« 高知市 宿題 その一 「裁判員制度 まず、尋ねることから」の要旨づくり。。 | トップページ | 高知市 宿題、その三 「結果の平等か機会の平等か 『機会の平等』が、けっして普遍的価値観ではないことを証明する」(内橋克人氏)の要旨のまとめ。 »

2008.12.24

高知市 宿題、その二 「結果の平等か機会の平等か 『結果の平等』に固執すれば、社会の成長力は確実に失われる」(竹中平蔵氏)の要旨のまとめ。。

 二〇〇八年十二月二十四日。

 宿題、その二。

 「結果の平等か機会の平等か 『結果の平等』に固執すれば、社会の成長力は確実に失われる」(竹中平蔵氏)の要旨のまとめ。

 どの社会にも、成長と安定の適度なバランスを保つことが求められる。グローバリゼーションとIТ革命は、ハイリスク・ハイリターンの市場を作り出す。こうした成長の新たなチャンスを活かすためには、頑張った者が報われる仕組みを作ることが望ましい。競争の激化のなかで従来以上に所得格差がついてくることはもはや避けられない。結果の平等を維持しようとすれば社会全体の成長圧力を根こそぎそいでしまうことになるだろう。

|

« 高知市 宿題 その一 「裁判員制度 まず、尋ねることから」の要旨づくり。。 | トップページ | 高知市 宿題、その三 「結果の平等か機会の平等か 『機会の平等』が、けっして普遍的価値観ではないことを証明する」(内橋克人氏)の要旨のまとめ。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/43518664

この記事へのトラックバック一覧です: 高知市 宿題、その二 「結果の平等か機会の平等か 『結果の平等』に固執すれば、社会の成長力は確実に失われる」(竹中平蔵氏)の要旨のまとめ。。:

« 高知市 宿題 その一 「裁判員制度 まず、尋ねることから」の要旨づくり。。 | トップページ | 高知市 宿題、その三 「結果の平等か機会の平等か 『機会の平等』が、けっして普遍的価値観ではないことを証明する」(内橋克人氏)の要旨のまとめ。 »