« 高知市 本山町でのピースライブに向かう道。黄の稲と赤のマンジュシャゲがマッチしていました。 | トップページ | 高知市 「耕運機 進むまわりに シラサギが 十二羽群れて ついばむそぶり」。 »

2009.09.23

高知市 一九六〇年代の高知大学の学生で、よりよき未来を渇望していたみなさんへ。岡村徳長さんのことをご存じありませんか。

 一九六〇年代の高知大学の学生で、よりよき未来を渇望していたみなさんへ。

 朝倉に住んでいた岡村徳長(おかむら・とくなが)さんのことをご存じありませんか。

 僕も知っているはずなのですが、その息子の岡村虎彦さんのことしか、印象にありません。

 この二人は、僕のいまの研究にとって重要人物です。

 岡村徳長さんについて、思い当たることがあれば、教えていたただけませんでしょうか。

 岡村徳長さんのキーワードは、「ガダルカナル」です。

|

« 高知市 本山町でのピースライブに向かう道。黄の稲と赤のマンジュシャゲがマッチしていました。 | トップページ | 高知市 「耕運機 進むまわりに シラサギが 十二羽群れて ついばむそぶり」。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/46294831

この記事へのトラックバック一覧です: 高知市 一九六〇年代の高知大学の学生で、よりよき未来を渇望していたみなさんへ。岡村徳長さんのことをご存じありませんか。:

« 高知市 本山町でのピースライブに向かう道。黄の稲と赤のマンジュシャゲがマッチしていました。 | トップページ | 高知市 「耕運機 進むまわりに シラサギが 十二羽群れて ついばむそぶり」。 »