« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009.09.01

高知市  「あんたが、なんちゃーやらざったき選挙に負けた」という妻の言い分。

 総選挙結果で夫婦喧嘩をしています。と、いうより一方的に妻に攻撃されています。

 まず、八月三十一日朝。

 「あんたが、なんちゃーやらざったき選挙に負けた」

 妻のいいぶんです。

 実は「負けた」というのは間違いだと思っているのですが、僕の行動については根拠のある攻撃なので黙っていました。

 仕事、夜学と、疲れまわって夜中に家に帰ってくると、妻は同じ攻撃を繰り返します。しつこいやつです。

 「なんちゅーやらざったは言い過ぎ」

 「でも、ほとんどやらんかった」

 「あたるなよ。何か別のものにあたってくれ」

 やっぱり選挙は勝たないとだめですねえ。

 夫婦仲にまで亀裂が走ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 「女の心は 風です」。インターネットで「オモナ」を繰り返し聞いています。

 ブタブタと僕を攻撃した妻は、すっきりしたのか二階にいって寝ています。すっきりしないのは攻撃された僕です。うーーーーん。

 いま、僕は、インターネットで「オモナ」を繰り返し聞いています。

 いつか歌えるようになりたいなと思っています。とにかく、この歌詞を明るく軽快に歌えるのがすごい。

 もう少しして、朝から仕事で夜の授業もあるというのに、何という夜更かし……。

 

 おもな おもな いろじませよ
 어머나 어머나 이러지마세요
 あら あら こうしないでください

 よじゃえ まうむん かるでらんにだ
 여자의 마음은 갈대랍니다
 女の心は 葦だといいます

 あんでよ うぇいれよ むっち まらよ
 안돼요 왜이래요 묻지 말아요
 だめよ どうしたの 聞かないで

 といさん ねげ うぉなしみょん あんでよ
 더이상 내게 원하시면 안돼요
 これ以上 私を求めてはだめよ

 おぬる ちょうん まんなん たんしんにじまん ね さらんぎんごるよ
 오늘 처음 만난 당신이지만 내사랑인걸요
 今日初めて出逢ったあなたですが 私の愛なんですよ

 へよじみょん なみでお もるんちょかげっちまん
 헤어지면 남이 되어 모른척하겠지만
 別れたら 他人になって 知らないふりをするかもしれないけど

 ちょあへよ さらんへよ こじんまるちょろん たんしんぬる さらんへよ
 좋아해요 사랑해요 거짓말처럼 당신을 사랑해요
 好きです 愛してます 嘘みたいに あなたを 愛してます

 そそるそげ よんふぁそげ もっちん じゅいんごんぐん あにじまん
 소설속에 영화속의 멋진 주인공은 아니지만
 小説の中や 映画の中の 素敵な主人公ではないけど

 くぇんちゃなよ まるへばよ たんしん うぃへそらみょん たじゅるっけよ
 괜찮아요 말해봐요 당신 위해서라면 다줄께요
 平気です 言ってください あなたのためならば 全て捧げます

 おもな おもな いろじませよ
 어머나 어머나 이러지마세요
 あら あら こうしないでください

 よじゃえ まうむん ぱらみんにだ
 여자의 마음은 바람입니다
 女の心は 風です

 あんでよ うぃれよ ちゃっち まらよ
 안돼요 왜이래요 잡지 말아요
 だめよ どうしたの つかまえないで

 といさん ねげ ばらしみょん あんでよ
 더이상 내게 바라시면 안돼요
 これ以上 私に期待してはだめよ

 おぬる ちょうん まんなん たんしんにじまん ね さらんぎんごるよ
 오늘 처음 만난 당신이지만 내사랑인걸요
 今日初めて出逢ったあなたですが 私の愛なんですよ

 へよじみょん なみでお もるんちょかげっちまん
 헤어지면 남이 되어 모른척하겠지만
 別れたら 他人になって 知らないふりをするかもしれないけど

 ちょあへよ さらんへよ こじんまるちょろん たんしんぬる さらんへよ
 좋아해요 사랑해요 거짓말처럼 당신을 사랑해요
 好きです 愛してます 嘘みたいに あなたを 愛してます

 そそるそげ よんふぁそげ もっちん じゅいんごんぐん あにじまん
 소설속에 영화속의 멋진 주인공은 아니지만
 小説の中や 映画の中の 素敵な主人公ではないけど

 くぇんちゃなよ まるへばよ たんしん うぃへそらみょん たじゅるっけよ
 괜찮아요 말해봐요 당신 위해서라면 다줄께요
 平気です 言ってください あなたのためならば 全て捧げます

 そそるそげ よんふぁそげ もっちん じゅいんごんぐん あにじまん
 소설속에 영화속의 멋진 주인공은 아니지만
 小説の中や 映画の中の 素敵な主人公ではないけど

 くぇんちゃなよ まるへばよ たんしん うぃへそらみょん たじゅるっけよ
 괜찮아요 말해봐요 당신 위해서라면 다줄께요
 平気です 言ってください あなたのためならば 全て捧げます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.02

高知市 経済システムの分類で、社会主義は計画経済中心、資本主義は市場経済中心とする人がいますが……。

 経済システムの分類で、社会主義は計画経済中心、資本主義は市場経済中心とする人がいます。
 これは、どうも違う気がします。
 しばらく勉強してみたいと思っています。
 論点としては、つぎのことを考えています。

 一、 社会主義といえば、やはり、その理論の基礎を築いたマルクス、エンゲルスがどう考えていたのかということが、まず論ぜられなくてはなりません。 社会主義は計画経済中心だなんていっていたでしょうか。中学一年生のときから二人の著作は読んできましたが、そんなことを論じているところは、いまのところ知りませんが……。

 二、 もしかしたら、ここでいう社会主義というのは、ソ連でスターリンやらせていた経済体制のことでしょうか。あのような経済システムは、マルクス、エンゲルスがいった社会主義ではありません。これは、マルクス、エンゲルスが書いたことと、スターリンシステムの実際とを比較すれば容易に判断のつくことです。あの体制を社会主義だとして論をすすめていくのは暴論です。

 三、 それでは社会主義の経済システム、資本主義の経済システムを分類するとしたら、どういうことをいえはばいいでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.04

高知市 「空席通信」。このホームページがすごい。

 「空席通信」というホームページがあります。

 戦争中の文化についていろいろ調べていたら、何回も、この「空席通信」にいきあたりました。

 おすすめです。

 ページは、ここです。

 http://www.sakuramo.to/kuuseki/kuuseki.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.05

高知市 現代日本の資本主義の発展方向を時代の節目で考える。財界だけが「高笑い」する資本主義でいいのでしょうか。

 この一週間、現代の日本型資本主義の特徴について考えました。
 その中間的なまとめをしておきたいと思います。
 私は、このテーマを、私は、現実の日本経済を国民本位に発展させていくために、いまの日本の資本主義のどこを、どうただしていくべきかという観点で、論をすすめたいと思います。
 中曽根内閣以来の新自由主義の政策によって、日本の資本主義は大きく変化しています。
 そのため、あえて「現代の」ということで日本型資本主義の特徴を考えました。

 一、政治との関係

 日本の資本主義のリーダーである財界は、自分たちの利益を拡大するために直接、露骨に政治に働きかけて、その政策を実現していっています。このことも日本の資本主義の特徴の一つです。
 それは、財界ととしての政策提言や政府の各種審議会での提言をとおして実行されています。
 たとえば、財界は、政治に働きかけて労働法制の規制緩和をすすめ、安定した雇用を壊して、不安定雇用に置き換えてしまいました。
 大企業・大資産家は、政治に、大企業・大資産家への減税を要求し、その政策を実現させてきました。

 ニ、労働組合との関係

 日本の大企業は、働く者の権利を守ろうという労働者との関係では、基本的に勝利をおさめ、そのことを利用して労働者を支配しています。
 大企業は露骨に階級的な労働運動を敵視してきました。
 社内にインフォーマル組織などをつくって、「たたかう労働者」を「退治」するなど労働運動の根をたつように「努力」してきました。
 勝利の内容は、①多くの労働者を労働組合の「未組織」の状態に置いていること(組織率は20%を切りました)②労働組合といっても、その多くを企業内労組で労使協調路線に押し込めているということです。

 三、働かせ方

 日本の資本主義の特徴の一つは、労働者の働かせ方が乱暴だということです。
 かつて日本型資本主義の特徴の一つにあげられていた「終身雇用」、「年功賃金制度」がゆらいでいます。私たち、現在六十歳代のはじめの世代が経験した多くの大企業での「五十歳で追い出し」のやり方も、ゆらぎの一つでした。
 「使い捨ての」の不安定雇用が全労働者の三人に一人にまで広がり、年間を通じて働いても年収ニ百万円に満たない「働く貧困層」か一千万人を超えています。
 さんざん安い賃金で働かせ、不況になったらモノのように使い捨てる、その一方で、「サービス残業」「名ばかり管理職」など違法行為による長時間労働がはびこり、過労死・過労自殺が後をたたない--このような働かせかたになっています。
 そのため世界的な経済危機の影響が、日本では特に残酷な形で現れています。それは、貧困と格差が広がり、まじめに働き、つましくくらしてきた人たちが、失業や倒産、病気などで簡単に貧困に陥ってしまうという現れ方をしています。

 四、大企業が中小企業を支配

 日本には中小企業が多く、日本経済の基盤を支えていますが、大企業は、その多くを系列化、下請化してきました。
 その支配の仕方は、たとえばトヨタ自動車のジャストインタイムのように下請けにとって過酷なものとなっています。
 アメリカ発の経済危機のもと、大企業は、一方的な発注の変更など「下請け切り」もやっています。

 こうした四つの特徴を持った日本の資本主義の特徴は、端的にいうと財界だけが「高笑い」する資本主義だということです。
 いま、大企業は「赤字経営」とはいっても、内部留保が全体で二百三十兆円にのぼっています。製造大企業だけでも、内部留保を、この五年間に九十五兆円から百二十兆円へと二十五兆円も増大させています。

 今回の総選挙でも、こうした日本の資本主義のあり方を政治の方面からリードしてきた自民党、公明党は、国民から大きな批判を受けました。
 自民党候補が選挙中に“新自由主義は間違っていた。あらためるので支持を”と演説するという場面もみられました。
 その意味で、選挙後の日本は新しい資本主義の形を模索する時期に入ったと思います。
 新しい日本型の資本主義が、①財界の政治への介入にブレーキをかける、②労働者の要求を主張する労働運動の発展、③正規雇用があたりまえの安定した雇用の形成、④大企業の不当な圧力を排した中小企業の豊かな発展--という内容を含むものとして再生することを願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 大原幽学さんの先祖株、弾圧、切腹……。

 高知市の県立高知短期大学では、いま集中講義の真っ最中です。
 僕は、きょうから二科目目の「協同組合論」を受講しはじめました。

 先生が、大原幽学さんについて「所有地の一部を出資し、共同の財産をつくる協同組織の『先祖株』をひろめた」と解説してくれました。

 家に帰ってからインターネットで大原幽学さんについて調べてみました。

 大原幽学(おおはら・ゆうがくさん)は、1797年4月13日生まれで、1858年4月21日に死去しています。
 江戸時代後期の農政学者、農民指導者。天保期に下総国香取郡長部(ながべ)村(現千葉県旭市)を拠点に、先祖株組合(1838年)という農業協同組合を世界で初めて創設しました。
 武士階級の出身であったとみられています。
 幽学の語るところによると、18歳のとき、故あって勘当され、関西・四国を長く放浪していたといいます。
 知友から占い手法を身に付け占いをしていたこともあっとのことです。
 1831年、房総を訪れ、「性学」という、儒学を基礎とする独自の実践道徳を講ずるようになり、門人を各地に増やしていきました。
 その後、長部村に招かれ農村再興に努力することになりましたた。
 先祖株組合の創設のほかに、農業技術の指導、耕地整理、質素倹約の奨励、博打の禁止など、農民生活のあらゆる面を指導しました。
 「改心楼」という教導所も建設されました。
 1848年2月に、長部村の領主清水氏は、長部村の復興を賞賛し、領内の村々の模範とすべきことを触れています。
 1852年、反感を持つ勢力が改心楼へ乱入したことをきっかけに村を越えた農民の行き来を怪しまれ勘定奉行に取り調べられます。
 1857年に押込百日と改心楼の棄却、先祖株組合の解散を言い渡されます。
 5年におよぶ訴訟の疲労と性学を学んだはずの村の荒廃を嘆き、翌年、墓地で切腹して死亡しました。

 著作に「微味幽玄考」「性学趣意」があります。
 山本薩夫監督の映画「天保水滸伝 大原幽学 」(1976年)があるそうです。見たいですねぇ。

 大原幽学記念館もあります。

 http://www.city.asahi.chiba.jp/yugaku/yugaku/oyyugaku.html

 大原幽学さんのこと、少し調べてみたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.06

高知市 ネコのクニョの、ネコ語を聞きとる努力。

 県立高知短期大学の集中講義を受講して家に帰ってきたら、予定どおり妻は不在でした。

 昼間、「実家に泊まりにいく」と、いっていましたものね。

 ネコのクニョが二階から降りてきて、すり寄って来ました。
 泣き声によると「外に出たい」ということです。
 ドアを開けに行こうとすると、クニョは、さっさとドアの前に移動します。

 ドアを開けると、クニョは夜の闇に消えてました。

 そして、その半時間後、クニョは帰って来ました。
 こんどは、「何か食べたい」と、いっているようです。
 冷蔵庫を開けると大きなカニがいました。
 これをゆでて「二人」で食べることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.07

高知市 午前八時四十分から午後五時ころまで、「協同組合論」の授業でした。

 九月六日は午前八時四十分から午後五時ころまで、「協同組合論」の授業でした。

 いやーっ、パテました。

 家に帰って食事をして、それからいろいろあって耐えきれずに寝てしまいました。

 目が覚めたら午前零時前。

 『高知の戦争 証言と調査』の校正作業に入りました。

 妻が、僕が寝ている間に校正をしてくれていましたので、念のための作業です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 「大みんなでうたう会」があるんだよ。九月二十三日(祝)午後二時から四時半。

 「うたごえ」の集いがあるよ。
 「大みんなでうたう会」だって。

 きょうの午後、あの、かっての「僕らの時代」に数年続いた「うたごえ喫茶」の店長がチケットを持ってきてくれた。
 「すごいね。こんなことを計画してくれたんだ」
 僕の分だけでなく、君たちのも買ったよ。

 君の十八歳。
 あの、野外の高知市営プールの大うたごえ祭典。
 雨が降ってきたけど、傘なんて目じゃなくて、濡れるのなんかへっちゃらで、君と僕、あなたと、私、腕を組みあって歌ったね。

 みんなが、明日に向かって歩いていた、あのころ。
  みんな、世の中は、僕たちの努力さえあれば、新しい扉をつぎつぎに開いてくれると思っていた。

 ところが、僕は、いいかげんで、雨にびっしょり濡れて、君の乳房の形が、くっきり浮かび上がっているのを発見して、ドギマギしていた。

 何か、僕って、「思い」を隠せなくて、いつまでも聖人君子になれない。

 あのときの君が、たぶん六十一歳。
 あのときの僕が、確かに六十二歳。
 「大みんなでうたう会」に行こうよ。
 あのころの、みんなで。
 娘や、息子たちも一緒に。

 主催の高知センター合唱団は、九月二十二日が四十五歳なんだって。

 「大みんなでうたう会」

 九月二十三日(祝)午後二時から四時半
 高知市西部健康福祉センター
 参加費・千円(飲み物、軽食付き)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.09.09

高知市 大原幽学の共同・共助の思想と実践を考える。

 江戸時代の農民指導者・大原幽学(おおはら・ゆうがく。一七九七年四月十三日~一八五八年四月二十一日)の共同・共助の思想と実践についてのべます。

 大原は、一八三八年、下総国香取郡長部(ながべ)村(現千葉県旭市)を拠点に、先祖株組合という農業協同組合を世界で初めて創設しました。

 大原は、武士階級の出身で、十八歳のとき、故あって勘当され、関西・四国を長く放浪。一八三五年、下総国香取郡長部村(しもうさのくにかとりぐんながべむら)の名主(みょうしゅ)・遠藤伊兵衛に招かれてからは、ここを拠点としました。

 大原の指導によって、一八三七年、子孫永々相続講が発足しました。九十二人の門人が年二度の会合の際、一回百文を掛け、これを積み立てます。掛金は無限に続け、やむおえない事情で生活の困った門人に分相応の助成をします。つまり、共有財産に家の子孫永々相続をはかろうというものです。

 この相続講が、一八三八年、先祖株組合に発展します。これは、長部村など村単位で門人が、それぞれ金五両分の地株を差し出し、これを先祖面(先祖代々の土地)として共有制にする、その土地からの利得は無期限にこれを積み立て、子孫の相続に備えるという定款(ていかん)になっていました。
 当初は名主(なぬし)役筋の上層農民に限定されていましたが、大原の指導で下層農民にまで加入者が広がります。その際に自力では地株を拠出できない下層農民のために、大原門下の裕福な門下が、その土地の質主になって出資しました。
 この農村改革では、共有地だけでなく、農民の私有地においても、共同労働によって土地の集団化や耕地整理を実施しました。家屋も交換分合で整理された農地に接して建てられました。

 一八四八年、長部村の村役人、農民一同、領主清水氏から長部村は模範村として表彰されました。

 しかし、一八五二年、大原は、門人の急増、教導所の建設(一八五〇年)などを疑った関東取締出役の取調べを受けます。さらに、幕府評定所吟味(ぎんみ)に移されます。
 そして、一八五七年、評定所から大原のに百日押込(おしこめ)、教導所の取り壊し、先祖株組合の解散を言い渡されます。

 「当時の農民指導の限界を超えた発展が権力側の忌避するところにな」ったといいます(『甦れ土と協同』。北九東部農業協同組合)。

 大原は、江戸で謹慎していましたが、翌年、長部村に帰村し、墓地で切腹しました。

 「大原幽学の指導した先祖株組合は、その時代を超えるものであったがため、時の権力に圧殺されてしまった」(『甦れ土と協同』。北九東部農業協同組合)。

  しかし、現代の協同組合の運動を考えるにあたって、もう一度、光を当ててみていい実践だと思います。

 

  【参考文献】

 原田伴彦ら『人物日本の歴史 十四 豪商と篤農』。小学館。一九七五年十月三十一日。
 深谷克己『日本の歴史 六 江戸時代』。岩波書店。二〇〇〇年三月十七日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 短歌「夏休みの夜の県立高知短期大学」。

「全国に夜の短大、高知だけ」 県の指摘に「残さなくっちゃ」

日曜に七時間をも語り抜く集中講義の学の迫力

次々と「質問」「質問」さばきつつ ベテラン教師、両手で語る

あの江戸の幽学さんが提起した先祖株聞く コープの始祖か

アメリカの大草原の農村が壊されるさま背をのばし聞く

ニ十代、六十代も出席し 六十八の瞳かがやく

左手に、あごを乗せつつノートとる 元社長さん、明日を夢見る

「存続のつどいの準備急ごうね」 休み時間の短い対話

「人助け、職にしようか思案中」 あと半年で学舎出る友

明日、試験 幽学の本、積み上げて 眠気覚ましをグッと飲み干す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.11

高知市 わが家のネコ・クニョが外からネズミをくわえて家に入って来ました。

 ただいま夜十時、わが家のネコのクニョが外からネズミをくわえて家に入って来ました。

 妻は「キャーッ」、「いやちや」、「ウギャー」。
 顔色を変えて家中逃げ回っていました。

 僕は、それをヘラヘラ笑いながらパソコンに向かっていました。

   「そのためにネコをかったがやろう。ネズミがかわいそういうても、かわいそうやけど、しおがあるまい」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 Oさん(同年代の女性)ちのイヌが亡くなったそうです。

 何日か前にOさん(同年代の女性)ちのイヌが亡くなったそうです。

 二十年、生きたそうです。

 でも、この八カ月は「寝た切り。ダルマ状態」だったといいます。

 Oさん夫婦は、このイヌのなきごえをたよりに、要求を知り、介護し続けたいいます。

 優しいOさん夫婦。

 Oさんは、誰にたいしても、こんな優しさをしめしてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.12

高知市 アジロ山の二十四メートルの壕(ごう)。

Photo   九月四日、MAさん、FUさんと一緒に高知市のアジロ山に登りました。

 登山道のところの壕(ごう)を見るためです。

 ありました。

 MAさん、FUさんが中に入るとコウモリが次々と外に飛び出してきました。

 長さは二十四メートルほど。やはり、戦争のためにつくられたもののようですが……。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 美しい雲の写真。

Photo_2  九月十日、空の雲がきれいでした。

 こんな写真が撮れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知県津野町 「三魂の碑」の機械の一部は……。

 Photo_3

Photo_4 九月十一日、FUさんと僕は、地元・高知県津野町のNIさん(女性)の案内で天狗高原へ。「三魂の碑」を見にいきました。

 これが「三魂の碑」です。

 右側に機械の一部のようなものが……。墜落した偵察機「彩雲」の一部でしょうか。

 「三魂の碑」については、ここにくわしく書いてあります。

 http://fujihara.cocolog-nifty.com/tanka/2009/08/post-9fd3.html

| | コメント (1) | トラックバック (0)

高知市 天狗高原で見たマンジュシャゲです。

Photo_5  天狗高原で見たマンジュシャゲです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.13

高知市 台湾での自己紹介を考えています。

 近々、台湾に行きたいと思っています。

 中国語はまるでだめですので、せめて英語で自己紹介しようと思って準備を始めました。

My name is  Fujihara  Yoshikazu .

I am 62 years old.

I am Japanese.

The soldier of the emperor in our country invaded   your countries. And it was done that was very awful.

I apologize deeply.

I live in Kochi  Prefecture.

Kochi  is  the poorest in Japan.

I  have  lived  in  Osaka, Kochi, Tokyo, Hokkaido, Hiroshima, Nagano.

And, I  came  back  Kochi  again  several years ago.

After  all, I  think that Kochi is the best.

I like people in Kochi. Because they  are  very  warm  and  kind.

The many soldiers were gathered from all of Japan Kochi in around May, 1945 under the war.

The emperor thought that the U.S. Army would land on Kochi.

A lot of marks of the Japanese  army's bace still remain in seaside and mountains in Kochi.

They  had  special training to attack  against   U.S. Army at the  base.

I research how that was going.

I publish the magazine 'War testimony and survey in Kochi' since January this year. Volume 7 is being edited now.

I  live  with  my wife and my cat.

My wife teaches Japanese language to Japanese who came back from China.

It is volunteer.

Our female cat's name is "Kunyo "It is a meaning of "She" in Korean.

 Our  two children live in Tokyo.

My children are a daughter and a son.

Both are married.

My daughter has two daughters.

My grandchildren are  nine years old and five years old.

   I am a student of the Kochi junior college. .

I am a second-year , and study Social Sciences now.

I study the historical science, economics, and the law, and  so  on.

I work in daytime. And , I learn in the junior college at night.

I will graduate next spring.

I will enter a university next April.

I want to study archeology especially.

I want to study the history of the war and the history of peace.

My purpose is to build a peaceful world.

My hobby is to write the tanka, Japanese  Short poetry .

 

  ところで、これで通じるのでしょうか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.09.20

高知市 写真集・台北市への旅 その一 百一メートルからの夜景。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 写真集・台北市への旅 その二 旧・台湾総督府。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 写真集・台北市への旅 その三 鳳凰(ほうおう)の木の花。

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 写真集・台北市への旅 その四 公園の池のシラサギ。

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 写真集・台北市への旅 その五 日本の植民地下の国語家庭の認定証書。

Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 写真集・台北市への旅 その六 日本の植民地下の興亜奉公日の告示碑。

Photo_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.21

高知市 写真集・台北市への旅 その七 日本の植民地下の日の丸の寄せ書き。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.22

高知市 写真集・台北市への旅 その八 「博愛座って、ああそうか」。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 写真集・台北市への旅 その九 老若男女が水着で温泉。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 写真集・台北市への旅 その十 日本語も話すカンショ売りのおじさん。

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.23

高知市 本山町でのピースライブに向かう道。黄の稲と赤のマンジュシャゲがマッチしていました。

 九月二十一日昼から高知県本山町で「第二十三回ピースライブ イン こうち」(主催・ピース イン こうち 実行委員会)が開かれるということで午前九時、高知市内待ち合わせでOさんの乗用車で本山町へ(Nさんも一緒です)。

 行く先々でマンジュシャゲが咲いていました。
 刈り入れどきの黄の稲と赤のマンジュシャゲがマッチしていました。
 途中、土佐町ですごくきれいな段々畑を二か所見ました。

 昼ころから始まった「第二十三回ピースライブ イン こうち」はゆったりした感じで僕向きでした。
 最終のバスの関係で途中、午後五時過ぎにおいとましました。

 ところで、このライブには高知短期大学を今年卒業した地元の女性Sさんも来ていました。別の高知短期大学の先輩Nさんとバス停で帰りのバスを待っていたら「これ」といってすしの弁当を二人にくれました。
 バスの中でいただきました。Sさん、ありがとう。

 なお、ライブの内容は「ブログ高知」にアップしてあります。

 http://fujihara.cocolog-nifty.com/tanoshi/2009/09/s-f808.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 一九六〇年代の高知大学の学生で、よりよき未来を渇望していたみなさんへ。岡村徳長さんのことをご存じありませんか。

 一九六〇年代の高知大学の学生で、よりよき未来を渇望していたみなさんへ。

 朝倉に住んでいた岡村徳長(おかむら・とくなが)さんのことをご存じありませんか。

 僕も知っているはずなのですが、その息子の岡村虎彦さんのことしか、印象にありません。

 この二人は、僕のいまの研究にとって重要人物です。

 岡村徳長さんについて、思い当たることがあれば、教えていたただけませんでしょうか。

 岡村徳長さんのキーワードは、「ガダルカナル」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.24

高知市 「耕運機 進むまわりに シラサギが 十二羽群れて ついばむそぶり」。

  九月二十二日午後一時に、香南市野市町で朝鮮からの引き揚げの話を聞いて、また高知市へ。
 午後四時ころ、高知市大津の「ツバメ食堂」の前でこんなシーンを見ました。

 耕運機 進むまわりに
 シラサギが
 十二羽群れて ついばむそぶり

続きを読む "高知市 「耕運機 進むまわりに シラサギが 十二羽群れて ついばむそぶり」。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 同学年生がやせるための器具を二つ持ってきてくれました。

 九月二十二日午後四時二十分ころ、県立高知短期大学の同学年生のTAさん(男性。僕より少しだけ年上)がわが家に来訪。
 「おまんは、あんまりこえすぎやき」と、やせるための器具を二つ持ってきてくれました。

 ありがたくいただきました。
 ただいまの使用中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 映画「殿さま弥次喜多」のフレーズ、「真実を報道する幸運堂」。

 九月二十二日午後五時、すべりこみセーフで高知市の高知あたご劇場へ。
 映画「殿さま弥次喜多」です。

 この映画のデータは、以下のとおり。

 製作=東映(京都撮影所) 
 1960.01.15 
 6巻 2,156m 79分 カラー 東映スコープ
 企画 ..辻野公晴 小川貴也
 監督 ..沢島忠
 脚本 ..鷹沢和善 田村弘敏
 撮影 ..坪井誠
 音楽 ..鈴木静一
 美術 ..井川徳道
 録音 ..野津裕男
 照明 ..和多田弘
 出演 ..中村錦之助 中村賀津雄 丘さとみ ダーク・ダックス 阿部九州男 田中春男 沢村宗之助 千秋実 美空ひばり 杉狂児 大河内伝次郎 

 製作したころの日本の新聞社の「生態」が投影されていて愉快。
 「真実を報道する幸運堂」というフレーズも登場していました。
 どこかで聞いたフレーズです。

 この後、『高知の戦争 証言と調査』のゲラを筆者宅にポストインしたりと結構多忙な一日でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.25

高知市 あのころ一生懸命に世の中を変えようとがんばった高知大学の学生諸君へ。高知市の「うたう会」の話題です。

 九月二十三日午後、高知市内で開かれた「高知センター合唱団創立四十五周年 輝け九条! 暮らし良くなれ! うたごえは平和の力! 大みんなでうたう会」へ。

 高知センター合唱団は、九月二十二日で満四十五歳だったそうです。

 僕も、数カ月、ここの団員でした。

 「うたう会」は、百四十二人の集まりでした。

 「池本さん」という男性が「若者たち」を歌いました。

 彼のメッセージが、すっごくよかった。こんな趣旨でした。

 〝徳島県出身ですが、一九六八年に高知大学に入学。児童文化研究会で人形劇などをやりました。そんなころ映画『若者たち』のポスターが学内にはられていました。『若者たち』の俳優・山本圭さんが高知大学を訪問するということもありました。うたごえに出会いました。教師として三十七年間働き、定年になりましたが、教師生活をささえてくれたのが、あのころのうたごえでした〟

 僕は、二カ月前に高知大学をやめて高知民主商工会で働いていました。

 一学年下の高知市の四国文映社の社長の馴田正満さん、いの町在住の著名人・本多公二さん、校長をやめたのにまだ働いていYさん(女性)、東京在住でただいま外国出張中のIさん(女性)、この会で歌いまくっていた大古閑恵(おおこが・めぐみ)さん(男性)は三年生でした。おっと、わが地域の老人会で活躍中の矢野尋子さんも三年生でした。

 同じく三年生だったUさん(女性)のことは児童文化研究会でしたので「池本さん」も、ご存じだと思います。

 彼女は病気で亡くなりました。

 この夏、韓国にいったとき、彼女とそっくりの人と出会いました。その若い女性を見つめてなみだ目になっていました。

 「なんだ、変なおっさん」と思われたことでしょう。

 会では、あの高知市営プールの土砂降りの中の四国のうたごえ祭典のことも語られました。

 あの輪の中にいた、高知大学の仲間たち。いま、どうしているのでしょうか。

 一度、みんなで集まって「うたう会」をやりたいものですね。

 やろうか。正月の二日あたりに。高知市で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 うれしいですね。県立高知短期大学は、九月二十四日夜から後期の授業が始まりました。

 うれしいですね。県立高知短期大学は、九月二十四日夜から後期の授業が始まりました。

  この日は、けっこう、いそがしい日でした。

 午前中、本日締切の原稿を書いて送信。

 午後、会議。

 そして、高知短期大学に駆け込みました。

 喫煙所に顔を出したら同学年の三十一歳くらいの女性・NAさんがこういいました。

 「タバコは、もう十日間もすってない」

 「うおー、すごい、ずっと続けや」

 それから、何人もでビラ配布。二十七日の「県立高知短期大学存続を求める音楽とトークのつどい」のお知らせです。

 一時間目は何を受けようかと迷った挙句、パソコンのデーターベースづくりの授業に。なんとかついていけそうな感触です。

 二時間目は社会科学演習で内容は環境問題。かなり勉強しないと大変な感じです。

 そして、「つどい」の実行委員会の会議に顔を出しました。

 最後はピンポン部に。十五分でしたが汗だくに。

 おっと、ピンポン部の一年生の女性(たぶん僕よりはずっと若いと思います。動きが俊敏です)からジャージの下をいただきました。ありがとうございました。何か、このところもらってばかりです。

 夜中、ひさしぶりに、しつこくパソコンに向かっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 「広島の八月六日」(今井たかし、ローズ麻美 )という歌。

 実は、九月二十三日夜、先輩のOさんと飲みました。
 この間、NIさんからいただいた数百冊の本を乗用車で家に運んでいただいたお礼のつもりでしたが……。

 一軒目も二軒目も客は僕たち二人だけでした。
 二軒目にはカラオケがありましたが、歌うのは僕だけ。
 十分に歌わせていただきました。
 「オモナ」は、あれほど聞いたのに、まだまだ歌えません。

 ここで「広島の八月六日」(今井たかし、ローズ麻美 )という歌があることを「発見」しました。
 店でCDを探そうと思っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

高知市 「むらさき花だいこんさん」へのお返事。台湾で買った若い「つれあい」のために「みょうとコーヒーカップ」。

 「むらさき花だいこん」といえば、昨年、「その人の息子さん」と文通で知り合いになりました。

 実は僕も、「むらさき花だいこん」の大ファンです。

 ところで、近況です。

 最近、台湾に行きましたが、知り合いの若い「つれあい」のために「みょうとコーヒーカップ」のような物を買ってきました。
 「永結同心 情人対杯組」
 ケースには、こう書いてありますので、そんな物だと思います。

 一生連れ添うなんて、かなり辛いことだとは思います。
 でも、いっちょう、勢いでやってみてください。
 僕みたいに「ふらふら」してはいけません。
 お互いに思いあって、お互いに「つれ」にまさる魅力的な異性なんか「存在していない」と思いこんで、猪突猛進して、百数十歳までは生きられない長くもない人生を悔いなく終えることを期待しています。

 何か、やけっぱちなメッセージになってしまいましたね。
 でも、これが僕の「心」の実情です。

 わが家の「つれ」は、三時間ほど前に「明日、早いから、もう寝るを。ネコが帰ってこないからドアは開けとくね。よろしく」といって二階にあがって寝ています。

 彼女は、明日の日本をめざす仕事、地域の老人会の仕事、退職婦人教職員のあつまりの仕事、元「残留孤児」のための日本語の指導の仕事、父母のケア、パソコン教室での学び、新日本婦人の会の体操や料理……と、高知の街を自転車でとびまわっています。

 つくづく「えらい人やなぁ」と感激している日々です。彼女のすごさは「私心」がないことです。すべてが「誰々のために」という感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.28

高知市 県立高知短期大学の後期授業の二日目。

 九月二十五日夜、高知短期大学の後期授業の二日目。

 一時間目は「芸術文化論」、二時間目は「キャリアデザイン」にしました。

 一時間目の先生は、すごい俳人です。俳句をつくれるようになりたいというのが目標です。

 二時間目の、わが目標は、過去六十二年の「わが人生」を総括し、「つぎへの道」を確定していくということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 高知県須崎市の人間魚雷・回天の基地にいた男性と、その家族(妻、娘、その夫)を案内して元の回天基地に。

 九月二十六日、岡山県からいらっしゃった高知県須崎市の人間魚雷・回天の基地にいた男性と、その家族(妻、娘、その夫)を案内して元の回天基地に。

 この件については、のちほど続報。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 よかったね、「県立高知短期大学存続を求める音楽とトークのつどい」。

 最近は「ビラ屋」をやっています。
 いろんな分野のビラやポスターの版下をつくっています(ボランティアです)。

 「県立高知短期大学存続を求める音楽とトークのつどい」のビラの版下もつくらせていただきました。

 【あの「春の嵐」(♪僕の心は熱く燃えて2人は炎の中…)の堀内佳さんと共に
 県立高知短期大学存続を求める音楽とトークのつどい

 日本に一つの「働きながら学ぶことのできる夜の短期大学」をなくそうという動きがあります。「とんでもない。この県民の宝を守り、もっとよい学び舎にしていきましょうよ」というつどいです。音楽は、シンガーソングライターの堀内さんの一時間余の演奏です。堀内さんは一歳の時、全盲になりました。五歳で中村市の親元を離れ、高知市の県立盲学校に入学。中学時代に独学でギターを弾き始め、曲をつくりだしました。今、「前向きに生きることのすばらしさ」をテーマに各地でコンサートを開いています。入場は無料です。

 主催・高知短期大学学友会 、同存続を求める学生の会

 9月27日(日)午後1時半~4時
 高新文化ホール(高知市本町3丁目、「高知城前」電停北側の高知新聞放送会館東館7階)

 ○ 第1部 堀内佳さんの演奏とトーク
 ○ 第2部 高知短期大学の存続運動の報告と討論】

 このビラ、版下をつくっただけでなく、できたビラを会場周辺を、何日も、独りで配布もしました。
 知事の「お家」にも配布させていただきました。

 そのうちに、僕の行く先々で、このビラを何枚も「もらう」ようになりました。
 うれしかったですねー。

 二十七日当日は、計三人の学生とともに、このビラを拡大コピーしたものを掲げて「会場は、こちら」と案内しました。

 それが終わると、催しのカメラマンに早変わり。
 「冷静に感動しながら」シャッターを切り続けました。

 事前には企画をする人々、出演者、司会などへのお願い、ビラを配布する人々、カンパを集める人、舞台の横断幕を用意する人、当日に配布する資料をつくる人などいろんな人が参加しました。

 当日も、会場案内、舞台の横断幕を設置する人、受付(数人)、音響担当、照明担当、出演者とそのスタッフ、司会、発言者(六人)、カンパの係……。

 数十人が支えてつどいが開かれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.30

高知市 仙台市在住の歌う弁護士・加藤雅友さんのホームページができていました。

 仙台市在住の歌う弁護士・加藤雅友さんのホームページができていました。
 ここです。

 http://k-masatomo.com/index.html

 訪問してみませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »