« 高知県須崎市 人間魚雷・回天の壕跡をいくつもビデオ撮影しました。 | トップページ | 高知市 「男ってみんなそうなんですか」という質問について。 »

2009.04.20

高知県 「高知空襲を絵にしていただけませんか。」。第三十一回戦争と平和を考える資料展実行委員会(高知市升形)が募集中。

 本日の高知新聞朝刊でも報道されましたが、第三十一回戦争と平和を考える資料展実行委員会(高知市升形)がつぎのような募集をしています。

   ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 炎の海を逃げまどった体験
 高知空襲を絵にしていただけませんか。

 それは「皆殺し」の攻撃でした。
 一九四五年七月四日。アメリカ軍の爆撃機の群れが高知にやってきました。照明弾を打ち込み、夜中のまちを昼のように明るくしました。人や家を燃やす焼夷弾(しょういだん)や、人を殺すための爆弾を県民の上にどんどん落としました。
 まちは火の海になりました。その場で焼き殺された人たち、壕(ごう)に入っていて「蒸し焼き」にされた人たち、川に逃げ込んだ人たちもいましたが川もいたる所で燃え上がりました。
 私たちは「あの日のこと」、「戦争はこりごりだ」という思いを伝えていきたいと思います。
 もし、あなたが、その日、アメリカの爆撃機の攻撃の下にいた人でしたら、その惨禍を絵にしていただいて、私どもにお届けいただけないでしょうか。
 七月二日(木曜日)~九日(木曜日)の「第三十一回戦争と平和を考える資料展」(高知市立自由民権記念館)に展示させていただきます。
 絵の具や大きさは自由です。数行の説明文をつけていただけませんでしょうか(いつ、どこの状況か、そのとき作者はどこに住んでいて何歳だったなど)。締め切りは六月一日です。
 もうしわけありませんが、謝礼はありません。絵は、展示後、お返しいたします。
 勝手なお願いですが、よろしくご協力ください。

         二〇〇九年四月十三日

          第三十一回戦争と平和を考える資料展実行委員会

 ご連絡は、つぎの所にお願いいたします。

 平和資料館・草の家

 〒780‐0861 高知県高知市升形九の一一

 電話 088‐875‐1275 ファクス 088‐821‐0586

 Eメール GRH@ma1.seikyou.ne.jp 

 開館時間:午前9時~午後6時  休館日:水曜日・日曜日・祝日


 高知空襲の絵の募集についての岡村正弘実行委員長の(七十二歳)は、つぎのように語っています。
 「私は、高知市の第一国民学校の二年生でした。その夜、最初、母、妹と一緒に共同防空壕に入りましたが、その後、そこを抜け出して鏡川に逃げました。鏡川も燃えていました。空襲が終わって壕にいくと、壕はつぶれていました。みなで掘り起こすと黒焦げの死体やむし焼きになった死体がたくさん出てきました。その中に母や二歳の妹の遺体もありました。あの日のことを伝えたいといろいろやってきました。しかし、目でみてわかる資料があまりないのが現状です。そこで空襲体験者のかたに絵をかいていただければと思って、この運動を提案させていただきました」

|

« 高知県須崎市 人間魚雷・回天の壕跡をいくつもビデオ撮影しました。 | トップページ | 高知市 「男ってみんなそうなんですか」という質問について。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/44731056

この記事へのトラックバック一覧です: 高知県 「高知空襲を絵にしていただけませんか。」。第三十一回戦争と平和を考える資料展実行委員会(高知市升形)が募集中。:

« 高知県須崎市 人間魚雷・回天の壕跡をいくつもビデオ撮影しました。 | トップページ | 高知市 「男ってみんなそうなんですか」という質問について。 »