« 高知市大津 面妖(めんよう)な「飛ぶ動物」の来襲。 | トップページ | 高知市大津 今夜から自宅で文学雑誌の編集作業を開始。 »

2008.09.13

高知市 グッバイ。カナダの アリッサ。また、きてね。

二〇〇八年九月十三日。

 カナダから高知市にきて平和資料館・草の家の手伝いをしていたアリッサさん(22歳)が、23日に高知を去ります。

 で、送別会を開きます。

 21日(日)夕6時~ です。

 詳細はメールなどをいただければ、お知らせします。

 アレッサさんが、これらも、大きく世界に羽ばたけるように、「おんちゃん」も、祈っています。

 でも、心の通う友人になりたいと、僕は、一方的に思っています。

 まだ、彼女は、僕のモーレツに早い土佐弁のしゃべりは苦手のようです。

 と、いうことで約束したのですが、いまだに実現していません。

 「いっぺん、友だちと泊まり込みで、僕んちに飲みにきなよ」

 

 あのとき、きっと、あなたが講師をしている英会話教室に遅れてしまったのではないでしょうか。ごめんなさい。

 一度、MAさんと三人で喫茶店で「モーニング」を楽しみましたね。

 若いのに、おとななんですねー。

 あなたが、仲間の若い女性に「リラックス」と言葉をかけて、励ます姿に感激しました。

 高知市で開かれた戦争展の準備のとき、土佐弁で語りかける人々とも呼応し、てきぱきと動く彼女を「見ました」。

 そのとき、アレッサさんを「見ました」。

 彼女の演出した英語劇が、草の家で上演されたのを見ました。

|

« 高知市大津 面妖(めんよう)な「飛ぶ動物」の来襲。 | トップページ | 高知市大津 今夜から自宅で文学雑誌の編集作業を開始。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/42464808

この記事へのトラックバック一覧です: 高知市 グッバイ。カナダの アリッサ。また、きてね。:

« 高知市大津 面妖(めんよう)な「飛ぶ動物」の来襲。 | トップページ | 高知市大津 今夜から自宅で文学雑誌の編集作業を開始。 »