« 高知市 詩「僕は、どんな人間を素晴らしいと思って生きてきたのか」。  | トップページ | 高知市 サツマイモの葉が黒ずんで枯れていました。 »

2008.11.20

高知市 苑翠子さんの「火の毬(まり)」の短歌。

 二〇〇八年十一月十九日。

 火の毬(まり)を つきそこねてる わが歩み 掌(て)の烙印は ありやなしやと

 何かわからない短歌が生まれました。

 今晩の授業で苑翠子さんの、つぎの短歌を知って詠みました。
   
 火の毬(まり)を つきて遊びし つかのまの 記憶わが掌(て)に 烙印となる

|

« 高知市 詩「僕は、どんな人間を素晴らしいと思って生きてきたのか」。  | トップページ | 高知市 サツマイモの葉が黒ずんで枯れていました。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/43176478

この記事へのトラックバック一覧です: 高知市 苑翠子さんの「火の毬(まり)」の短歌。:

« 高知市 詩「僕は、どんな人間を素晴らしいと思って生きてきたのか」。  | トップページ | 高知市 サツマイモの葉が黒ずんで枯れていました。 »