« 高知市 宿題、その四 「オバマ氏当選-米国刷新への熱い期待」の要旨のまとめ。 | トップページ | 高知市 午前中に「歴史学」のリポート用の本を一冊読み終わりました。 »

2008.12.24

高知市 宿題、その五 あるアメリカの新聞の記事の和訳。

 二〇〇八年十二月二十四日。

 宿題、その五。

 あるアメリカの新聞の記事の和訳。

 

このクリスマスでのあなたのご寄付のお願い

ポール・バレリィ

2007年12月4日 火曜日

ファトマタは、4人に1人の赤ん坊が5歳になる以前に死んでしまう国に生まれました。彼女は、今までずっと私たちのクリスマスの寄付金によって希望を与えられてきました。昨年、読者のみなさんは世界中の貧しくてより所のない人々に大きな支援を惜しみませんでした。今年も、あなたの援助でさらに多くの子どもたちを笑顔にさせてください。                                          

このクリスマスであなたのご寄付を。

ファトマタは、すでに非常に申し分ない状態です。彼女は、地球で最も困難な所に生まれました。そして、四カ月生き延びています。写真で見る限り彼女は健康で幸せそうに見えます。それは、いいニュースです。さて、注意を要する状況があります。

それは、彼女が世界の中で乳児の生存率が最も低いシエラレオルに生きているからです。西アフリカのこの地域では、4人に1人の赤ん坊が5歳になる前に亡くなっています。そして、このことは、ひとり両親の悲しみにとどまらず、私たちのテレビカメラが注視しなかったからといって長い間ひどい荒れ地のままに放置してきた西側諸国の無関心への告発ともなっています。

 ファトマタの母親のグベサリィは悩みの種があります。ファントマの兄弟のイブラハムは、たくさんの病魔に襲われています。彼のひ弱な体格は、シエラレオルの5歳未満の子どもの4分の1以上が標準以下の体重であるという厳然たると統計値の証明です。また、ほとんど3人に1人は身長の点でも標準に達していません。

ノミ屋は、イブラハムのような男の子は四十歳までは生き延びないだろうと一方的な賭け率を設定します。グベサリィのような女性たちが6、7人の子どもを持っていて、イギリスの平均の1・7人と比べると、ちょっとした驚きです。多くの子どもが死にますが、その両親は自分の老年を保障するに足るだけの大家族を養わなくてはなりません。そして、一家は、発展途上国では、たきぎと水を集め、ヤギを駆り立て、作物を手入れし、そして、生活のためにほかの日常の仕事のすべてをやりとげなければなりません。

ファトマタは、は幸せです。彼女の村―シエラレオルのカイラフム地方のペンデブではセイブザチルドレンの診療所が先ごろ建てられました。ここでは母親たちに妊娠中の健康管理を指導していて、これは粉ミルクの使用を説得しようとしている既得権者に逆らうことになるのですが、母乳による育児の指導も含まれています。ファントマは、イブラハムが生まれたときには使えない免疫を持っています。家族は、いま、カヤを持っていて、カヤをつって眠っています。

診療所は少数の人々によって支えられていて、この6年間、シエラレオルを荒らした戦争によって深刻に衰えさせられた国家の健康管理の不備をなんとかしようとしています。今日、国際的な国家間の救援プログラムがあるにもかかわらず、国家健康管理システムにおいては医療スタッフは不足し、医療設備は絶えず財政不足に陥っています。

子どもを救うことは今年の重要なクリスマスの寄付の三つのうちの第一のものです。それは今日始まったところです。第二には、インターナショナルチルドレンズラスト(ICT)で、これは地球上で最も貧しい所に住む子どもたちに3大陸を通じて科学の、教育の、社会的また心理学的な必要を説いていく共同経営の組織です。

第三に、ゴリラオーガナイゼィション(GO)があります。世界中で絶滅しかかっているゴリラを救おうというものです。このすばらしい動物が、彼らの生息地に人間が入り込むことによって絶滅の危機に瀕しています。GOは原住民の生活を成り立たせる    道を援助し、それによってゴリラの依拠している生息地にダメージを与えない方法を工夫しています。

いくつかの問題について、私たちは新しく提案します。少年兵のことはたいていの人が読んで知ってるでしょうが、セイブザチルドレンの救援活動の中でリベリアにおける少女兵のことをいわねばなりません。彼女たちは帰還するさいに決まって家族や隣人から拒絶されるのです。新しく解決した事例もあります。シエラレオルの北部では、同じ寄付でエイズの急速な流行への対策をとっています。それは身の上相談解答者の予期しないようなやり方でやられています。

別の企画では基金を手助けしてくれる読者たちが古くからの問題にも新しい観点を与えてくれるでしょう。エクアドルのスラムでは、母親はしばしば家族を養うために売春をし、一方であらゆる種類の児童虐待が肉体的にまた性的な暴力となっています。解決策は、ICTのエクアドルのパートナー・ジュコニが見つけています。それは、自然環境を変えたり子どもたちをそこから引き離すことではなくて、スラムの考え方を変えることです。この詳細を知るのには、じっくりとしためんどうな読書が必要です。

われわれの寄付金は、大見出しの後ろに、つまり目立たぬ方に使われるでしょう。ジンバブエと南アフリカの国境ではセイブザチルドレンのスタッフが、南アフリカのよりよい暮らしを望んで、ムカベ政権のもとで、ぶらぶら歩いていたり、ひとりぼっちだったり、餓死しそうになっていたりする7歳くらいの子どもたちに救援の手をさしのべています。ビルマではセイブザチルドレンは最近、仏教僧侶によるデモを支持して、本当のことを語っています。

彼らは、いかにも小さく、そして、つながっていますが、われわれのもろい惑星は必要とされる問題の解決に向かっています。ルワンダでは、性能のよいストーブを紹介することで80%もマキの使用量を減らし、そればかりか山林伐採のスピードをゆるめ、子どもの胸の感染症を屋内の煙を減らすことによって減少させています。

われわれの仕事では、最も危険なところで働くのは当たり前になっています。そんな場所に彼らは希望を提供しています。そして、かぼそいキズナを強くしています。細い、でもさけることのできないかかわりがあなたと私の何かがファトマタに届いたとき、シエラレオルの四カ月の元気な彼女に、この関係が、まさに今、生まれていくと思います。

                

|

« 高知市 宿題、その四 「オバマ氏当選-米国刷新への熱い期待」の要旨のまとめ。 | トップページ | 高知市 午前中に「歴史学」のリポート用の本を一冊読み終わりました。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/43518812

この記事へのトラックバック一覧です: 高知市 宿題、その五 あるアメリカの新聞の記事の和訳。:

« 高知市 宿題、その四 「オバマ氏当選-米国刷新への熱い期待」の要旨のまとめ。 | トップページ | 高知市 午前中に「歴史学」のリポート用の本を一冊読み終わりました。 »