« ハングル日記 二〇〇八年十二月十二日 | トップページ | 高知市 いまかかえている「宿題」。「いっぱいいっぱい」以上です。 »

2008.12.18

高知市 サンタクロースはオートバイに乗って。

 二〇〇八年十二月十八日。

きょうは、親と子のクリスマス会に出演しました。

 サンタクロースの役です。

 遅れそうになってオートバイを飛ばしました。

 やっと会場に着きました。かっちり定時です。

衣装をきて、ベルとプレゼントの入った袋を持って登場。

会場には二十人の赤ちゃん、幼児とそのお母さんやお父さんがいました。

まずはサンタクロースに質問がありました。

「サンタクロースさんは、どこに住んでいるんですか」

「空の向こうの百人サンタクロースのいるまちです」

「遅かったけど、どうしたんですか」

 「空を飛行機がたくさん飛んでいてぶつかりそうになって大変でした」

「トナカイはどこに置いてきたのです」

「この建物の屋根の上です」

 「好きな食べ物は何ですか」

「卵焼きです」

「奥さんがつくってくれるのですか」

「いえ、私は自分でつくります」

「おいくつですか」

「百歳です。ちょうど、きょうが誕生日です。サンタクロースのまちの最高齢者は百十五歳です」

で、子どもたち一人ひとりの名前を読み上げて、プレゼントをあげます。

それから、みんなと記念撮影。

そして、希望者と記念撮影。

サンタクロースは大もてです。

帰りに主催者からお菓子の袋をいただきました。

|

« ハングル日記 二〇〇八年十二月十二日 | トップページ | 高知市 いまかかえている「宿題」。「いっぱいいっぱい」以上です。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

サンタさん役、ご苦労さまでした。でも、子どもたちに歓迎されて、“至福のひととき”じゃなかったでしょうか。最後の「主催者からのお菓子」がいいですね。

投稿: Bindao | 2008.12.18 19:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/43456072

この記事へのトラックバック一覧です: 高知市 サンタクロースはオートバイに乗って。:

« ハングル日記 二〇〇八年十二月十二日 | トップページ | 高知市 いまかかえている「宿題」。「いっぱいいっぱい」以上です。 »