« 高知市 いきいき体操をはじめました。 | トップページ | 高知市 苑翠子さんの「火の毬(まり)」の短歌。 »

2008.11.19

高知市 詩「僕は、どんな人間を素晴らしいと思って生きてきたのか」。 

 二〇〇八年十一月十九日。

        僕は、どんな人間を素晴らしいと思って生きてきたのか

 あなたと話していて、考えました。
 僕は、どんな人間を素晴らしいと思って生きてきたのかと。

 成績のいい人、頭のいい人、「出世」している人、お金持ち……
 うーん、そんなのが基準ではないなぁ。
 もちろん成績のいい人、頭のいい人、「出世」している人、お金持ちにも素晴らしい人はいるけど……。
 やっぱり人々の幸せのために行動できる人、そうした行動に自分の幸せを見出せる人。そんな人が僕が思っている素晴らしい人です。 

 あなたは、これから羽を広げて飛び立とうという前に傷ついて挫折したことがあったそうですね。
 挫折は挫折を呼び込み、だんだん行き先をなくしてしまうものです。
 しかし、あなたは、その挫折を乗り越えました。
 挫折の代償として、人の心の痛みを包み込める優しい心を得ました。
 自分を成長させる道を歩み始めました。

 そして、いま、「新しい自分」を育てる課題に果敢に立ち向かっています。
 僕は、あなたの、そんな姿を素敵だなと思って見ています。
 見ているだけで手を差し伸べることがなかなかできないのが口惜しいです。
 一人でがんばろうとして、少しうまくいかなかったあなた。
 でも、この数週間のあなたは、人を頼り、人の手を借りて自分を成長させるということを知りました。
 このことは、きっと、あなたの、これからの人生の財産になることでしょう。

 きょう、はからずも、あなたの目から大粒の涙が流れるのを見てしまいました。
 たぶん、自分が「ありたいとする自分」に到達できていないことへの憤りの涙だったのではないでしょうか。

 涙は乾きましたか。
 もう午前零時前です。
 もしかしたら、あなたは、いまパソコンに向かっているかもしれませんね。
 羽を大きく広げてパタパタさせながら。
 「きっと、舞い上がってみせる」
 そんな熱い思いを胸に秘めながら。

|

« 高知市 いきいき体操をはじめました。 | トップページ | 高知市 苑翠子さんの「火の毬(まり)」の短歌。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/43167656

この記事へのトラックバック一覧です: 高知市 詩「僕は、どんな人間を素晴らしいと思って生きてきたのか」。 :

« 高知市 いきいき体操をはじめました。 | トップページ | 高知市 苑翠子さんの「火の毬(まり)」の短歌。 »