« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009.04.01

高知市大津 わが家の夫婦喧嘩の原因の第一は「失せ物」です。

 わが家の夫婦喧嘩の原因の第一は「失せ物」です。

 昨夜もえんえん二時間のバトルでした。

 「どこへいったぜー」

 「知らん。自分がどっかへやったがやろう」

 そして、次々と攻撃のパンチをくりだす妻。

 「本棚にいろんな物をおくなよ。それに、ここの本棚は僕のがやに何でおまんのがをつっこんじゅうが」

 「私の本棚に、まだあんたのがをつっこんじゅうきよ。整理してや」

 結局出てきました。

 それで、一応、バトルは終了。

 二時間、英語を勉強する予定でしたが半時間でダウンしてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 夏の平和の企画のキャッチフレーズを考えています。

 夏の平和の企画のキャッチフレーズを考えています。
 本日浮かんだのは、こんなフレーズです。

 「昔、日本も戦争していたの? もう、戦争ってしないよね」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 南国市にいって戦争体験者二人のインタビューのビデオ撮影。

 午前中、南国市にいって戦争体験者二人のインタビューのビデオ撮影。
 高校の同学年生の父母です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 琉球新報を購読することにしました。

 四月一日付から六カ月間、琉球新報を購読することにしました。
 郵送ですが、くるのを楽しみにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 「あなたから許された口紅の色はカラタチの花よりもうすいにおいです……」。そんな歌がありましたね。 

 夜、山口百恵さんのDVDを見ています。

 やっぱり「冬の色」(♪ あなたから許された口紅の色はカラタチの花よりもうすいにおいです……)、「湖の決心」(せりふ 運命を信じますか。そして、それに従いますか。わたしは、わたしは、あなたに従います……)、いいですねー。

 「僕たち」も、こんな関係からスタートしたかったですねー。
 知りあったのは僕が十九で彼女が十八のときです。
 そして、いま、お互いに六十二、六十一です。

 「現妻」との付き合いで得たものも多かったです。感謝。

 しかし、「あの娘」と別の人生もあったのではないか。
 そんなことを、いまだにウジウジと考えています。
 なんと情けないと思いますが……。

 昨夜の二時間喧嘩の後遺症が続いています。

 現妻は、この原稿を勝手にのぞきこんで、「現妻……。そんなことブログに書きなや」とわめいています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.02

高知市 水曜日は休みでしたが その一 午前中は陶芸教室。

 水曜日は休みでしたが何の何の……。
 
 午前中は陶芸教室。
 本日は、ご飯の茶碗をつくろうと思っています。
 これまでつくったのは湯飲み茶碗、皿、筆立て、花差しなど。
 それに比べてご飯の茶碗は難しいと思います。

 勝手につくっていました。
 何か、いびつな物ができつつありました。

 先生が見かねて基本から教えてくれました。
 「さぁ、これでいいですよ」
 しかし、何だか気に入らないでつついて、つついて、だめにしてしまいました。
 しかし、それでも修復して一応、形をつくりました。

 難しかったのは、あの独特のカーブをつくることです。

 来週は、これを削って形を整える作業です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 水曜日は休みでしたが その二 KUさんの戦中体験を聞いてビデオ撮影(多数の人間が焼かれたにおいのこと) 。

 水曜日は休みでしたが何の何の……。
 
 午後は南国市へ。
 南国市のFUさん、彼の小学生の娘さんと三人で、KUさんの戦中体験を聞いてビデオ撮影。
 一九四五年七月五日朝に高知駅に着いて嗅いだにおい、見たシーンの話が印象的でした。
 においは多数の人間が焼かれたものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 水曜日は休みでしたが その三 戦争中の高知のことを紙芝居にしている女性たち。

 水曜日は休みでしたが何の何の……。
 
 夜、高知市で女性二人と話し合いました。
 二人とも戦争中の高知のことを紙芝居にしています。
 いまこそ、きちんと聞いて、調べて伝えなければという思いは共通していました。

 うれしい出会いでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 水曜日は休みでしたが その四 マスコミへの取材要請の文書の執筆。

 水曜日は休みでしたが何の何の……。
 
 夜遅く。
 マスコミへの取材要請の文書の執筆。
 僕も、いろんなことをしていますねー。

 肝心の勉強は……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 水曜日は休みでしたが その五 わが家のネコの得意技。

 水曜日は休みでしたが何の何の……。
 
 夜遅く。

 映画「ウエストサイドストーリー」を見ています。

 妻がいないせいか、ネコが僕にまつわりついてきます。
 おっと得意技をかけてきました。
 肩に乗っかるのです。
 たぶん「私のほうが偉いのよ」と示す行為だと思います。
 肩をゆすると、ずるずると落ちていきます。

 なお、妻は事情で、今夜も実家にお泊まり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.06

県立高知短期大学 落雷事故で重度障害を負った北村光寿さん(28)の入学。

 県立高知短期大学では、今夜からオリエンテーションが始まりました。

 僕(62)は、ピカピカの二年生になりました。

 昨日の入学式では、落雷事故で重度障害を負った北村光寿さん(28)に取材が集中しました。

 きょうの高知新聞に載った彼のコメントが素敵でした。

 「人生は知らないところに飛び込むことの繰り返し。不安はありますが、できなかったことができ、いろんなことが学べ、いろんな人に出会えるのが楽しみ」

 彼とも励ましあって勉強していきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.07

高知市 「人生を、どう構成すべきか」を考えています。「あったかハートの会」に寄せて。

 「人生を、どう構成すべきか」を考えています。

 何か、いつも、自分が設定したテーマに近づこうとあくせくしています。

 「僕は、なんで、こうなんだろう」と、考えますが、いつも、こんな感じです。

 今夜は、県立高知短期大学のオリエンテーションの後、あすの新入生へのサークル紹介に向けて、新サークルの計五人で相談会をしました。その中には、今夜、入会した女性も。

 サークル名の「プラカード」をつくってくれる女性、演説をしてくれる女性が決まりました。

 演説の内容を検討しました。

 みんなが意見を出して、いい感じにまとまりました。

 家に帰って「入会します」の印刷物もつくりました。

 このサークル、別名は、「あったかハートの会」。

 これは、僕が勝手に、こういっているのですが……。

 このサークルがうまくいくかどうか、あしたのサークル紹介にかかっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.08

高知市 県立高知短期大学の「北村君とともに学ぶ会」が始動。

 落雷裁判に勝利した北村光寿(みつとし)君が、四月五日、高知市の県立高知短期大学に入学しました。


 さっそく、同大学の学生たちが、「北村君とともに学ぶ会」をつくりました。
 会長は、介護施設経営の女性です。

 八日夜、同大学の大教室で新入生たちへの学生自治会、各サークルの紹介がありました。
 「学ぶ会」の会員たちも、「北村君とともに学ぶ会」の横断幕をかかげて登壇しました。咲き誇った桜をちりばめたデザインです。
 六十八歳の女性会員がパソコンで丁寧につくったものです。
 別の女性会員が、マイクを握り入会を訴えました。

 同大学の新学年の日程は、これまでは授業内容などの説明でしたが、九日からは授業開始。「学ぶ会」の運動も本番に入ります。

     ♡ ♡ ♡ ♡ ♡

 なお、「学ぶ会」のサークル紹介は以下のような内容でした。

 北村君とともに学ぶ会です。
 北村光寿君が入学するというニュースを聞いて四月四日夜、結成しました。
 北村君とともに学べることに感激しています。
 北村君と友だちになりたいな。
 北村君が手を貸してほしいときには喜んで手を差し伸べたいな。
 そんな思いの学生たちが「会をつくろうよ」「うんいいわね」「私も、そんな会をつりたいと思っていたのよ」と集まったのが、この会です。
 この学校から、みんなが普通に生活し、学べる社会をつくるというテーマを世界に発信したい。私たちは、そう思っています。
 メンバーは十二人です。この輪が大きく広がること願っています。入会してくださるかた、後で私たちに声をかけてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 短歌 県立高知短期大学の新学年 その一。

 落雷禍の 北村君が 入学し わが学び舎は さらに価値増す

 新入の 北村君と 「学ぶ会」 発足したよ あったか学び舎

 すっごいよ わが学友たちは 優しさよ 苦労が育てた あったかハート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 短歌 県立高知短期大学の新学年 その二。

 今年も 受けたい授業 ダブってて 時間割表 消してまた書く  

 「さーて、さて 何の授業を とるべきか」 あれこれ悩む 夜の楽しさ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 短歌 県立高知短期大学の新学年 その三。

 編入の 説明もあり 新学年 わが短大は 緊張の中 

 いくつかの 行きたい大学 あげている 実力はまだ ついていないが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 短歌 県立高知短期大学の新学年 その四。

 学び舎に ピンポン・サークル 発足し 「僕も入れて」と 手をあげている

 新入生 「バンドサークル つくりたい」 半時間後に 形なしてる

 授業後の 数十分に 真剣に ピンポン楽しむ 夜の学生

 

 四月八日、ラケットと卓球の本を仕入れてきました。

 そして、早速、放課後に練習。球拾いだけでも、かなりフーフーになります。いいサークルを見つけました。

 明日は、運動靴を買う予定です。

 運動といえば高知県伊野今町の中学時代、高知市の高校一年生の前半の体操、東京、大阪、長野、高知などでの低い山への登山、オートバイでのツーリングくらいです。

 ピンポン・サークルで、運動して体を鍛えなおしてスリムにというのが、目標です。

 ちなみに僕の本日の体重は八十二キロ。身長は百七十センチメートルです。

 二十代までの六十キロくらいになると「快調」っていう感じになると思うのですが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.09

高知市 高知短期大学二年生 新学年の幸せな一日。

Photo_2 Photo_4  

 このところ、妻とは昼間、会っていません。
 本日は、午前七時半に妻が出発。
 続いて、僕が午前八時過ぎに出発。

 僕の目的地は高知市内旭の陶芸教室です。
 いったら焼きあがっていました。
 僕のは七点。写真は、その一部です。
 本日は、大きな茶碗をつくりました。

 午後一時、パソコン教室の人に。
 ビデオの編集の講座です。
 三時間の授業です。
 本日で、二十時間分が終了しました。
 途中、ワードの授業を受けに来た妻と隣り合わせになりましたが、おたがいに「知らんぷり」。
 僕は、次回からはパワーポイントの講義を受けます。

 家に帰る途中、近くの田んぼでサギを発見。
 撮影しました。

 夜、高知短期大学の二時間目は「農業経済論」の初めての授業。
 いい講義で、次回から楽しみです。

 授業が終わって、学生自治会主催の新入生歓迎会がありました。
 そこでお披露目したのは「総合文化部」。音楽演奏、演劇などのサークルです。一年生の穂積君、二年生の「ワイワイ女の子たち」がつくりました。
 そして、あす説明会をするという一年生の男性が中心の「お湯部」も勧誘していました。たっぷり運動して、銭湯・温泉にいって、食堂で食事して……。銭湯・温泉についての調査・研究もするとのことです。
 ことしも、何だか面白そう。

 帰ったら、妻は、「疲れたよー」っという感じ。
 食事の用意はなし。
 実は、僕は、本日は昼食をとっただけ。
 さて、あるもので飢えをしのぐことにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.10

高知市 新日本婦人の会高知支部の女性五人が「婦人参政権発祥之地」の碑を掃除。

Photo_3  Photo_10   

 昼休みの時間の高知市の第四小学校の近辺での出来事をウオッチングしました。

 新日本婦人の会高知支部の女性五人が「婦人参政権発祥之地」の碑を掃除しました。
 記念写真を撮らせてもらいました。

 みんな、いい感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.11

高知市 短歌 高知短期大学の新入生たち。

落雷禍 北村君が入学し わが学び舎に支援の花咲く

新入の北村君と「学ぶ会」 発足したよ 夜の短大

「すっごいよ。わが学友たちは優しいよ」 苦労が育てた あったかハート

入学の 四日目にして 呼びかけて サークルつくった すごい十八

「二十七、教師してます」「そうなのか」 お湯部つくった 夜の学生

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 「(あなたも、あんな夫を)お守りするのは大変ねぇ」っていわれたわよと、わざわざいう妻。 

 この間、妻が僕の知り合いの女性・NIさん(年上)に、こんなことをいわれたそうです。
 「(あなたも、あんな夫を)お守りするのは大変ねぇ」
 妻の解釈は「あんな、めんどうなことは妻にまかせて、好きなことをして、その上、この歳で大学にいこうなんて人の『お守り』するのは大変ねぇ」ということだそうです。

 僕自身は「しょい夫」だと思っているのですが……。
 つまり、自分のことは自分でするし、ろくに家にいないし、「放し飼いできる」いい夫だと思うのですが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 いろんな所にフジの花が咲いていました。

 朝、高知の街をオートバイで走っていると、いろんな所にフジの花が咲いていました。
 「春から初夏に季節が変わりつつあるな」
 そんな感じを受けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 わが職場の一日です。

 わが職場の一日です。

 ● Iさんに手伝ってもらってパソコンで二ページ分のビラの原稿づくり。
 ● KUさんと、あす南国市でのビデオ撮影の打ち合わせ。
 ● 会議に出席。
 ● 近々の須崎市でのビデオ撮影の打ち合わせ。
 ● パソコンで次回の会議のお知らせの文書を作成。
 ● パソコンで、ある募集の原稿を作成。
 ● パソコンで各報道機関へのお知らせの文書の作成。  

 何かパソコンがなければ進みませんねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.12

 高知県 伊野九条の会(大岩稔幸会長)のみなさんと。

 南国市へ。

 伊野九条の会(大岩稔幸会長)のアジア・太平洋戦争の戦跡を見るツアー(二十数人の参加)に同行して、ビデオ撮影するためです。

 南国市の掩体壕(えんたいごう)二つ、増強されつつある陸上自衛隊の実戦部隊、吉川に展示されているアメリカ軍機・グラマンのプロペラとエンジン、南国市の海軍のトーチカを見ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 二十三歳の二人の訪問と電話。

 夜、就職したばかりの二十三歳の男性が、わが家にきてくれました。
 口に出してはいわないけれど「このところ、あなたの様子がおかしいけど、大丈夫。何かあったの」ということのようでした。
 いろいろあって落ち着かないけど、いちおう大丈夫です。ありがとうございました。

 その後、県外の大学に編入した二十三歳の女性から電話。
 元気にやっているようです。
 安心しました。

 あなたはたちは、「私たちの希望」です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

高知市 映画「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」を見ました。

 夜、DVDで映画「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」を見ました。

 反ナチのビラをまいた容疑で逮捕されたミュンヘンの学生・ゾフィー・ショルさんが主人公です。

 同じ容疑で逮捕された彼女の兄。

 彼の法廷での発言がすごい。

 彼女も、「言葉でたたかいます」と堂々と宣言します。

 彼女の父親の「正義は死なんぞ」の言葉もすてきです。

 二人に死刑をいいわたすヒットラー法廷。

 一回の法廷で死刑をいいわたされ、その日に遺書を書くように命じられる彼女。ギロチンです。

 面会に来た父の「お前は正しい。誇りに思うよ」の言葉。

 映画には、彼らの死は無駄ではないというメッセージが発せられています。

 そうしなけばならないと思います。

 僕も、こんな映画をつくりたい。

 最後に、この映画を見て、メロメロに泣くてしまったことを告白します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.04.14

高知市 なぜか、やせている感じ。やばいかも……。゜

  いま、英会話の授業の予習が終わりました。

 なんだか面白い。

 ところで、十三日は、けっこうヘビーでした。

 職場。

 まずは報道各社あての文書をつくって、各社にファクス。

 ビラの印刷。六百枚。

 各団体あての要請の文書の作成とコピー。

 県下の各所への文書の製作。

 次の文書の作成。印刷へ。

 二人で百枚くらいの手紙の住所書き。

 テレビ局からの電話での問い合わせに対応。

 十五日午前のテレビ局の取材の応対者の配置。

 

 夜、県立高知短期大学で。

 一時間目。「社会学」。

 二時間目。「国際経済」。

 放課後。仲間とピンポン。三十分間でしたが汗が吹き出ました。

 帰りにぎわに会った二十歳前半の女子学生が「あまりにやせた」と心配してくれました。

 家に帰ってシャワーを浴びました。爽快です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.04.16

高知市 「短歌(うた) 生まれ出ぬ このごろの「心のありか」。

 「大丈夫?」
 短歌(うた)生まれ出ぬ このごろの
 心のありか 問診してる
     ☆   ☆   ☆
 退職し 一年半か
 毎日が 月曜ばかりの
 日々、走りくる
     ☆   ☆   ☆
 本日は、体力不足で二箇所にいけずに、迷惑をかけました。
 それでも、「夜の学校」にだけはいきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.17

高知市 高齢者が増えたら悪いの? 「敬老学」のすすめ。志士をつのります。

 「高齢者 増えたら悪いの?」 問い直す 老いに優しい 学問いでよ

 新しい 学問分野 つくろうよ 「敬老学」を 提唱します
      ☆   ☆   ☆
 【追記】
 インターネットを検索してみても見ても「敬老学」という言葉がありませんでした。
 僕が創始者のようです。
 枯れ木に水をやるな的な自民党、公明党などの政策がゴリ押しされる中、「それは、ちがうぜよ」、「論理が、まちごうちゃう。本当は、こうせないかんよ」ということがきちんと学問的に整理される必要があります。
 この分野を打ち立てる同志をつのります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 いろいろ考えこんでいる「夜の学生」、六十二歳。

 「いくつなの?」
 三十三歳 目をみはる
 「編入希望で 親の世代さ」
 
 授業後の 三十分を
 ピンポンで 汗流してる
 夜の学生

 用水の サギの飛び立つ 一瞬の
 美しいこと
 いつか撮りたい

 六十二 夜の短大 二年生
 編入ゼミの
 希望書を出す

 電話あり 
 腹立ったこと のべる女性(ひと)
 「それもわかるが、前へ進もう」

 しゃがみこみ
 娘世代と 話してる
 「思い書こうよ。場はもうけてる」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.18

高知県須崎市 人間魚雷・回天の壕跡をいくつもビデオ撮影しました。

 2009年4月18日。

 妻は、実家でお泊り。

 ネコが起こしてくれました。

 高知短期大学近くの喫茶店で朝食。

 「若い衆」と待ち合わせて、ジープに乗せてもらって高知県須崎市に。

 日本帝国陸軍錦部隊重機関銃部隊の兵隊だった人の証言をビデオにおさめました。

 年配のかたに案内していただいて、人間魚雷・回天の壕跡をいくつもビデオ撮影しました。

 「すっごい。そのまま残っている」

 夕刻、朝いったのと同じ喫茶店で高知短期大学の先輩と対話。

 その後、授業。

 授業後、卓球の練習。

 家に帰って妻と冷戦。つまり、いやみのいいあいこ。

 熱戦(暴力沙汰。加害者は、いつも妻)に移ろうとする寸前で、妻は「眠たい。私は寝るわ」と、リングを降りてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.20

高知県 「高知空襲を絵にしていただけませんか。」。第三十一回戦争と平和を考える資料展実行委員会(高知市升形)が募集中。

 本日の高知新聞朝刊でも報道されましたが、第三十一回戦争と平和を考える資料展実行委員会(高知市升形)がつぎのような募集をしています。

   ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 炎の海を逃げまどった体験
 高知空襲を絵にしていただけませんか。

 それは「皆殺し」の攻撃でした。
 一九四五年七月四日。アメリカ軍の爆撃機の群れが高知にやってきました。照明弾を打ち込み、夜中のまちを昼のように明るくしました。人や家を燃やす焼夷弾(しょういだん)や、人を殺すための爆弾を県民の上にどんどん落としました。
 まちは火の海になりました。その場で焼き殺された人たち、壕(ごう)に入っていて「蒸し焼き」にされた人たち、川に逃げ込んだ人たちもいましたが川もいたる所で燃え上がりました。
 私たちは「あの日のこと」、「戦争はこりごりだ」という思いを伝えていきたいと思います。
 もし、あなたが、その日、アメリカの爆撃機の攻撃の下にいた人でしたら、その惨禍を絵にしていただいて、私どもにお届けいただけないでしょうか。
 七月二日(木曜日)~九日(木曜日)の「第三十一回戦争と平和を考える資料展」(高知市立自由民権記念館)に展示させていただきます。
 絵の具や大きさは自由です。数行の説明文をつけていただけませんでしょうか(いつ、どこの状況か、そのとき作者はどこに住んでいて何歳だったなど)。締め切りは六月一日です。
 もうしわけありませんが、謝礼はありません。絵は、展示後、お返しいたします。
 勝手なお願いですが、よろしくご協力ください。

         二〇〇九年四月十三日

          第三十一回戦争と平和を考える資料展実行委員会

 ご連絡は、つぎの所にお願いいたします。

 平和資料館・草の家

 〒780‐0861 高知県高知市升形九の一一

 電話 088‐875‐1275 ファクス 088‐821‐0586

 Eメール GRH@ma1.seikyou.ne.jp 

 開館時間:午前9時~午後6時  休館日:水曜日・日曜日・祝日


 高知空襲の絵の募集についての岡村正弘実行委員長の(七十二歳)は、つぎのように語っています。
 「私は、高知市の第一国民学校の二年生でした。その夜、最初、母、妹と一緒に共同防空壕に入りましたが、その後、そこを抜け出して鏡川に逃げました。鏡川も燃えていました。空襲が終わって壕にいくと、壕はつぶれていました。みなで掘り起こすと黒焦げの死体やむし焼きになった死体がたくさん出てきました。その中に母や二歳の妹の遺体もありました。あの日のことを伝えたいといろいろやってきました。しかし、目でみてわかる資料があまりないのが現状です。そこで空襲体験者のかたに絵をかいていただければと思って、この運動を提案させていただきました」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 「男ってみんなそうなんですか」という質問について。

 若い女性から「男ってみんなそうなんですか」という質問を受けました。
 「彼氏が、私というものがありながら、若い女性のいる店にいって飲んだ」というのが不満だというのです。

 新鮮な言葉でした。
 「愛について誠実に考えている女性だなぁ」
 そう思いました。

 僕自身は、そういう店は好みではありませんので、自分では、いきません。連れていかれた店に若い女性がいたということはありましたが、「やばいぜ」という感じで、そこの若い女性とはしゃぐということもありませんでした。
 六十代、七十代のママのいる店で、静かに、時には、はしゃいで飲むという感じです。

 「彼に、私は、あなたが、そんなとこに出入りするのはいやなのと思いをこめて話したらどうですか」
 と、その女性に、こたえました。
 せいいっぱいのフレー、フレーコールです。

 でも、男女の愛がいつもでも誠実で清らかに育つって難しいですね。

 僕も十九歳で、いまの妻と出会って、彼女が大学を卒業して就職した年の十月に結婚しました。誠実に暮らしてきましたが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 「若いころ ヒッピーだったの?」。のび過ぎた わが髪を見て二十歳の男性の質問。

 2009年4月19日。

 「若いころ ヒッピーだったの?」

 のび過ぎた わが髪を見て 

 二十歳、聞き来る

 おー、すごい。休み休みですが二時間もスポーツ。

 その後、温泉へ。

 そして、夜は、食事。

 若い衆、数人とのサークル活動です。

 その食事会での二十歳の男性の質問です。

 髪については無思想です。

 ただ、めんどくさくてのばしているだけです。

 近々、ばつさりやるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.21

高知市 四年制大学への編入試験に失敗した夢。

 いやな夢をみてしまいました。

 四年制大学への編入試験を受けていました。

 小論文のはずだったのに、なぜか細かい問題がたくさんでしています。

 つぎつぎと書いていきました。 

 しかし、「わーっ、時間がない」。

 けっきょく、半分しか解けませんでした。

 うわーっ、けっこう努力してきたんだけどなぁ。

 やっぱりスピードが落ちている。

 六十二歳だものな。

 うーん。

 起きたら、ネコがいるだけ。

 妻は、実家で「おとまり」です。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 庭のイチゴの楽しみ。

 三日前から、朝は、庭でイチゴとりをしています。

 畳ひとつくらいの広さの所に植えてあるイチゴが次々と赤い実をつけているのです。

 まず、畑に水をやりながら、イチゴの実を五つほど摘みます。

 水で洗ってカブ。

 これがおいしいのです。

 摘むスピードが遅いので、熟れたのが虫に食い荒らされているものもあります。

 きのうは、妻に声をかけました。

 「毎日、どんどん摘んで食べてよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 ブログ「短歌の花だより」を見てくれていた青年。

 「藤原さんってブログで高知短大のこと書いている人ですよね」

 高知短期大学がにいったら、日曜日に「お湯部」のスポーツの部で卓球を教えてもらった一年生が声をかけてくれました。

 「哲学」のような顔をした美少年です。

 「僕、ブックマークしているんですよ」と、携帯電話の、そのページを見せてくれました。

 ブログ「短歌の花だより」のことでした。

 いちおう、「あっ、そう」みたいな顔をしていましたが、うれしくて天にも昇る気持ちでした。

 「うわーっ。『短大存続』のホームページも担当しているので見てね。みんなでつくった映画も見れるから」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.04.22

高知市 ついさっき、メールをくれた青年へ。

 二〇〇九年四月二十一日。

 ついさっき、メールをくれた青年へ。

 返信のメールをしたけど、戻ってきました。
 で、ここで、返事します。

 今夜も、三十分だけピンポンの練習をしてきました。

 だんだん「運動時間」がのびているようで、うれしい。

 実は、この間の、レントゲンで「再検査」になっています。

 あす、みてもらいにいってきます。

 「もしかして、もう、あかんのでは……」

 こんな不安が、わいてきていますが、とにかく、いってきます。

 それと、そのうち、ブログ「短歌の花だより」アクセス十万件突破の、お祝い会をやりたいと思っています。そのときは、きてね。

 君のような青年と付き合えて、青年から学びとれるチャンスがあることが、うんとうれしい(最高にうれしい)。

  いま、二階で寝ていた妻(六十二歳)が、なぜか降りてきました。

 「あれ、帰ってたの」とかいって。

 それで、僕の横で、妻が、地域の老人会の総会の日程のことで何だかいっています。

 僕は、いまは副会長ですが、近々、会長に就任することになっています(昨年からの約束で……)。

 以下、いまやっていること。

 ● 平和資料館・草の家(高知市升形)の事務局員、研究員。

 ● 当面、戦争中の高知についてのビデオ番組の撮影にまいしん。

 ● 「高知の夏」の十数の平和企画を成功させるための事務局次長。

 ● 二つの月刊誌の編集長。

 ● 歌人として、せめて月十首の短歌の発表。

 ● 高知短期大学二年生として勉強にまいしん。

 ● 四年制大学に編入しようと受験勉強の真っ最中。

 ● 地域の老人会の関係者。

 妻からは「いろんなことをやり過ぎ」という正しい指摘を受けています。

 ムムムムムム……。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

高知市 週三回の「英語の時間」。

 四月から英語の時間が三回になりました。

 火曜日夜、高知短期大学で「英会話初級」。
 水曜日午前、生徒二人の個人授業で中学英語の文法。
 夜、高知短期大学で「英語Ⅱ」(リスニング、会話)。
 どれも、それぞれに面白い。

 一年後には、少しはしゃべれるようになっていると思います。
 フレーフレー、ヨシカズ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 カット、シャンプーで千二百円。大丈夫かなぁ。

 少し時間あいたので、理髪店へ。
 ぼうぼうで暑苦しいのです。

 「二センチくらいにしてくだい」

 カット、シャンプーで千二百円なり。
 こんなに安くてよくやっていけるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.23

高知市 「お富さん」って、どんな人だったの?

 くだんの理髪店に「お富さん」の歌が流れていました。

 なんとまぁ、僕が八歳くらいのときの歌です(一九五四年)。

 一、粋な黒塀 見越しの松に
   仇な姿の 洗い髪
   死んだ筈(はず)だよ お富さん
   生きていたとは お釈迦(しゃか)さまでも
   知らぬ仏の お富さん
   エーサオー 玄治店(げんやだな)

 二、過ぎた昔を 恨むじゃないが
   風も沁(し)みるよ 傷の跡
   久しぶりだな お富さん
   今じゃ呼び名も 切られの与三(よさ)よ
   これで一分じゃ お富さん
   エーサオー すまされめえ

 三、かけちゃいけない 他人の花に
   情かけたが 身のさだめ
   愚痴(ぐち)はよそうぜ お富さん
   せめて今夜は さしつさされつ
   飲んで明かそよ お富さん
   エーサオー 茶わん酒

 四、逢えばなつかし 語るも夢さ
   誰が弾くやら 明烏(あけがらす)
   ついてくる気か お富さん
   命みじかく 渡る浮世は
   雨もつらいぜ お富さん
   エーサオー 地獄雨

 なんか、「状況」がわからないのですが、どうなんでしょう。

 インターネットで探したら、このサイトに書いてありました。

 http://www2.rosenet.ne.jp/~spa/kabuki/html/ess/ess147.html
     

  147.玄冶店(げんやだな)

 
 春日八郎の「お富さん」が大ヒットしたのが、昭和29年のことだそうですから、もうこの歌謡曲を知っている人は少ないのかもしれません。でも歌詞の中の一部分「----死んだ筈だよお富さん、生きていたとはお釈迦様でも知らぬ仏のお富さん、ええさほう、玄冶店」という有名な文句だけは聞いたことがある、という人は結構いらっしゃるのではないかと思います。
 実はこの「お富さん」の歌詞は、歌舞伎ファンなら誰でも知っているというほど有名なせりふの一部なのです。「与話情浮名横櫛(よわなさけうきなのよこぐし)」源氏店(げんやだな)の場で、切られ与三郎と異名をとる"与三郎(よさぶろう)"がチンピラ仲間の"蝙蝠安(こうもりやす)"に連れられて小銭を強請(ゆすり)に入った妾宅に、かって自分の女だった"お富"が誰かの囲われ者として暮らしているのを見た"与三郎"が"お富"に向かって言うせりふです。
 妾宅の造りも歌にある通りの「粋な黒塀、見越しの松」のある「玄冶店」です。"お富"はといえば風呂上がりの、まさに「婀娜(あだ)な姿の洗い髪」です。
 鏡に向かって化粧をするお富からは、中年増の色気がたっぷりと発散される場面です。与三郎の体には全部で34ケ所の切り傷があるのですが、この傷ももとはと言えば、3年前、当時やくざの親分の妾だったお富と、人目を盗んで契りを結んだことがバレて切り刻まれたことによるものなのです。 

 (与三郎)もし、御新造さんえ、おかみさんえ、----お富さんえ、イヤサお富、久しぶりだなあ。
 (お富)そういうお前は。
 (与三郎)与三郎だ。
 (お富)えっ。
 (与三郎)おぬしァ俺を見忘れたか。
 (お富)え、------。
 (与三郎)しがねえ恋の情けが仇、命の綱の切れたのを、どう取りとめてか木更津から、めぐる月日も三年(みとせ)越し、江戸の親にゃァ勘当受け、よんどころなく鎌倉の、谷七郷(やつしちごう)は食い詰めても、面(つら)に受けたる看板の、疵(きず)がもっけの幸いに、切られ与三(よそう)と異名(いみょう)を取り、押し借り強請(ゆすり)も習おうより、慣れた時代の源氏店(げんやだな)、その白化(しらばけ)か黒塀の、格子作りの囲いもの、死んだと思ったお富たァ、お釈迦様でも気が付くめえ。よくまァおぬしは達者でいたなァ----。

 自分の意志とは関係なく、巧まずして男を迷わせ、男を虜にし、男の運命を翻弄する女。いい女。それが、お富なのです。
 なお、歌舞伎では「玄冶店」が「源氏店」となっていますが、この「玄冶店」というのは江戸の地名だそうです。場所は、現在の日本橋堀留町の辺りだそうですが、幕府お抱え医師"岡本玄冶法印(おかもとげんやほういん)"の屋敷跡で、ここに芝居関係の人が多く住んでいたということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.24

高知市 「目がかすむ」よ、イライラしています。

 昨夜から、「目がかすむ」という状態になりました。
 メガネは変えたばかりなのによく見えません。
 授業を受けていても、「見えない」のでイライラします。

 「眼科にいかなくては」と、思いだしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 腕相撲大会をやります。でも、やったことがないんですが……。

 高知短期大学の新入生歓迎行事「春の広場」で、「わたしたち」が、腕相撲大会を主催することになりました。

 いま、どういうふうにやるか模索中。
 何せ、「いまの僕」は軟弱。
 家のことでも力仕事はすべて妻にまかせているありさまですので……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.25

高知市 高知短期大学存続を求める学生の会の、いいスタート。

 今夜(四月二十四日夜)は、高知短期大学存続を求める学生の会の新年度最初の集まりがありました。

 高校を卒業したばかりの一年生が三人参加し、三人とも役員になってくれました(男性一人、女性二人)。
 専攻科生二人、二年生三人と、計八人の役員になりました。

 昨年より、ずいぶん早く、いいスタートを切ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 高知市の平和資料館・草の家の展示、三ケース分増えました。

 高知市升形の平和資料館・草の家の研究員をしています。
 四月二十四日は、草の家にいあわせた人たちで、新たな展示ケース三つを組み立てて、設置しました。

 ● 戦争の時代の写真ニュースにみる日本の侵略。
 ● 日本の侵略に反対した高知県の詩人・槇村浩さん。
 ● 侵略戦争の要員として教育された子どもたち。

 という三つの展示をつくりました。
 
 見にきてください。
 お待ちしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 女子師範学校の学生のころ、同市旭の工場で風船爆弾づくりの作業をさせられていたという女性。 

 実は、さっき、午後九時過ぎ、高知市の女子師範学校の学生のころ、高知市旭の工場で風船爆弾づくりの作業をさせられていたという高知市在住の女性と連絡がつきました。

 あす午前九時に、お会いできることになりました。

 お話を聞いていて胸が高鳴りました。
 「ウワー、そこのところ、知りたかったんですよ」

 いま、ビデオカメラの電池を充電しています。
 たっぷりビデオにおさめたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 美しいジャガイモの花が咲いたよ。

 朝、「僕の菜園」(畳にして四つくらいでしょう)にジャガイモの花が咲いているのを発見。
 美しい花です。
 写真に撮りました。

 ジャガイモの 花が咲いたよ
 四月末
 美を伝えたい カメラにおさめる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 名刺、三百枚ができてきました。

 名刺、三百枚ができてきました。

 実は退職後、名刺は、必要枚数だけパソコンでつくるということにしてきましたが、「社会」に打って出るのには「きちんとした名刺」が、必要だなと思い始めていました。
 やっぱり、「社会」に打ってでることにしました。

 明日から「三百枚の名刺」を使います。
 たぶん、二、三カ月でなくなると思いますが……。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.29

高知市 いの紙の博物館所蔵の風船爆弾用の紙。

 四月二十八日。

 午前中、職場。

 午後、いの町の、いの紙の博物館へ。
 高知師範学校女子部の生徒のとき、高知市旭の工場で風船爆弾づくりの作業をさせられていたYさんと一緒に、同館が所蔵している風船爆弾用の紙を見せていただくためです。
 コンニャクイモののりで加工されたもので、安芸市の城東製紙でつくられたことを示すエブがついていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 僕の希望校の編入試験は、六月二十七日(土曜日)です。

 四月二十八日。

 夜、編入の件である先生に会いました。
 僕の希望校の編入試験は、六月二十七日(土曜日)です。
 「臨戦態勢」に入る必要があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 高知短大の「春のひろば」、私たちも参加します。

 四月二十八日。

 二時間目の途中で体の異変に気がつきました。風邪をひいたようです。

 放課後、五月の「春のひろば」の一企画の相談会。一年生が五人もきてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 風邪気味でダウンです。

 昨日から風邪気味です。

 きょうは午前中、英語の個人レッスン(中学程度の文法。生徒計二人)を受けました。

 本屋によってから、家に帰ってダウン。夜九時ころまで寝込んでしまいました。

 妻に起こされて、夕飯をとらされた上、「これを印刷して」と使役されました。
 そして、「あす」の準備。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 「アジア歴史資料センター」のホームページ。日本帝国海軍の「引渡目録」があります。

 いま、ひんぱんに閲覧しているホームページは、「アジア歴史資料センター」のものです。

 「検索」に「引継目録 高知海軍航空隊」などと入れて検索しています。
 日本帝国海軍が終戦後、アメリカ軍に提出した海軍基地の概要をしめした文書です。

 今夜は、「窪川飛行場」の練習機配置図二枚を印刷しました。
 あす、ここ、高知県四万十町宮内の高知海軍航空隊第三飛行場跡にOKさんと一緒にいくのです。
 彼はカメラで、僕はビデオで掩体壕跡などを撮影するつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.30

高知市 東京の息子との四十分の電話での対話。  

 四月二十九日、夜中。

 いやーっ、やっと東京都の息子と電話で対話できました。

 いつも、彼は「僕の電話」に出ないのです。
 「おやじからだ。やだ、出ないでおこう」
 そう思って無視しているのがアリアリとわかります。
 なんか、父親が煙たいようです。
 ま、あたりまえだとも思います。

 この間も、出ないので、しかたなく、東京都の娘に電話しました。
 「上野でやっている展示で興福寺の阿修羅像のミニチュアを売っているので、五つ買って送って」

 息子のことは、けっこう気にかけています。愛しているのかもしれません。 

 息子は、高校時代は新新宗教の信者でした。
 浪人をして、東京から僕が単身赴任していた関西にやってきて、予備校に入り、大学に。
 いまの職場に就職しましたが、大学はドイツ語二単位を残して中退しています。
 彼が働いているのは、僕が四十年いた職場です。
 結婚しています。
 
 今晩は、気が向いたのか、電話に出ました。
 「いま、家だよ」
 彼の、いまやりたいこと、僕の仕事や編入のことなどをとりとめなく話しました。
 電話は、いつも数秒ですませる僕ですが、本日は四十分以上話しました。
 「きょうは、面白かったです」
 息子の言葉です。
 もしかして、彼って、けっこう、「いいヤツ」かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 高知海軍航空隊第三飛行場跡へ。地元の二人の話をビデオにおさめました。

 午前中、陶芸教室。
 お茶席用の茶わんをつくりました。

 十一時すぎ、OKさんと待ち合わせて、OKさんの運転で四万十町宮内へ。
 高知海軍航空隊第三飛行場跡の調査です。
 地元の人、二人に当時の様子を聞き、ビデオにおさめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 昨年夏から会ってなかったMAさんと会って、卓球をしました。

 夜、高知短期大学へ。
 一時間目はゼミ。マンツーマンの授業でした。
 二時間目は休講。

 校内で、昨年夏から会ってなかったMAさんと出会いました。
 彼女、二十二歳くらいです。
 僕と同じく二年生です(僕は二年で卒業予定。彼女は三年で卒業予定)。
 一年生の後期は休学していたMAさん。
  今年は、仕事の関係もあって、週に一回だけ授業を受けに来ているとのことです。家が遠いので大変です。
 
 「休講かい。卓球やろうよ」
 「やりましょう」
 ということで、体育館で卓球を教えてもらいました。
 元気なボールが飛んで来ました。

 元気になってよかった。
 いつだって僕は、あなたを応援しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »