、樺太への日本の権利放棄とひきかえに北千島を日本領とすることで合意。全千島列島が日本領となりました。
 このように、千島列島は全体が、日ロ間の平和的な外交交渉によって確定した日本の歴史的領土です。

 【領土不拡大の原則は国際的な公約】

 第二次大戦中の一九四三年十一月、カイロ宣言で、連合国は領土不拡大の原則を国際的な公約として掲げ、戦後処理でもそれを貫くことを宣言しました。
 四五年二月四日~十一日、イギリスの首相・チャーチル、アメリカの大統領・ルーズベルト、ソ連の最高指導者・スターリンが、ソ連・クリミア半島のヤルタ市が会談しました。そのさい、スターリンの要求にもとづきソ連の対日参戦の“見返り”に千島列島を「ソ連に引き渡す」と密約しました。 これは、領土不拡大の原則に反する取り決めでした。
 スターリンは、レーニン死後、ソ連の実権を握り、ソ連を専制政治と大量弾圧、覇権主義の体制に変質させました。一九三九年にはドイツのヒトラー政権と不可侵条約を結び、ポーランドを分割支配、バルト三国を併合。ヤルタ会談で千島列島引き渡しを求めたのも、そうした領土や勢力圏の拡大の欲望にもとづいたものでした。
 四五年八月、第二次世界大戦の最終局面で、ソ連は、千島全島と北海道の一部である歯舞(はぼまい)、色丹(しこたん)まで占領し、その後一方的に自国領にしました。

 【二島のみの返還を要求までの経過】

 四五年八月十五日の終戦後、日本はアメリカを中心とする連合国軍総司令部に占領されました。
 そして、「独立」にさいして一九五一年九月八日に締結したアメリカをはじめとする連合国の諸国と日本国との間の戦争状態を終結させるための「日本国との平和条約(サンフランシスコ平和条約)」で、千島列島を放棄しました。
 「日本国は、千島列島並びに日本国が一九〇五年九月五日のポーツマス条約の結果として主権を獲得した樺太の一部及びこれに近接する諸島に対するすべての権利、権原及び請求権を放棄する」(第二条C項)。
 なお、ソ連と中華民国は、この条約には加わりませんでした。
 「独立」後、鳩山一郎内閣は、国連に加盟しようとしましたが、ソ連の反対で果たせませんでした。
 国連加盟を果たすため鳩山内閣は国交がなかったソ連との関係改善を目指し五六年七月、モスクワで日ソ国交回復交渉に入ります。このとき、日本側は、千島問題について、歯舞、色丹の二島のみの返還を要求することで妥協しようとしました。
 結局、このとき、千島問題は、棚上げされましたが、この方針が、いまだに日本政府の方針として生きていて、全千島の返還という課題は暗礁に乗り上げています。

 【日本共産党は全千島の返還を要求】

 全千島の返還を要求しているのは日本共産党です。
 同党は、以下の二点をこの問題での基本点にしています。
 (1) 日本の歴史的な領土は、十九世紀後半における日本とロシアのあいだでの到達点(樺太・千島交換条約)で画定されるべきであり、国後、択捉の南千島だけでなく、占守島にいたる北千島もふくむ千島列島の全体が、返還要求の対象となる日本の歴史的な領土であること。
 (2)歯舞(はぼまい)、色丹(しこたん)は、もともと北海道の一部であって、ヤルタ密約やサンフランシスコ条約でいう「千島列島」に属さないものであり、無条件に日本の主権を回復すべき地域であること。
 「日ロ間の領土問題を解決するには、スターリンの領土拡張主義の誤りを是正せよと正面から提起し交渉する必要があります」(「しんぶん赤旗」二〇〇五年二月二十三日付、「主張 千島問題 スターリンの誤りを正してこそ」)

 (二〇〇八年九月十一日)

|

« 高知市大津 「あははは。ひざにおしっこ、されちゃった」。妻は、すっかり子ネコの「お母さん」 | トップページ | 高知市大津 なぜか、子ネコは隅っこが好き。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/42449484

この記事へのトラックバック一覧です: 千島返還に新たな障害をつくりだした鳩山内閣の二島返還論:

« 高知市大津 「あははは。ひざにおしっこ、されちゃった」。妻は、すっかり子ネコの「お母さん」 | トップページ | 高知市大津 なぜか、子ネコは隅っこが好き。 »