« 尾崎正直・高知県知事あての「高知短期大学存続についての要望書」の署名運動が、この夜、スタートしました。 | トップページ | 「高知短期大学存続を求める学生の会」のホームページの在学生の投書を読んで。学ぶとは何かを語り合うページになってきました。 »

2008.09.01

九月一日夜の福田首相辞任と自民党の突破作戦。私の意見。

 二〇〇八年九月一日。

 集中講義「現代資本主義論」を聞いて家に帰ってテレビをつけたら午後九時半ころ福田首相が辞任したというニュースをやっていました。
 首相になってから、まだ一年たってなかったよね。

 後期高齢者医療制度廃止法案が衆議院で審議される予定で自民党、公明党は追い詰められていました。
 大臣や自民党議員のカネにまつわる疑惑も噴出していました。
 公明党が、自民党と「心中」したくないとばかりパフォーマンスを始めていました。
 そうした中での、前の首相と同じで政権投げ出しです。

 内閣支持率数パーセントになる前に、辞任で批判をかわし、総裁選を派手にやってマスコミの目を、ここに引き付けておいて、一気に国会へ。悪法案を、ダダダと通してしまうという作戦のようです。
 これは私の分析ですが。

|

« 尾崎正直・高知県知事あての「高知短期大学存続についての要望書」の署名運動が、この夜、スタートしました。 | トップページ | 「高知短期大学存続を求める学生の会」のホームページの在学生の投書を読んで。学ぶとは何かを語り合うページになってきました。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/42350635

この記事へのトラックバック一覧です: 九月一日夜の福田首相辞任と自民党の突破作戦。私の意見。:

« 尾崎正直・高知県知事あての「高知短期大学存続についての要望書」の署名運動が、この夜、スタートしました。 | トップページ | 「高知短期大学存続を求める学生の会」のホームページの在学生の投書を読んで。学ぶとは何かを語り合うページになってきました。 »