« 高知市 七月八日朝の高知新聞の読者のページに僕の短文が載りました。 | トップページ | 高知市 相対性理論についての説明。 »

2009.07.10

高知市  短歌十首 「今度は文学部文化財学科」。

 三カ月、専門ゼミで書きぬいた 小論文が二十四もある

 パソコンの小論文を携えて 編入試験の旅に出る夜

 二日間、ビジネスホテルにたてこもり 漢字、年号、何度も書いてる

 試験前、想定問題暗記する 早朝構内、演説口調

 小論文、設問一つ、得意枠 学んできたこと一気に書いてる

 性格でいいとこなどを聞かれてる 「知るに執よう」アピールしてる

  念送り開いた封筒のぞきこむ 「編入合格」入っていたよ

 「六十三。編入するの。ありえない」 中年娘の合格祝い

 「編入に合格したよ」のメール見て アメリカからは「むりせずがんばれ」

 編入の「保護者」の欄を何としよう 妻が「私」とサインをしたよ

|

« 高知市 七月八日朝の高知新聞の読者のページに僕の短文が載りました。 | トップページ | 高知市 相対性理論についての説明。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/45593875

この記事へのトラックバック一覧です: 高知市  短歌十首 「今度は文学部文化財学科」。:

« 高知市 七月八日朝の高知新聞の読者のページに僕の短文が載りました。 | トップページ | 高知市 相対性理論についての説明。 »