« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009.10.01

高知市 詩「わおーっ、僕の脈拍数」。

  九月二十九日の詩です。

 わおーっ、僕の脈拍数 

 突然、六十五が百三十に飛びあがってしまう。
 僕の脈拍数。
 何度も違う病院で検査してもらっても「異常ありません」。

 もしかしたら、うん、たぶん、あれかもね。
 青春ってやつにつきものの……。

 「お歳は?」だって。
 ウン、六十二歳と七カ月だけど。
 それで、そのことに、何か問題点がありますか?

 六十歳以上の男性は恋をしないとでも思っているのかな。
 君って、もしかして、まだ子ども?

 【九月三十日、少しだけ年上の職場の先輩・伊藤重道さんが死亡したとの知らせを受け取りました。早すぎました。もっともっと、やりたいことがあったでしょうに……】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 「いくつかの 記事と本とを 世に出して」。

 いくつかの 記事と本とを 世に出して

 君はみまかる

 九月の末に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.02

高知市 「母親は子どもが学校に行くまで家庭にとどまるべきではないかという意見」について、あなたの意見を英語でのべなさい。

「母親は子どもが学校に行くまで家庭にとどまるべきではないかという意見」について、あなたの意見を英語でのべなさい。

Many  people say mother stay at home until their children go to school.
  But, I think  that this problem is no only  for  mother.
  I think that one of parents  should  stay at home until their children go to school.
 The child care is very valuable.
 However, some problems  are here.
 We should  make society  so  that we can live by the only wife’s or hasband’s income.
  It is an obligation of the nation to make up such a society.

私は、問題を母親だけにしぼらないほうがいいと思います。

私は、子どもが学校に行き出すまでは、両親のうちの一人が、家庭にいたほうがいいと思います。

子育てには、それだけの価値があります。

 でも、ここには解決すべき問題があります。家計のやりくりは一人だけの収入で可能だというような社会が必要です。

 そんな社会をつくりあげるのが国家の責務です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.05

高知市 戦争中の高知商業学校の塀にある爆弾の跡。

 十月二日。

 MAさんの案内で戦争中の高知商業学校の塀にある爆弾の跡を見せていたただきました。
 FUさんも一緒でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 宇佐海軍航空隊であの特別攻撃機・桜花(おうか)に乗るための訓練をしていた人の話。

 十月三日。

 十四歳で日本帝国海軍に志願したOさん(高知市在住)の話を聞きました。
 大分県の宇佐海軍航空隊で、あの特別攻撃機・桜花(おうか)に乗るための訓練をしていたとのことです。訓練の様子をくわしく教えていたただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 県立高知短期大学は「温かい優しい希望の光」。杉本由美さんの高知新聞の投書。

 十月五日。

 わーっ、県立高知短期大学の先輩、今年卒業したばかりの杉本由美さん(53。本山町大石)が高知新聞の読者の欄に「不登校と短大存続」という文章を書いていました。
 県立高知短期大学のことを「温かい優しい希望の光」と表現しています。
 そのとおりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 えっ、あの人が……。高知県の伊野小学校、伊野中学校の同学年生でした。

 十月五日。

 県立高知短期大学の後輩、ある一年生の女性とは、運動のサークルで一緒です。 
 俊敏な動きで、「僕より十歳以上は下の人かな」と思っていました。

 本日、ある人が教えてくれました。
 彼女は、僕が卒業した高知県の伊野小学校、伊野中学校の同学年生だとのことです。
 「ふえーっ。すごい若々しい人だなぁ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.07

高知市 未知の高知県下の高校二年生の女性から電話。うれしかったよ。

 きょう、十月六日、携帯電話に、未知の「高知県下の高校二年生」の女性から電話をいただきました。

 彼女は、昨日、十月五日に高知新聞に載った県立高知短期大学の先輩、今年卒業したばかりの杉本由美さん(53。本山町大石)の投書「不登校と短大存続」を読んだようです。
 彼女の電話の要旨は、つぎのとおりです。
 「大検に合格しました。さ来年、高知県立高知短期大学を受験したいと思っています。高知短期大学から四年制大学に進み、将来は教師になりたいのです。でも、そのころまで、高知短期大学はあるでしょうか」

 いま、存続のための「つめ」をしているところです。
 残したいです。あなたのような後輩のために。

 僕は、最近、ちょっと、「自己中的」、「自己懐疑的」になってフラフラしていましたが、あなたの電話に励まされて、高知短期大学存続のためにがんばります。僕たちの生きて学んでいる意味や、あなたや、あなたたちのために。

 思いっきり勉強して、はばたく力を強くして世の中に出て行く、すばらしいことだと思います。
 そのために、私たちの「夜の短期大学」は、すごい温かい手を差しのべてくれます。

 ちなみに、存続運動で一生懸命だった高知短期大学の女学生が、最近、四年制大学の編入試験に合格しました。今夜、高知短期大学の授業が終わったあと、一階のろうかの所で彼女を囲んで「よかったね」「がんばってね」と語り合いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 「次々と 冷蔵物を ぶち込んで……」。

 次々と 冷蔵物を ぶち込んで
 かずつくってる
 妻の旅行日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 台風十八号接近。ただいま、われわれは「暴風域」にいます。

 本日は台風の気配。

 午前十時から午後四時ころまでパソコン教室。

 家に帰って来て少し休んで高知県立高知短期大学へオートバイで向かったのですが、橋の上で五十センチほど、ずるっと吹き飛ばされました。

 一時間目の「経済学Ⅰ」はやりました。窓ガラスが風でガタガタいっています。二時間目の「英語Ⅱ」は休講。

 帰りは、風が強くなっていてオートバイのスピードを落として走って帰りました。

 家に帰ったら、徳島に行っていた妻が帰っていました。
 すべての雨戸を閉めてました。

 僕は、台風のニュースを聞きながら明日の英語塾の予習。いつものとおり、三枚の問題を解きました。解けない所もあるけど、明日の朝考えることにしましょう。

 ただいま午後十時五分、われわれは「暴風域」にいます。雨はやんでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.11

『歌集 永国寺町の夜の教室から』 藤原義一  【読んでいただけるかたへ】

 二〇〇九年十一月十八日に、これを書いています。
 高知市大津在住、夜の学び舎、県立高知短期大学社会科学科の二年生です。
 昼間は、市内の平和資料館・草の家の事務局員として働いています。
 妻と二人暮らし。メスネコのクニュ(韓国語で「彼女」)も一緒です。
 隣の棟には弟がいます。妻の父母、弟夫婦たちも市内に暮らしています。娘夫婦とその娘たち二人、息子夫婦は東京都にいます。
 二〇一〇年四月には香川県さぬき市志度の徳島文理大学文学部文化財学科の三年生になります。
 アパートを借りるつもりです。
 妻は「週一回はアパートに行く」と宣言しています。
 「そんなに来なくてもいいよ」と思っているのですが……。僕は、なかなか自由にははばたけません。
 そんな僕の十二冊目の歌集です。
 タイトル『歌集 永国寺町の夜の教室から』 です。

 永国寺町は、高知市の県立高知短期大学のある所です。

     二〇〇九年十一月十八日
         
             藤原 義一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『歌集 永国寺町の夜の教室から』 藤原義一   【二〇〇八年前期】

 二〇〇八年四月六日、県立高知短期大学入学式。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『歌集 永国寺町の夜の教室から』 藤原義一   【二〇〇八年夏休み】

 二〇〇八年八月一日から九月二十三日まで県立高知短期大学は夏休み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『歌集 永国寺町の夜の教室から』 藤原義一   【二〇〇八年後期】

 二〇〇八年九月二十四日、県立高知短期大学は後期に入りました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『歌集 永国寺町の夜の教室から』 藤原義一   【二〇〇八年度春休み】

 二〇〇九年三月二十日から四月五日まで県立高知短期大学は春休み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『歌集 永国寺町の夜の教室から』 藤原義一   【二〇〇九年度前期】

 二〇〇九年四月五日、県立高知短期大学は入学式。入学者には、落雷事故裁判で勝利した北村光寿さんも。僕は、二年生に。前期の受講科目は「社会学Ⅰ」、「国際経済論Ⅰ」、「英語Ⅲ(会話初級)」、「国際法Ⅰ」、「経済学Ⅱ」、「英語Ⅱ」、「社会科学演習Ⅲ」、「農業経済論」、「経営学Ⅰ」、「自然科学」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『歌集 永国寺町の夜の教室から』 藤原義一   【二〇〇九年度夏休み】

 二〇〇九年八月六日から県立高知短期大学は夏休み(九月二十日まで)。
 八月八日、九日、長野県松本市での第十三回戦争遺跡保存全国シンポジウム松本大会に参加。九日の分科会でリポートを発表。
 八月十四日、この日付の読売新聞朝刊が、妻・藤原尋子(ふじはら・ひろこ)と父・矢野統一(やの・とういち)のことを取り上げてくれました。二十七面トップで、見出しは「父娘が伝える『海の特攻』 国に命ささげた青春 戦争は無残 体験記を出版へです。その日のうちから、富山県、東京都、埼玉県、大阪府、兵庫県の全国の読まれた方から電話、手紙、はがき、メールで激励や問い合わせがありました。
 八月十九日~二十三日、二〇〇九年度高知短期大学・韓国晋州(チンジュ)産業大学社会人学生交流に参加しました。訪問先は、プサン、チンジュなどです。日本側は、教官三人、OB十人、学生十三人の計二十六人でした。学生で男性は僕だけです。
 高知短期大学学友会 、同存続を求める学生の会で、九月二十七日午後、高知市の高新文化ホールで「県立高知短期大学存続を求める音楽とトークのつどい」を開くことに。僕は、このつどいのビラの版下をつくらせてもらいました。
 【あの「春の嵐」(♪僕の心は熱く燃えて2人は炎の中…)の堀内佳さんと共に
 県立高知短期大学存続を求める音楽とトークのつどい

 日本に一つの「働きながら学ぶことのできる夜の短期大学」をなくそうという動きがあります。「とんでもない。この県民の宝を守り、もっとよい学び舎にしていきましょうよ」というつどいです。音楽は、シンガーソングライターの堀内さんの一時間余の演奏です。堀内さんは一歳の時、全盲になりました。五歳で中村市の親元を離れ、高知市の県立盲学校に入学。中学時代に独学でギターを弾き始め、曲をつくりだしました。今、「前向きに生きることのすばらしさ」をテーマに各地でコンサートを開いています。入場は無料です。】
 八月三十日から九月十二日まで県立高知短期大学の夏季集中講義。僕は「現代社会論」、「協同組合論」を受講。
 八月三十日、衆議院議員選挙、投開票。

 九月二十一日午後、本山町での「第二十三回ピースライブ イン こうち」(主催・ピース イン こうち 実行委員会)に参加。

 九月二十二日午後、県立高知短期大学の同学年生のTAさん(男性。僕より少しだけ年上)がわが家に来訪。「おまんは、あんまりこえすぎやき」と、やせるための器具を二つ持ってきてくれました。
ありがたくいただきました。

 九月二十三日午後、高知市内で開かれた「高知センター合唱団創立四十五周年 輝け九条! 暮らし良くなれ! うたごえは平和の力! 大みんなでうたう会」へ。高知センター合唱団は、九月二十二日で満四十五歳だったそうです。僕も、数カ月、ここの団員でした。「うたう会」は、百四十二人の集まりでした。「池本さん」という男性が「若者たち」を歌いました。彼のメッセージが、すっごくよかった。こんな趣旨でした。〝徳島県出身ですが、一九六八年に高知大学に入学。児童文化研究会で人形劇などをやりました。そんなころ映画『若者たち』のポスターが学内にはられていました。『若者たち』の俳優・山本圭さんが高知大学を訪問するということもありました。うたごえに出会いました。教師として三十七年間働き、定年になりましたが、教師生活をささえてくれたのが、あのころのうたごえでした〟。僕は、彼の入学の二カ月前に高知大学をやめて高知民主商工会で働いていました。

   戦争遺跡保存全国シンポジウム松本大会

 リポートは十六ページ、六十部
 バッグにつめて
 高速バスに

 「いらっしゃい。戦跡保存の集いです」
 松本駅の
 歓迎の幕

 江戸の世の 手を握り合う 男女像
 道端にいて
 松本や、よし

 「強姦(ごうかん)し、乳房切り取り、食べた兵」
 調査を示す
 中国女性

 「女の子の手も握らずに死ぬのかよ」
 十五の特攻
 静かに語る

 「わが島」の 日本軍の 基地の写真(え)を
 示してくれる
 チェジュド(済州島)の青年

 丸太敷き 滑走路のこと 告げている
 「知らなかった」の
 声も上がって

 「この技術、僕もほしいね。急がなきゃ」
 地下工場の
 測量図見る

 「軍神」像 四十体も 見つけたと
 復活のさま
 例示する男性(ひと)

 両腕に 資料抱えて
 帰路につく
 「また、明日から 取材に歩こう」

   韓国の国立扶余(ふよ)博物館

 ごっくんと 唾(つば)のみこんで 仏像(ほとけ)撮る
 「写真OK」
 扶余(ふよ)の優しさ

 韓国で 「オモナ」のリズム 好きになり
 「また会おうね」と
 手を振っている

   夏休みの夜の県立高知短期大学

 日曜に 七時間をも 語り抜く
 集中講義の
 学の迫力

 次々と 「質問」「質問」 さばきつつ
 ベテラン教師
 両手で語る

 あの江戸の 幽学さんが 提起した
 先祖株聞く
 コープの始祖か

 アメリカの 大草原の 農村が
 壊されるさま
 背をのばし聞く

 ニ十代、六十代も出席し
 六十八の
 瞳かがやく

 左手に、あごを乗せつつ
 ノートとる
 元社長さん、明日を夢見る

 「人助け、職にしようか思案中」
 あと半年で
 学舎出る友

 明日、試験
 幽学の本、積み上げて
 眠気覚ましを グッと飲み干す

   県立高知短期大学存続運動秋の陣へ

 「全国に 夜の短大、高知だけ」
 県の指摘に
 「残さなくっちゃ」

 「存続の つどいの準備 急ごうね」
 休み時間の
 短い対話

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『歌集 永国寺町の夜の教室から』 藤原義一   【二〇〇九年度後期】

 二〇〇九年九月二十四日、県立高知短期大学は後期に入りました。受講科目は「国民所得論」、「地域史」、「英語Ⅲ(会話初級)」、「国際法Ⅱ」、「経済学Ⅰ」、「英語Ⅱ」、「経営情報システム論Ⅱ」、「社会科学演習Ⅰ・Ⅱ」、「芸術文化論」、「キャリアデザイン」。
 九月●日から●日まで台湾にいってきました。二十代、三十代、六十代の男性三人の旅行でした。

 九月二十六日、岡山県からいらっしゃった高知県須崎市の人間魚雷・回天の基地にいた男性と、その家族(妻、娘、その夫)を案内して元の回天基地に。
 九月二十七日午後、高知市の高新文化ホールで「県立高知短期大学存続を求める音楽とトークのつどい」(主催・高知短期大学学友会 、同存続を求める学生の会)。
 十月一日、高知大学が二〇一〇年度人文学部の第三年次編入学の合格者を発表しました。わーっ、県立高知短期大学存続運動を熱心にやっているUさん(女性)も合格していました。
 十月三日、十四歳で日本帝国海軍に志願したOさん(高知市在住)の話を聞きました。大分県の宇佐海軍航空隊で、あの特別攻撃機・桜花(おうか)に乗るための訓練をしていたとのことです。訓練の様子をくわしく教えていたただきました。
 十月五日、高知新聞の読者の欄に県立高知短期大学を今年卒業したばかりの杉本由美さん(53。本山町大石)の「不登校と短大存続」という文章を書いていました。県立高知短期大学のことを「温かい優しい希望の光」と表現しています。
 同日、県立高知短期大学の同学年の女性が、僕とピンポン部で一緒の一年生の女性のことを教えてくれました。彼女は、僕が卒業した高知県の伊野小学校、伊野中学校の同学年生だとのことです。俊敏な動きで、「僕より十歳以上は下の人かな」と思っていました。
 十月六日、携帯電話に、未知の「高知県下の高校二年生」の女性から電話をいただきました。彼女は、前日、十月五日に高知新聞に載った杉本由美さんの投書を読んだようです。彼女の電話の要旨は、つぎのとおりです。「大検に合格しました。さ来年、高知県立高知短期大学を受験したいと思っています。高知短期大学から四年制大学に進み、将来は教師になりたいのです。でも、そのころまで、高知短期大学はあるでしょうか」。いま、存続のための「つめ」をしているところです。残したいです。あなたのような後輩のために。
 十月七日、台風十八号接近。一時間目の「経済学Ⅰ」は、やりました。窓ガラスが風でガタガタいっています。二時間目の「英語Ⅱ」は休講に。
 十月八日、香川大学法学部、経済学部が二〇一〇年度三年次編入試験の合格者を発表。同学年のIさんも合格しました。
 十月十一日、十二冊目の歌集を出そうと決意。仮の題名は『藤原義一歌集 六十三歳。大学三年生』です。僕のブログ「短歌の花だより」に枠組みを打ち込みました。できるところから完成させていくという方式です。さて、どうなるか。
 十月十四日午後、高知市大津乙の田辺島公民館で「健康講座 ボケは予防できます」が開かれました。主催は、田辺島の隼人老人クラブ(藤原義一会長)です。
 十月十六日、FUさんと香美市土佐山田に行き、ある男性のシベリア抑留体験の話をビデオに撮らせていたただきました。
 十月十六日、「あの素晴しい愛をもう一度」の加藤和彦(かとう・かずひこ)さんが自殺しました。
  十月二十日、仕事も学校も休んでしまいました。夕方、起き上がって郵便受けを見ると高知県下のTUさんからの手紙がきていました。この間、電話で「私が受験する二年後にも高知短期大学はあるでしょうか」と問い合わせてきた高校二年生の女性とです。その後、彼女に高知短期大学存続運動などの資料を送りましたが、それへの返事でした。高知短期大学存続を求める(学生)の会のさまざまなご活動素晴らしいです。遠くからですが私も応援しています」。封筒にあめ玉が二つ入っていました。ありがとうTUさん。
 十月二十六日、通いつめている病院で心房細動(しんぼうさいどう)と診断されました。「ほっておけば小渕さんや長嶋さんのようになる」。脳梗塞(のうこうそく) のことです。一年以上前から症状が出て、何回も検査してもらいましたが、そのたびに「特に異状なし」でした。治療を開始しました。
 十月二十八日、パソコンのソフト・ピーシートーカービスタ(高知システム開発)を買いました。テキストなどを読み上げるソフトです。夜、授業をを休みました。風邪が治りません。
 十月三十日、高松市で開かれた香川高知県人会総会に参加。「来春からは香川県人になるから」とお誘いを受けたのです。約二百二十人も来ていました。
 ●●●
 二〇一〇年三月二十二日、卒業式。

   初めての台湾旅行

 リアカーの 甘蔗(カンショ)売りの
 日本語の うまさにとまどう
 台北の街

   編入試験に合格した学生たち

 何となく うつむき加減の 二十歳
 「合格しました」
 いい顔である

 合格し 重しのいたか
 女子学生
 笑い、このごろ のびやかである

 

   高知の戦争を聞く

 「あの壕(ごう)は 弾薬庫だった」 元水兵
 須崎の海辺
 足早に行く

 空襲の 弾痕(あと)三つある 低い塀
 「そのとき」のこと
 聞き入っている

 「東條の 馬鹿とわめいて 捕まった」
 海軍幹部の
 父語る娘(ひと)

 シベリアに 拉致された日々
 聞きながら
 金網の中 ワープしている

   キンモクセイの香

 キンモクセイ
 胸いっぱいに 入りこみ
 モヤモヤぜんぶ 吸い取っていく

 キンモクセイの 香吸い
 「やっほー、帰るぞ」
 夜学のわれは

 「曼珠沙華(マンジュシャカ)」
 二十歳の百恵 思い出す
 あのLP(エルピー)が も一度ほしい

   病弱の女子学生のこと

 病弱の 女子学生が 休んでて
 胸痛めてる
 「苦悩のさなかか」

 「私もね。昔の高知、知りたいの」
 娘の歳と
 気が合っている

   英作文の楽しみ

 二時間も あれやこれやと こねまわし
 英作文が
 一つできた夜

 英作文 添削のペン なめらかで
 易しく伝わる
 文が生まれる

   歌を歌う人たち

 「曲できへん」
 苦悩抱きしめ 逝った人
 僕もあんたが 好きだったのに

 「死ぬもんか」
 「生きる」を歌う 堀内桂
 涙ぐんでる 輪の中にいる 

 「やっぱりな。山崎ハコが一番だ」
 晴れない夜に
 次々と聴く

 踊り出す 元娘いて
 受けている
 生協まつりの ビートルズたち

   僕の脈拍の異常

 躍らない 心暴れて 持て余す
 何だかどこかが
 つまっているよな

 六十五が 百三十に 飛びあがる
 僕の脈拍
 もしかして恋?

  クークーと
 朝から晩まで 寝ちゃったよ
 何んもかもが 頼りなくってさ

 やまい得て
 やるべきことの 順番を 考えこんでる
 秋の夜のこと

 「あが心、恒(つね)に虚(そら)より翔(かけ)り行かむ」
 きょうも思いて
 明日の準備す

   それでも、やっぱり学びたい

 二日寝て
 夕陽に向けて 走ってる
 夜の学校 喜びだもの

 庭採れの イチジク二つ 腹に入れ
 夜学に走る
 わが楽しみの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『歌集 永国寺町の夜の教室から』 藤原義一   【そして、二〇一〇年度】

 二〇一〇年四月●日、香川県の徳島文理大学文学部文化財学科に編入。ピカピカの三年生です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『歌集 永国寺町の夜の教室から』 藤原義一   【付録】

 高知市御畳瀬(みませ)の海軍特別攻撃隊の震洋(しんよう)の基地

 何回、高知市御畳瀬(みませ)にいったことでしょうか。
 かつての、ここにあった海軍特別攻撃隊の震洋(しんよう)の基地のことを調べるためです。第八特攻戦隊第二十三突撃隊第一二七部隊です。まだ、ほんの少ししかわかっていません。
 以下、いままでわかったことの概要です。
   一九四五年五月に配置されました。
 震洋は、日本海軍が開発した特攻兵器で、秘匿名称は「㊃金物」(マルヨンかなもの)です。小型のベニヤ板製モーターボートの船内艇首部に炸薬(約ニ百五十グラム)を搭載し、搭乗員が乗り込んで操縦。上陸しようとしている敵艦に体当たり攻撃することが目標とされました。のちに敵艦艇の機銃増加にともない、機銃を破壊、到達するために二発のロケット弾が搭載されました。また、二人乗りのタイプもあり、こちらには機銃一、二丁が搭載され、指揮官艇として使用されました。
 御畳瀬の基地には、震洋五型が配置されました(『須崎史談』の「須崎の第二十三突撃隊(四)」。橋田庫欣=くらよし。須崎史談会。一九九二年四月二十五日)。五型艇は、全長・六・五メートル、全幅・一・八六、全高・〇・九、排水量・二・二トン、機関・トヨタ特KC型ガソリンエンジン×2、馬力・百三十四HP、最高速度(特別全力)・ニ十七ノット(三十ノット)、兵装・爆装ニ百五十キログラムg、ロサ弾×2、十三ミリ機銃×1、乗員・二人です。
 部隊長・蒔田稔(まきたみのる)さん(海軍予備学生ニ)、第二艇隊長・月森隆一さん(海軍予備学生四)、第三艇隊長・三浦五郎さん(予備生徒)。搭乗員は、乙種飛行予科練習生一九期(土浦空)。編成・九州の川棚臨時魚雷艇訓練所(九次)。
 終戦時に第二十三突撃隊のつくった「兵器、舟艇、軍需品、施設目録」によると、海岸べりに艇格納の壕が七つ(十一メートル、同、七・五メートル、十メートル、十メートル、ニ十メートル、七メートル、六メートル)、発電所の壕(四メートル)が一つありました。震洋艇は、となりの浦戸基地(回天、魚雷艇)の図に六隻が描かれています。
 隊長だった蒔田さん(東京都大田区在住)は、戦後、「隊員は百八十七人、うち搭乗員は五十二人、艇は二十五隻でした」「搭乗員のほとんどは当時十八歳前後の若者でした。時々、隊を組んで浦戸湾内で訓練をしました。終戦後の八月十六日の誤った出撃待機の命令には緊張したことを覚えています。夜須町の隊員たちが戦争が終わった後で亡くなったことは今でも残念なことだと思っています」と語っています(高知市広報「あかるいまち」。高知市秘書広報課。一九九一年八月号)。「夜須町の隊員たち……」は、高知県手結の第一二八部隊の隊員たちことです。出撃準備中、爆発、百二十六人が死亡しました。
 戦後、高知市長浜に住んだ中村浩さん(旧姓・東久部良=ありくぶら)も、この基地の整備隊員でした。
 隊員たちは、寺や民家に分宿しました。炊事場に取られた民家もありました。御畳瀬町に一つあった銭湯も「海軍営」のようになっていました。民家の分宿していた隊員が柱に刀傷をつけた跡の残っている民家もあります。
 中村さんの話では、無線室、兵舎、食糧庫など七つの壕がつくられる予定でしたが、艇格納庫の一部や弾薬庫を除き建設途中で、一度も出撃することなく終戦を迎えたといいます(高知市広報「あかるいまち」。高知市秘書広報課。一九九一年八月号)。
 いまでもいくつか壕が残っています。

(二〇〇九年八月十七日)

 編んだ小丸太で敷き詰めた滑走路  高知の山あいの海軍の隠し飛行場

  高知県四万十町宮内(旧・窪川町宮内)には、山あいの平地に田んぼが広がっています。その田んぼにそって道路があり、それにそって民家が並んでいます。
 この田んぼの中に、かつて高知海軍航空隊窪川飛行場(高知第三飛行場)がつくられていました。砂利を敷き、その上に小丸太棒(直径五センチ、長さ二メートルくらい)をシュロ縄で編んでスダレのように敷いて滑走路をつくりました。長さ千百八十メートル、幅平均七十メートルの滑走路でした。機上作業練習機・白菊などが配備されていました(機上作業練習機とは、艦上攻撃機や艦上爆撃機の操縦士以外の乗員の任務である航法・通信・射撃・爆撃・偵察等の訓練をするための機体です。全幅一四・九八メートル、全長九・九八メートル、全高三・一〇メートル、機体重量・二五六九キログラム、最大速度二三〇km/h、航続距離千百七十六キロメートル。乗員五人です。九〇式機上作業練習機の後継機として一九四二年に制式採用されました)。そして、民家のいくつかには海軍兵が駐屯していました。
 二〇〇八年のはじめから藤原が調査した時には、当時の様子を示すものは見当たりませんでした。
 しかし、ひとまず、このことを伝えようと七月に高知市で開かれた「戦争と平和を考える戦争展」に、高知海軍航空隊窪川飛行場の概要を伝える展示コーナーを設けました。
 これが終わってから、藤原と福井康人さん(両者とも高知市升形九の一一の平和資料館・草の家の研究員)が調査しなおしたところ、航空機をアメリカ軍の空襲から守るための格納庫・掩体壕(えんたいごう)の跡を三十八確認しました。この掩体壕は、いずれも山の斜面をけずっただけのもので、高さは四メートル、横幅七・五メートル、奥行七・五メートルほどの大きさです。残っているといっても、そのままの形で畑になったり、その後に小屋が建てられたりした物もあります。また、一部が削り取られたものもあります。
 地元の人の証言によると、いま残っている部分は掩体壕全体の後ろの部分で、当時は、この山肌の削った部分より前面に木製の屋根をはり出させて軒をつくったといいます。白菊はバックさせて格納したといました。尾翼部分が山肌の削った部分に、主翼や操縦席などの部分はその軒の下に格納されるというスタイルでした。
 戦後、高知海軍航空隊がアメリカ軍に渡した「引渡目録」には、山側に四十八の掩体壕(えんたいごう)が描かれています。壊れていることを確認したのは一基だけですので、調査がすすめば、もう少し発見できると思っています。
 この飛行場の前につくられた高知県日章村(いまは南国市)の高知海軍航空隊の第一飛行場にはコンクリート製の滑走路があります。掩体壕がありました。ここの掩体壕は、コンクリート製九基、土などでつくられたもの三十二基の計四十一基がありました(いま残っているのはコンクリート製七基です。一番大きい掩体壕は高さ八・五メートル、幅四十四メートル、奥行き二十三メートル、コンクリートの厚さは五十センチです。写真は第一飛行場の掩体壕跡の一つ)。基地に兵舎もありました。
 二つの飛行場と掩体壕群、兵舎などを比べると大きな差があります。
 高知海軍航空隊窪川飛行場は、何のための飛行場だったのでしょうか。海軍の特別攻撃隊員だった木村芳郎さんが教えてくれます(「海軍予備学生の記」編集委員会『海軍予備学生の記』。一九七二年五月二十五日)。
 「第一回攻撃のために鹿屋空(かのやくう。藤原注・鹿児島県の鹿屋海軍航空隊)に進出したのが[一九四五年]五月二十一日であったと思う。鹿屋基地まで進出し、出撃のための整列までしたものの、私は第二回攻撃隊員訓練のために残された。毎日の空襲警報を避けて、高知県の窪川なる谷間に『隠し飛行場』を作り移動した。この飛行場も地図の上で探し、白菊による実地探査を試みて探し当てた。飛行場と言っても、畠を地ならしし、径五―六センチの樫(かし)の棒を敷きつめただけのもの。滑走路も僅(わず)か一本だけ。何しろ山の間なので、安全に必要なだけの土地確保することなど、思いもよらないことであった。ために、離陸はいつも赤ブースト(藤原注・エンジン全開)でないと滑走路の前の山にブッつけるおそれがあった。(中略)谷間の飛行場で五〇〇キロ爆弾を抱いての離陸なので、上昇しきれず谷間を這(は)っても下降気流に落されて牛小屋に軟着したのが居(い)て重傷者を出し、司令から『タルンドル』と大目玉を喰ったこともあった。」

   特攻機を隠して待機させておくために

 当時の状況を説明するために、まず高知海軍航空隊(日章村・現南国市)の白菊の特別攻撃のことを書きます。
 「……日章の高知海軍飛行隊は実戦部隊でなく練習部隊であったので、零戦はもとより戦えるような機はなかった。あったのは練習機『白菊』で、これは時速百四十キロぐらいの鈍速。しかも機銃も搭載しておらず、空中戦は挑めない。(中略)
 一方で、『白菊』は特攻機に使われていた。『菊水・白菊特攻隊』として編成、日章から鹿児島の鹿屋(かのや)の基地まで飛び、翼下に爆弾をくくりつける。ベニヤ張りの増槽タンクも積み、戦闘能力はないので敵機に見つかりにくい夜間に出撃、海上スレスレに飛び敵艦に体当たりするのだ。」(浜田豊繁さん『一発勝負 報道カメラ五十年』。高知新聞社。一九八四年八月二十日)。
 高知新聞のカメラマンだった浜田豊繁さんは、その「菊水部隊白菊隊」が一九四五年(昭和二十年)六月二十日、日章村の高知海軍航空隊から飛び立つのを、同航空隊の近くの物部川の堤防から目撃しています。
 「地元農家の人たち三、四十人が見送りにきていた。いずれも航空兵を下宿させている家の方々で、今生の別れである。『まっことむごい』とご婦人が身をもむ。(中略)
 一九〇〇[藤原注・午後七時のこと]、特攻隊出発。航空隊の手のすいた者全員が見送りの位置につく。 総員〝帽振れ〟のなか、堤防の人々にも見送られて一機ずつ、これも機上から手を振りつつ五機が飛び去った。機が夕暮れの空に消えても、しばらくはだれも動かない。
 やがて、海ゆかば水(み)漬(づ)く屍(かばね)山ゆかば草むす屍…の歌が皆の口をついて出て、女性は抱き合って泣き、男たちはこぶしで目頭をぬぐう。
 一九三〇、続いて三機が出発した。」(前出)
 「菊水部隊白菊隊」は、一九四五年五月二十四日から六月二十五日までに計二十六機が沖縄に向け出撃。計五十二人が戦死しています。
 操縦の佐藤新四郎一飛曹(二十三歳)=宮城県出身=は、六月二十七日夜に出撃し、翌二十八日、「沖縄周辺」で戦死しました。
 佐藤一飛曹は、出撃の一週間ほど前に、高知市の池内照さん(二十六歳)=当時、一九九三年一月死去=と結婚していました。
 「一九四五年(昭和二十)六月二十五日沖縄失陥(しっかん)により菊水作戦[記者注・沖縄に侵攻したアメリカ軍艦船への飛行機による特別攻撃作戦]が打ち切られると、残存の白菊は鹿屋から高知へ引き揚げた。
 沖縄戦が始まったころ、次には米軍の日本本土侵攻が必至とみられた。陸海軍は沖縄に総力を結集する一方、本土決戦に備えなければならない。その一つに、特攻機を隠蔽(いんぺい)待機させておく飛行場の建設があった。高岡郡窪川町宮内の高知第三飛行場もそれである。」(『高知空港史』。高知県。一九八四年)。
 「高知基地残留の練習機白菊を最後の特攻機として使うため窪川基地に移動 隠蔽(いんぺい)保存した」(中山三国王さん『高知海軍航空隊史』)。
 「……『海軍宮内飛行場』とは要するに『特攻機を隠蔽待機させておく飛行場』だった……」(県老連戦中・戦後の記録編集委員会『平和への祈り 戦中・戦後の記録』の「四万十川蜃気楼 海軍宮内飛行場」。高知県老人クラブ連合会。一九九八年七月)。

   高知海軍航空隊がつくった「引渡目録」では

 高知県には、それまでに三つの海軍航空隊の飛行場ができていました。
 ○ 宿毛海軍航空隊。一九四三年(昭和十八年)四月一日、幡多郡宿毛町。水上偵察乗員錬成。一九四四年四月一日閉隊。
 ○ 高知海軍航空隊。一九四四年(昭和十九年)三月十五日開隊。香美郡日章村。飛行予科練習生(予科練)卒業生のうち、偵察搭乗員となる者を飛行術偵察専修練習生(飛練)に入隊させ実技教育をしました。機上作業練習機・白菊が配置されました。一九四五年(昭和二十年)三月一日、同航空隊の教育は停止されます。同月十九日、同航空隊は、アメリカ軍の機動部隊から発進したグラマン艦載機の攻撃を三波にわたって受けます。その間、三月、四月と第一次有資格隊員と予備隊員の訓練を実施。四月にアメリカ軍との沖縄戦が始まると、五月から白菊が特別攻撃機となって沖縄に出撃しました。同月から多くの隊員が、高知海軍航空隊の周辺の山などで陣地構築、壕(ごう)づくりに従事しています。
 ○ 浦戸海軍航空隊。一九四四年十一月一日開隊。高知市池、飛行予科練習生教育。四五年三月二十五日、同隊のそばの高知市仁井田に高知第二飛行場が開設されました。高知海軍航空隊の緊急避難用だったといわれます。
 高知海軍航空隊窪川飛行場は高知海軍航空隊の高知第三飛行場としてつくられました。
 終戦後に高知海軍航空隊がつくったアメリカ軍への「引渡目録」に、その飛行場の地図などが載っています。
 南北に延びた滑走路は、「砂利敷(じゃりじき)」で、延長千百八十メートル、幅平均七十メートルです。
 誘導路が北西、西、南西の谷に延び、それぞれの谷に計四十八の掩体壕(えんたいごう)があります。
 飛行機が、どれだけ配備されていたのでしょうか。
 機上作業練習機・白菊二十五機、九三式中間練習機一機、二式陸上中間練習機一機が配備されています(計二十七機中二十三機が使用可能)。
 そして、発動機が八基、三基と計十一配置されています。
 九三式中間練習機は日本海軍の練習機です。
 川西航空機が開発しました。機体構造は鋼管または木製骨組に羽布張りで後退角のついた上翼を持ちます。一九三四年(昭和九年)一月末に制式採用されました。全長八・〇五メートル。全高三・二〇メートル。乗員二人。武装は七・七ミリ機銃二つ、三十キログラム爆弾二つ。
 二式陸上中間練習機は、九三式中間練習機にかわる新型の中間練習機です。
 渡辺鉄工所が、海軍が研究用として戦前にアメリカから輸入していた ノースアメリカンAT―6練習機を参考にして設計し、一九四三年(昭和十八年)に制式採用されました。
 全長八・六〇メートル。全高四・一〇メートル。乗員数二人。武装は、七・七ミリ機銃一台。
 高知海軍航空隊の「引渡目録」の窪川飛行場分の「兵器目録」には、つぎの兵器が記されています。

   品   名    数  量   記 事
            
 二十粍(ミリ)機銃     五   使用可能
 七粍七機銃       二十六   使用可能
 小銃            百   使用可能
 二十粍機銃弾薬包   五千二百   使用可能
 七、七粍機銃弾薬包  十万五千   使用可能
 小銃弾薬包      七百八十   使用可能
 二十五番爆弾        百   使用可能
 二十粍機銃弾倉       七   使用可能
 七粍七機銃弾倉     五十三   使用可能
 燃料車           三   使用可能一台
                   使用不可能二台
 小型貨物自動車       一   使用不可能

   こうして基地がつくられました

 四万十町宮内は、現・JR窪川駅北西二キロメートルの四万十川のほとりにある山あいの農村です。
 この飛行場建設にあたった海軍呉鎮守府第五一一三設営隊(編成・一九四五年六月十五日。隊長・島本茂技術大尉)の分遣隊長だった西内弘さんが、建設にあたった事情を書いています(「関西RPの会」のホームページの「終戦小秘話」)。
「高知県西南部に窪川町といって、四方を山々に囲まれた閑静な町があり、町外れに影野、仁井田という農林業で生計を営んでいる小部落がある(現・土讃線影野、仁井田駅)。ここでの物語である。
 昭和20年当時、私は若い海軍軍人であった。呉鎮守府(海軍施設部)より極秘命令を受けこの辺境地に、海軍航空隊特攻基地を緊急設営するため、分遣隊長として同期生2名で、部下兵120名と共にこの地に派遣された。
 昭和20年当初、高知海軍航空隊基地(現・高知空港)は、B29・双胴ロッキード・グラマン機の総攻撃を受け壊滅状態であった。海軍は新基地建設のため、高知市郊外の浦戸地区に『浦戸海軍航空隊基地』と窪川地区に『特攻機基地』を極秘に、しかも緊急に設営して本土決戦に備える計画を立案した。
 我々120名の派遣隊員は秘密裡に本隊を出発、『影野』『「仁井田』の二つの小学校に合宿することになり、当分隊60名は影野小学校の一隅を拝借して、建設に着手した。」
 この滑走路の予定地は二十万平方メートルの田んぼでした。
 滑走路は、一九四五年(昭和二十年)春から突貫工事で急造されました。
 周辺の窪川村、松葉川村、仁井田村などの人たちや高知県窪川農業学校(現・高知県立窪川高等学校)、国民学校高等科の児童生徒が飛行場の整地、地固めのコンクリートローラー(直径一メートル、長さ二メートル)引きなどに駆り出されました。窪川農業学校の生徒だった武市典雄さんも動員された一人です。
 砂利を敷き、その上に小丸太棒(直径五センチ、長さ二メートルくらい)をシュロ縄で編んでスダレのように敷いて滑走路をつくりました。長さ千百八十メートル、幅百五十メートルの滑走路でした。
 「朴の木谷」、「三島様横の谷」、「柳の川谷」の山肌に横穴を掘り込んで、飛行機の掩体壕(えんたいごう)がつくられました。
 滑走路から各格納庫までの誘導路をつくりました。
 山中の掩体壕までの通路もつくりました。
 宮内に住む市川和男さんが、当時の様子を書いています(「四万十川蜃気楼 海軍宮内飛行場」)。
 「……私の家の前の田圃(たんぼ)に、五、六名の見慣れない人達がきて、何やら立ち話をしていたのが、当時、十二歳の少年の私には何やら不安げに映ったことを覚えている。そのうち測量の偵察機が飛んだとも聞いたものである。
 やがて飛行場は近郷近在の人々を強制動員してつくられた。狩りだされた人々は毎日自分の仕事を休み、いも飯弁当持参で朝から晩まで汗水たらしての作業。鍬(くわ)をふるいモッコを担いで土地ならし、砂利を撒きそれをみんなでローラーを引いて固める重労働の繰り返し。使う土地は、先祖から受け継いだ大切な田もあったものではない。」

   海軍兵が宮内にやってきて……

 高知海軍航空隊(本部・高知県日章村=現・南国市)の第一飛行隊が、将校送迎用木炭バスで窪川町へ移動し、第二飛行隊は機上作業練習機・白菊を窪川町に空輸しました。そして、七月十日、高知航空隊窪川飛行場が開隊しました(『高知海軍航空隊史』)。
 将兵は、特別攻撃隊員と整備兵ほか約百五十人でした。
 高知海軍航空隊からの三回目の特別攻撃の要員たちでした。
 飛行場の西の四軒の民家が接収され、飛行隊の本部、隊員の分宿する兵舎になりました。
 地元の丸山国民学校も七教室中二教室が海軍兵の宿舎にされました。
 市川和男さんの家が、本部にされました。
 当時、市川さんは高知市の中学校の一年生で、高知市に下宿していました。
 「……下宿して間もない土日の帰郷だったと思うが、帰ってみて驚いた。
 わが家の前の水田は、帯状に『木走路』といって小さな丸太木をシュロ縄で編んで簾(すだれ)のように敷いた即席の滑走路にすっかり姿を変えていたのである。加えて私の家も飛行場の本部になった。母一人子一人であった私たち親子は家を追われ、仕方なく隣部落の親戚に身を寄せた。
 それからというもの、わが家に帰るにも、そこに駐屯している番兵に軍隊式の敬礼をして『入ってよろしいですか』と聞けという。私の母は『家の監督に来た。自分の家に入るのに、そんなことは必要はない』と言い切った。」(「四万十川蜃気楼 海軍宮内飛行場」)。
 宮内の五社様の境内にはガソリンを入れたドラム缶が積まれ、銃を持った海軍兵が二十四時間見張りをしました。
 宮内は四万十川沿いに北南に広がる地域ですが、地域の両方の入口には海軍の検問所が設けられました。
 そこには衛兵がいて、宮内の住民も通関札を見せないと通行できなくなりました。
 「五社様の払川橋百米上手の道路に門が作られ、衛兵が立ち、部落民は、通関札を見せて通る仕末……」でした(丸山小学校百年誌編集委員会『わが母校 丸山小学校百年記念誌』。丸山小学校百年記念行事実行委員会)。
 五社様あたりは飛行場の南端です。北端に近い丸山国民学校の前あたりの道路に歩(ほ)哨小(しょう)屋がつくられ、衛兵が立ちました。
 隣村の東又村の東又国民学校の訓導(教師)をしていた武市昌子さんが、当時の様子を教えてくれました。
 「宮内の住人は、軍隊から宮内の住民であることを証明する通行許可証をもらいました。
 歩哨小屋に拳銃と銃剣を持った海軍兵がいました。
 私は、通勤の行き帰りは、通行許可証を首にかけました。
 朝五時半ころ家を出ました。
 丸山国民学校の所にいくと、海軍兵がピカピカ光る銃剣を突き出して『誰か!』と叫びます。
 首にかけた通行許可証を出して見せると『通れ!』といって通してくれました。逃げるように走って通りました。
 ここを通るのが怖くて、一度は、飛行場を横切って四万十川の浅瀬を渡って宮内を出ようとしました。そしたら、川岸で海軍兵に捕まって、連れ戻されました」
 勤務先の東又国民学校も戦場になっていました。
 「アメリカ軍が、東又国民学校の周辺の山に何回も焼夷弾(しょういだん)を落としました。
 子どもたちと奉安殿(ほうあんでん)の近くの防空壕(ぼうくうごう)に入りました。
 アメリカ軍が興津 (おきつ)(四万十町)の浜から上陸してくるかもしれないといわれていました。
 東又国民学校でも、子どもたちに竹やりの訓練をさせました
 『興津の坂からアメリカが上がってきたら、興津峠で待っていて、この竹やりで突く』ということでした」

   飛行場はカムフラージュされていました

 高知海軍航空隊の操縦搭乗員・滝沢哲雄飛行中尉(予備学生十三期)も、この飛行場に配備されました。
 五月二十四日、第一次白菊隊で出撃する予定で鹿児島県の鹿屋(かのや)基地にいきましたが、アメリカの空襲、天候不良などで出撃の順番が狂い、出撃の機会を失ったまま沖縄特別攻撃が中止になり、窪川飛行場にまわされたのです。
 アメリカ軍機来襲の情報のないときは、特別攻撃の訓練飛行がおこなわれました。
 滝沢さんが当時の窪川飛行場のことを語っています。
 「残存の白菊は、窪川の第三飛行場の横穴へ隠しました。兵員は付近の農家への分宿です。牧場に小丸太を並べ、それが滑走路という格好の飛行場でした。空襲のありそうな時は、滑走路の上に草付きの土をばらまいたり、鶏を飼っている農場に見せかけるため唐丸カゴをあちこちに伏せてカムフラージュしたり、米軍機に発見されないよう苦労した」(『高知空港史』)。
 練習機は、四万十川上流沿い森林軌道、建設中の影野―窪川線のトンネル内にも隠蔽していました(『高知海軍航空隊史』)。
 飛行場では、連日、特別攻撃訓練がおこなわれました。
 飛行機が、カラコロカラコロという音をたてながら滑走路を走り、離陸していきました。
 窪川飛行場は、平地にありますが、四方を山に囲まれて飛行機の訓練にとっては、いい場所ではありませんでした。操縦は困難をきわめました。
 武市昌子さんは「『きょうは出る日だから見送ってください』といわれて、出撃する飛行機の見送りをしました。海軍兵は白いマフラーをしていました。私たちは『無事に帰って』といって見送りました。私が休みの日のことで、二、三度、見送りにいったと思います。
 どこかで乗り換えて行くということでしたが、飛ぶことは飛んだが向こうまで行き着かずに帰ってきた人もいますし、行き着いたけど突撃する飛行機がなくて帰ってきたという人もいました」と、語ります。
 本部にされた市川和男さんの家の庭には、大きな塹壕(ざんごう)がつくられました。
 庭の石垣には二つの四角い穴があけられ、そこから上陸したアメリカ兵を機関銃で撃つ備えがしてありました。
 そして、裏山には、手榴弾(しゅりゅうだん)を投げつけるための小さな広場がつくられました。
 兵隊の食糧は十分でない様子で、近くの民家のイモやカボチャが消えました。
 市川和男さんが、この飛行場の兵隊たちの様子を観察していました。
 「兵隊さんはよく青竹のバッターで腰をしたたか打たれていたのも印象的である。『かまえ!』の命令で、殴られる型は『く』の字に腰を曲げ、上官がそれをめがけて青竹も割れんばかりに叩く。兵隊さんは前につんのめっていた。
 こんなこともあった。ある将校の兵隊いじめに腹を据(す)えかねた江戸っ子の下士官だったと思うが、やにわに日本刀の鞘(さや)を払って『おれが、ぶったぎってやる!』と立ち上がり、ようやく仲間が取り押さえ、なだめていたのが今も目のそこに焼き付いている。
 思えば駐屯していた兵隊さんは皆若い人達だった。青春をこの草深い檻(おり)なき檻の土地で持て余してもいたようだった。」(「四万十川蜃気楼 海軍宮内飛行場」)。

   八月四日の機上作業練習機・白菊の墜落事故

 七月二十五日、ここでの練習は危険だということで、第一飛行隊は日章の高知海軍航空隊に帰還しました。
 窪川飛行場で二件の事故が起きたのは、その十日後の八月四日の午後でした。
 機上作業練習機・白菊一機が五百キロの模擬爆弾をつけて特別攻撃訓練をしていました。搭乗員は予備学生十三期の滝沢哲雄飛行中尉、和田実二等飛行兵曹でした。
 旋回飛行中に、エンジンの調子が悪かったのと渓谷の下降気圧に押し下げられて山腹に墜落しました。落ちたのは農家の牛小屋の上でした。留守番をしていた盲目のおばあさんが、はい出しました。けがはありませんでした。床下に模擬爆弾が転がっていました。
 つぎつぎと町民が現場にやってきて搭乗員の二人を何とか外に出し、木陰に寝かせて応急措置をしました。
 滝沢飛行中尉は、目、歯、顔面に負傷、和田二等飛行兵曹は足を骨折しました。
 同日、窪川飛行場を離陸しようとした練習機は、車輪を破損しました。この練習機は、日章の高知海軍航空隊に胴体着陸しました。

   占領軍に焼かれた窪川飛行場の練習機

 終戦の翌日、八月十六日、窪川飛行場では、機上作業練習機・白菊を再度組み立てて、日章の高知海軍航空隊に帰還しました。一般隊員は現地解散でした(『高知海軍航空隊史』)。
 市川和男さんの母が、手記を残しています。
 「……この軍隊の置き土産は、四戸の家にはものすごい蚤(のみ)と、天井もまっ黒になるほどの蝿(はえ)の巣だった……」
 高知海軍航空隊分隊長・大尉だった伊藤平次さんが、その年の冬、兵器引き渡しのため高知海軍航空隊兵舎(日章)にやってきたアメリカ兵とのやりとりを、つぎのように語っています。「窪川の飛行場の写真も見せてくれましたよ。窪川を爆撃しなかったのは、必要がなかったというだけです。」(『高知空港史』)。
 窪川にやってきた占領軍は、窪川飛行場に残っていた練習機を集めて、油をかけて燃やしてしまいました。
 平和資料館・草の家の車輪とエンジンカバーは、そうした中でも残っていた機上作業練習機・白菊の残骸です。
 飛行場にされて荒らされた宮内の田んぼは、戦後処理のなかで「開放地」として元の地主に払い下げられました。
 一九四八年(昭和二十三年)から四九年の二年ほどをかけ、復元しました。

   白菊の車輪二つとエンジンカバー

 平和資料館・草の家に日本帝国海軍の機上作業練習機・白菊の車輪二つとエンジンカバーが寄贈されています。
 白菊は、翼幅一四・九八メートル、全長一〇・二四メートル、全高三・九三メートルの五人乗りのプロペラ機。機関銃一丁と六十キロの爆弾で武装していました。
 タイヤは、二つとも直径七十四センチメートルほどの物です。
 一つのタイヤには、つぎの文字が浮き彫りになっています。
 「藤倉工業株式会社 昭和17年12月製 800×275 半高圧制動車輪 常用内圧2・5~3㎏/cm2」
 もう一つには、つぎの文字が浮き彫りになっています。
 「藤倉工業株式会社 昭和 年 月製 800×275 半高圧制動車輪 常用気圧2・5~3㎏/cm2」
 これは高知県四万十町宮内の武市典雄さんが、終戦直後に、窪川町役場の横にあった引揚事務所からもらい受けたものです(四万十町宮内は、以前は窪川町宮内でした)。
 もとは宮内の高知海軍航空隊窪川飛行場(高知第三飛行場)にあったといいます。

 〈参考文献で、文中で紹介しなかったもの〉

 ○ 窪川子ども風土記編集委員会『窪川子ども風土記』。一九八〇年三月十五日。
 ○ 窪川町史編集委員会『窪川町史』。窪川町。二〇〇五年三月。
 ○ 写真集「くぼかわ今昔」編集委員会『写真集 くぼかわ今昔』。窪川町企画課。一九八六年。

(二〇〇九年八月六日)

 千島列島、歯舞(はぼまい)、色丹(しこたん)問題を考える

   はじめに

 日本が抱える領土問題の一つ、千島列島、歯舞(はぼまい)、色丹(しこたん)問題についてのべます。
 日本の領土である千島列島、歯舞、色丹が一九四五年八月、ソ連によって占領され、それが、ソ連がロシアに変わった現在でも、そのままになっている問題です。
 この稿では、以下の四点について論じます。
 1、 これらの地域が日本の領土であることの論証
 2、 どうしてソ連の占領という事態が起こったのか
 3、 この問題に日本の政府、与党は、どう対処してきたのか
 4、 これらの地域を全面的に返還させるための運動の方向
 なお、以下、日本についても、ロシアについても、歴史的に国がらが変わっていますのでさまざまな表記が出てきます。日本については、徳川幕府、日本帝国、日本と変遷します。ロシアについても、近世から一九一七年まではロシア帝国、一九二二年~一九九一年十二月まではソビエト社会主義共和国連邦(ソ連)、その後、曲折を経て、現在はロシア連邦(ロシア)となっています。

   千島列島、歯舞、色丹は日本の領土です

 千島列島は、かなり前から日本の土地でした。ロシア帝国(ロマノフ朝)の海軍士官・ゴロブニン(一七七六年四月十九日~一八三一年七月十一日)の『日本幽囚記 全三冊』(井上満訳。岩波文庫。一九四三年五月三十日)でも、そのことがわかります。彼は、一八一一年、軍から千島列島の測量を命じられ、みずからが艦長を務めるディアナ号で択捉島(えとろふとう)、国後島(くなしりとう)を訪れます。しかし、国後島で松前藩の役人に捕縛され、箱館で二年三カ月間、幽閉されます。この本は、その体験を回想として一八一六年に発表したものです。それによると、その当時でさえ、彼は、日本人の足跡があった択捉(えとろふ)、国後(くなしり)からサハリンまでも「正当なところ、日本の植民地と云える」としています。
 日本とロシア間の国境と領土をとりきめたのは徳川幕府と帝政ロシアが結んだ「日本国露西亜(ロシア)通好条約」(一八五五年=安政元年=二月七日、伊豆下田で)、明治政府と帝政ロシアが結んだ「樺太・千島交換条約」(一八七五年=明治八年)です。
  「日本国露西亜(ロシア)通好条約」で、択捉(えとろふ)と国後(くなしり)の南千島は日本領、それ以外の北千島はロシア領になりました。その間を国境とし、樺太(からふと)には国境線を引かず“雑居の地”にしました。その二十年後の「樺太・千島交換条約」では、全千島列島を日本領、樺太(からふと)全体をロシア領としました。この結果、千島列島全体が最終的に日本の領土となりました。
 千島列島は北端の占守(しゅむしゅ)から南端の国後(くなしり)まで、日ロ間の平和的な外交交渉によって画定した日本の歴史的領土です。
 その後、日本にとってもロシアにとっても帝国主義的な戦争であった日露戦争(一九〇四年二月六日~一九〇五年九月五日。朝鮮半島と満州=中国東北部=の南部が主戦場)のとき、日本軍はロシアの樺太(からふと)全島を占領しました。この結果、後の講和条約・ポーツマス条約(一九〇五年九月五日)で南樺太(みなみからふと。樺太の北緯五〇度から南)が日本の領土になりました。
 歯舞(はぼまい)、色丹(しこたん)は、地理的には千島列島に入らず、歴史的にも北海道本島の一部として扱われてきました。

   問題をつくり出したソ連、アメリカ、イギリス、日本政府

 第二次世界大戦にあたり、連合国は戦後処理の原則として「領土不拡大」の公約を掲げました。日本、ドイツ、イタリアが戦争などによって奪った土地は返させるが、そのほかの土地の割譲は求めないというものです。
 対日戦の戦後処理でも、一九四三年十二月一日にアメリカ合衆国大統領・フランクリン・ルーズベルト、イギリス首相・ウィンストン・チャーチル、中華民国主席・蒋介石が発表した「カイロ宣言」で「自国のためには利得も求めず、また領土拡張の念も有しない」と明確にされました。一九四五年七月二十六日、アメリカ合衆国、中華民国、イギリスの国の首脳が大日本帝国に対し発したアジア・太平洋戦争の終結に関する勧告の宣言・「ポツダム宣言」では、「カイロ宣言」の履行が明記され、ソ連を含む連合国全体のものとなりました。
 ところが、「領土不拡大」の公約に反する国際密約がありました。ソ連連邦首相・ヨシフ・スターリンはアメリカ、イギリス首脳とのヤルタ会談(一九四五年二月、ソ連のヤルタで)で、対日参戦の条件としてソ連への「千島列島の引き渡し」を要求し、ルーズベルト、チャーチルもそれを認め、三国の秘密協定(協定締結は二月十一日)に盛り込まれました。
 ソ連は、第二次世界大戦の末期の一九四五年八月八日に対日参戦しましたが、八月十八日から千島列島などの占領を開始しました。その際、千島列島と歯舞(はぼまい)、色丹(しこたん)を軍事占領し、その後、一方的に自国領に併合してしまいました。
 それを法的に裏付けたのが、日本がアメリカなどと一九五一年九月八日に調印したサンフランシスコ講和条約です。同条約は、二条C項で「日本国は、千島列島並びに日本国が千九百五年九月五日のポーツマス条約の結果として主権を獲得した樺太の一部及びこれに近接する諸島に対するすべての権利、権原及び請求権を放棄する。」ことが明記されています。
 南樺太については、日本がロシアから暴力的に割譲させたものですので、ソ連に返還するのは理があります。しかし、千島列島については、性格の違うものです。この条項の千島列島の項目は、ヤルタ協定の当事国であるアメリカが、ヤルタ協定にしたがってもちこんだものです。同条項の千島列島放棄は、カイロ宣言の「領土不拡大」の原則や同宣言「履行」を明記したポツダム宣言などにてらしても、不当なものです。
 以上の経過から千島を日本から切り離した問題の責任をおうべきはソ連、アメリカ、イギリス、日本政府です。
 なお、歯舞(はぼまい)、色丹(しこたん)は、二条C項には入っていません。

   日本政府の四島返還をの議論について

 ところが、日本政府は、一九五〇年代なかばの対ソ交渉以来、ヤルタ秘密協定とその内容をもりこんだサンフランシスコ平和条約の千島放棄条項を前提にしながら、“国後、択捉の南千島は千島列島ではないから返せ”といいはじめました。
 日本政府は、サンフランシスコ平和条約で放棄した千島列島を北千島、南千島をふくむものと解釈してきました。日本代表の吉田茂首相は、一九五一年九月十日夜のサンフランシスコ会議全体会議でサンフランシスコ平和条約の受諾演説をしました。その中で、条約で放棄した千島列島について、択捉(えとろふ)・国後(くなしり)と得撫(うるっぷ)以北とを千島列島の南部、北部と規定しています。一九五一年十月十九日のサンフランシスコ条約批准国会で「この条約に千島とあるのは、北千島及び南千島を含む意味であると解釈しております」(西村熊雄条約局長)とのべています。
 鳩山一郎内閣の下で一九五五年六月三日からイギリスのロンドンで日ソ国交回復の交渉が始まりました。八月九日の第十回会談で、ソ連側は歯舞(はぼまい)、色丹(しこたん)については放棄する意思があることをほのめかしました。そうした中、同月三十日の第十三回会談で松本全権は択捉(えとろふ)、国後(くなしり)を歯舞(はぼまい)、色丹(しこたん)と同列視する新条文を提示しました。これにたいしてソ連は日本の態度を非難、結局、ロンドン交渉は九月二十一日、中断しました。
 国交回復交渉は翌年まで続き、一九五六年十月十九日、鳩山首相とソ連のブルガーニン首相が日ソ共同宣言に署名しました。そこでは、日ソ両国は引き続き平和条約締結交渉をおこない、条約締結後にソ連は日本へ歯舞群島と色丹島を引き渡すことがうたわれていました。しかし、この条項も、一九六〇年、岸信介内閣が日米安全保障条約改定をしたことを理由に、ソ連が一方的に取り消しを宣言しました。
 その後、一九九〇年代以降、「東京宣言」(一九九三年)、「モスクワ宣言」(一九九八年)、「イルクーツク声明」(二〇〇一年)など、領土問題をめぐって多くの合意文書が日ロ間で交わされてきました。
 しかし、今日まで領土問題の解決の糸口すら見いだせていません。
 現在も、政府、自民党は、択捉(えとろふ)、国後(くなしり)、歯舞(はぼまい)、色丹(しこたん)の返還を求める、いわゆる四島返還論に立っています。
 なお、与党の公明党、野党の民主党、社民党も自民党と同じく四島の返還を主張しています。
 ロシア側は、一九五六年の日ソ共同宣言を根拠に「考えられうる二島(歯舞、色丹)引き渡しの必須の前提条件は平和条約締結だ」(プーチン大統領。二〇〇四年十二月二十三日)と、ソ連の立場を継承しています。

   ロシアは千島列島、歯舞、色丹を日本に返還すべきです

 私は、一九六〇年代からソ連、ロシアは日本に千島列島、歯舞(はぼまい)、色丹(しこたん)を返還すべきだと考えてきました。
 これは、日本共産党が主張してきたことと同じです。
 日本共産党の宮本顕治書記長は、一九六九年三月五日、「千島問題についての日本共産党の政策と主張」を発表しました。これは、日ソ間の領土問題の歴史的研究をもとに、ヤルタ協定での千島引き渡し条項やサンフランシスコ平和条約での千島放棄に拘束されず、日本の歴史的領土として全千島列島の返還を要求せよと主張したものでした。
 その後の「日本共産党綱領」でも「日本の歴史的領土である千島列島と歯舞諸島・色丹島の返還をめざす。」(二〇〇四年一月十七日の第二十三回党大会で改定)と主張しています。
 領土問題では、歴史や法に照らして、筋の通った国際的に通用する道理ある立場に立つことが大切です。以下、千島列島、歯舞(はぼまい)、色丹(しこたん)返還を主張の論点を私なりにまとめてみました。
 ○ 日ロ領土問題解決の出発点とすべきなのは一八七五年の「樺太・千島交換条約」です。一八五五年の「日魯通好条約」は、国後、択捉を日本領とし、樺太(サハリン)島上の国境を未画定とする、いわば中間的条約でした。全千島列島の日本帰属を定めた「交換条約」が、日ロ間で平和的に領土を画定した最終的条約であり、千島全島が日本の領土である根拠となります。
 ○ 歯舞(はぼまい)、色丹(しこたん)については、北海道の一部であり、ヤルタ協定やサンフランシスコ平和条約の千島放棄条項の対象になっていない島々です。それが、たまたま、アジア太平洋戦争終了時に南千島に駐留していた日本の陸軍第八九師団が、歯舞(はぼまい)、色丹(しこたん)にも駐留していたために、ソ連が、南千島と一緒に占領する地域となっただけのことでした。ロシアが占領していることに何の根拠もありません。日本政府は、ロシアに即時無条件に返還せよと求めるべきです。
 ○ 千島問題については、やはり、ソ連の無法な領土占有を追認し誤った戦後処理の根拠となっているサンフランシスコ平和条約二条C項を不動の前提とせず、誤った戦後処理を正す立場でのぞむことが大切です。
 一九六八年五月二十三日の「条約法に関するウィーン条約」(一九八〇年一月二十七日発効)には、間違った条約、条項の廃棄が保障されています(第五三条「一般国際、法の強行規範に抵触する条約」)。
 また、条約には、よき先例もあります。この条約は、第三条の沖縄や小笠原にたいするアメリカの統治権を認めました。この条項は廃棄されていませんが、その後の小笠原や沖縄の本土復帰にともなって、この第三条は「立ち枯れ」状態になっています。
 二条C項を廃棄するという国民の世論を強め、それを背景にして、二条C項の廃棄を世界に通告する、そして、その通告したという前提でソ連と返還について交渉するという順序が必要ではないでしょうか。
 ○ ソ連との交渉にあたっては、ロシアはスターリンの領土拡張主義の誤りを是正せよと正面から提起していく必要があります。
 千島問題では、ロシアには理がありません。
 日本共産党の不破哲三氏は著書『スターリンと大国主義』(新日本出版社。一九八二年三月二十七日)で、つぎのようにのべています。「戦後になって、ソ連側は、千島問題を、ソ連がもともと権利をもっていた歴史的な領土の回復であったかのように理屈づけようと、懸命になりましたが、ソ連の歴史家がこの三十余年間に展開してみせたどんな“論証”も、まじめな検討にたえるものではありませんでした。昨年〔一九八一年〕も、『プラウダ』(藤原注・ソ連共産党の機関紙)の東京特派員が、千島は、日本が弱体化したロシアに圧力をかけて不法におどしとったものだといった議論を書きたてたりしましたが、十九世紀後半、幕末の日本に艦隊を派遣して圧力をかけたのがロシアであって、日本が艦隊を送ってロシアをおどしつけたわけでないことは、いまさら論じることもばかばかしい歴史の常識です。しかも、そこで結ばれた『不平等条約』の束縛からぬけだすのに、日本はさらに三十年もの歳月を要したのです。歴史を改作して恥じないこうした議論は、スターリンがもちだした領土要求が、歴史の真実と両立しえない不当な大国主義の要求であったことを、うきぼりにするだけのものです。」
 ソ連崩壊のさいに、スターリンのバルト三国併合の誤りは正されました。第二次世界大戦の時期のソ連による領土拡大や併合などの誤りは、ほとんどが解決されました。残るのは千島列島と歯舞(はぼまい)、色丹(しこたん)との問題です。

   スターリンのバルト三国併合、ヤルタ協定の内容

 注です。

 ● スターリンのバルト三国併合

 ソ連の連邦首相・スターリンは、一九三八年八月ニ十四日、ドイツと不可侵条約を結びました。これには秘密協定があり、東部ヨーロッパをドイツとソ連のあいだで分割しあうことが、取り決められていました。この取り決めにもとづいて、一九三九年九月一日にヒットラーがポーランド侵略の戦争を開始すると、ソ連は、同月十八日、東からポーランドに侵入し、ポーランドの東半分を自分の領土に組み入れました。そして、エストニア、ラトビア、リトアニアのバルト三国に軍事的圧力をかけて、ソ連いいなりの政府に交代させ、ついでソ連への合併を強行しました(ソ連の占領は一九四〇年から四一年まで。再占領は一九四四年から一九九一年まで )。

 ● ヤルタ協定の内容

 三大国即チ「ソヴィエト」聯邦、「アメリカ」合衆国及英国ノ指導者ハ「ドイツ」国ガ降伏シ且「ヨーロッパ」ニ於ケル戦争ガ終結シタル後二月又ハ三月ヲ経テ「ソヴィエト」聯邦ガ左ノ条件ニ依リ聯合国ニ与シテ日本国ニ対スル戦争ニ参加スベキコトヲ協定セリ
 一 外蒙古(蒙古人民共和国)ノ現状ハ維持セラルベシ
 二 千九百四年ノ日本国ノ背信的攻撃ニ依リ侵害セラレタル「ロシア」国ノ旧権利ハ左ノ如ク回復セラルベシ
 (甲)樺太ノ南部及之ニ隣接スル一切ノ島嶼ハ「ソヴィエト」聯邦ニ返還セラルベシ
 (乙)大連商港ニ於ケル「ソヴィエト」聯邦ノ優先的利益ハ之ヲ擁護シ該港ハ国際化セラルベク又「ソヴィエト」社会主義共和国聯邦ノ海軍基地トシテノ旅順口ノ租借権ハ回復セラルベシ
 (丙)東清鉄道及大連ニ出口ヲ供与スル南満州鉄道ハ中「ソ」合弁会社ノ設立ニ依リ共同ニ運営セラルベシ但シ「ソヴィエト」聯邦ノ優先的利益ハ保障セラレ又中華民国ハ満洲ニ於ケル完全ナル主権ヲ保有スルモノトス
 三 千島列島ハ「ソヴィエト」聯邦ニ引渡サルベシ
 前記ノ外蒙古竝ニ港湾及鉄道ニ関スル協定ハ蒋介石総帥ノ同意ヲ要スルモノトス大統領ハ「スターリン」元帥ヨリノ通知ニ依リ右同意ヲ得ル為措置ヲ執ルモノトス
 三大国ノ首班ハ「ソヴィエト」聯邦ノ右要求ガ日本国ノ敗北シタル後ニ於テ確実ニ満足セシメラルベキコトヲ協定セリ
 「ソヴィエト」聯邦ハ中華民国ヲ日本国ノ覊絆ヨリ解放スル目的ヲ以テ自己ノ軍隊ニ依リ之ニ援助ヲ与フル為「ソヴィエト」社会主義共和国聯邦中華民国間友好同盟条約ヲ中華民国国民政府ト締結スル用意アルコトヲ表明ス
(『日本外交主要文書・年表(1)』、五十六-五十七ページ。条約集第二十四集第四巻)

   参考文献 文中に注記していないもの

 ○ 自由民主党ホームページ
 ○ 公明党のホームページ
 ○ 民主党のホームページ
 ○ 日本共産党中央委員会ホームページ
 ○ 社民党のホームページ 
 ○ 荒井信一『岩波ブックレット シリーズ昭和史 NO・8 日本の敗戦』(岩波書店。一九八八年七月二十日)
 ○ 倉田康雄『ヤルタ会談 戦後米ソ関係の舞台裏』(筑摩書房。一九八八年七月三十日)
 ○ 不破哲三『千島問題と平和条約』(新日本出版社。一九九八年一月十日。新日本出版社)
 ○ 『日本共産党の七十年 党史年表』(日本共産党中央委員会。一九九四年五月五日)
 ○ 由井正臣『岩波ジュニア新書 日本の歴史 8 大日本帝国の時代』(岩波書店。二〇〇〇年十一月二十日)
 ○ 鹿野政直『岩波ジュニア新書 日本の歴史 9 日本の現代』(岩波書店。二〇〇〇年六月二十日)
 ○ 祝田秀全『忘れてしまった 高校の世界歴史を復習する本』(中経出版。二〇〇三年八月二十六日)
 ○ 不破哲三『新・日本共産党綱領を読む』(二〇〇四年十二月十五日。新日本出版社)
 ○ 日中韓三国共通歴史教材委員会『未来をひらく歴史 東アジア三国の近現代史』(高文社。二〇〇六年七月八日)
 ○ 代表編集・松井芳郎『ベーシック条約集 2008』(東信堂。二〇〇八年四月一日)

(二〇〇八年八月一日)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『歌集 永国寺町の夜の教室から』 藤原義一   【奥付】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.12

高知県須崎の人間魚雷・回天の基地で何があったのか その一。

 一九四五年春ころから大日本帝国陸海軍は、高知県にたくさんの基地をつくりました。わかったのは、これらの基地が、アメリカ軍が高知県に上陸することを想定して一九四五年春につくられたものだということです。
 大日本帝国陸海軍が、アメリカ軍が高知県に上陸することを想定してつくった交戦部隊です。
 戦争遺跡の状況や証言を検討すると、こんなふうな戦闘になった思います。
 窪川町宮内の高知海軍航空隊第三飛行場の爆弾を積んだ機上練習機・白菊や海軍第二十三突撃隊(須崎基地、宇佐基地、浦戸基地、手結基地)の回天、震洋、魚雷艇が海岸近くで特別攻撃することになったでしょう。
 上陸してきたら南国の浜では浜に刺した一メールほどの先のとがった竹の串やトーチカからの攻撃で防御したり、高知市では浦戸海軍航空隊の特別攻撃隊員が浜辺のタコつぼから爆弾を抱えて飛び出して上陸用舟艇に特別攻撃することになったでしょう。
 平地では、高知市にも数十メートルの出入口が二つある横穴壕がありました。たとえば、筆山町の要法寺、旭町、比島など。こうした壕も立てこもる場所としては有効だったでしょう。国民学校の児童をはじめとした民間人も竹やりで応戦する訓練をしていました。
 山間部では陸軍の兵士たちが壕に立てこもりながら陶器製の地雷や手りゅう弾で応戦したでしょう。
 高知県中で老若男女の死体が積み上げられる結果になったでしょう。
 こうした状況になる直前の姿をリアルに知りたいと数年前から聞き取りなどをしています。
 そのために、このところ、須崎の第二十三突撃隊の回天基地跡に通っています。
 海軍がアメリカ占領軍に渡した「引渡目録」を見ると、串ノ浦をちゅうしんとしたこの回天基地跡には、十二の回天を入れる壕などが描かれています。
 ここで、どんなことがあったのでしょうか。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.13

高知市 高知大学出身のみなさんへ檄(げき)。一月二日の「歌おう会」に結集せよ。

 「♪学生の歌声に……」を腕を組んで歌おう会

 かつて高知大学生であったみなさんへ。
 「あのころ」、私たちのくちびるには「うたごえ」がありましたね。
 一度、みんなで集まって、あなたの好きな「うたごえ」の歌を一緒に楽しみませんか。
 亡き友たちをしのびながら、「あのころ」の輝きを確認しながら、あと数十年の人生の足場を踏みしめながら……。

 

 2010年1月2日(土)
 午後1時半から午後5時まで

 高知市朝倉己(き)202の10の 朝倉ゼミナール
 (土佐道路ぞいのスーパーマーケット・サンプラザベルの南側、大谷団地内)

 

 会費・1000円(会場費、通信代、歌集代など)

 アルコールとおつまみは、それぞれもちよりましょう。

 会場の、朝倉ゼミナールは、文理学部・教育学部卒業、グリークラブの森尚水(もり・しょうすい)さんらが主宰しています。

 実行委員長は、大古閑恵(おおこが・めぐみ)さん(男性。文理学部理学科化学。いま、高知センター合唱団団員)です。電話は、090-1572-4112 です。

 副実行委員長の馴田正満さん(文理学部文学科歴史学。四国文映社社長)が、230曲のものをつくってくれました。司会も担当します。

 事務局長は、藤原尋子さん(旧姓・矢野。文理学部文学科国文学、グリークラブ)。

 ピアノは森登子さん(旧姓・北添。文理学部文学科国文学、グリークラブ)。

 春名なおあきさん(教育学部。元衆院議員)、藤原義一さん(歴史学。4年生になる前に除籍。来年4月に大学3年生に)も、この企画に賛同しています。

 出欠は、はがきやメールで藤原尋子あてに11月末日までにお知らせください。住所は、 〒781-5103 高知市大津乙2111の4 です。メールアドレスは  bqv01222@nifty.com  です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.16

高知市 「ママ二人 サポートしている 夜のこと……」。 

 ママ二人 サポートしている 夜のこと

 つらかった世を

 生きてきたんだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 「朝方の 番組料理 夜のかず……」。

 朝方の 番組料理

 夜のかず

 妻の努力に 頭下げてる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 田辺島公民館(大津乙)で「健康講座 ボケは予防できます」が開かれました。

 「助べえはボケませんよ」に 安どする

 10月14日午後二時から、高知市大津乙の田辺島公民館で「健康講座 ボケは予防できます」が開かれました。主催は、田辺島の隼人老人クラブです。
 物忘れとボケの違い、ボケとは何か、ボケないための予防法などを庶民と歩む診療所の所長・内田好彦医師(高知医療生活協同組合潮江診療所所長)と岡田艶子さん(同診療所看護師長)が、わかりやすく話しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 「英語好き も一人増えて おとな塾」。

 英語好き も一人増えて おとな塾

 十月十五日のことです。
 生徒三人の塾になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知県 ある男性のシベリア抑留体験の話をビデオに撮らせていたただきました。 

 FUさんと香美市土佐山田に行き、ある男性のシベリア抑留体験の話をビデオに撮らせていたただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 俳句集「躍らない 心暴れて 持て余す」。

Photo_2

 十月二日の県立高知短期大学の「芸術文化論」の時間に詠んだ俳句です。

 ごっくんと 唾(つば)のみこんで 仏像(ほとけ)撮る

 配り終え デザイン変えて もう一つ

 躍らない 心暴れて 持て余す

 空襲の弾痕(あと)三つある低い塀

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 俳句集「ピンポンの汗ふき飛ばすオートバイ」。

 十月九日の県立高知短期大学の「芸術文化論」の時間に詠んだは俳句です。

 雨戸閉め酒少しのみ 嵐やる

 ピンポンの汗ふき飛ばす オートバイ

 春まぢか おとなになれない六十二

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 俳句集「キンモクセイ 胸のうっぷん洗いさる」。

 十月十六日の県立高知短期大学の「芸術文化論」の時間に詠んだ俳句です。

 キンモクセイ 胸のうっぷん洗いさる
 
 「希望者全員通れ」 秋の陣

 腕組んで 土砂降りの中 歌った日

 シベリアの金網の中 ワープする

 「曼珠沙華(マンジュシャカ)」 二十歳の百恵思い出す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.18

高知市 「あの素晴しい愛をもう一度」の加藤和彦(かとう・かずひこ)さんの死。

 「あの素晴しい愛をもう一度」の加藤和彦(かとう・かずひこ)さんが十月十六日に亡くなりました。
 彼については映像などでしか知りませんが、一九四七年三月二十一日生まれですから学年が一緒です。

 報道によると、最近、こんなことをもらしていたそうです。

 「(曲が)できへんねん。うつなんや。冗談やないんや」
 「音楽でやるべきことがなくなった」
 「死にたい」

 「曲できへん」 苦悩抱きしめ逝った人

 心の健康を保ちながら六十二歳から「つぎ」へいくのって、かなり馬力がいります。
 私もいま「迷いどき」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市  「死ぬもんか」 「生きる」を歌う堀内桂。誕生日ライブを聴きました。

070

 夜、高知市福井の喫茶店でひらかれた堀内桂さんのライブを聴きました。

 妻、県立高知短期大学の学生OさんとKIさんと、その母も一緒でした。

 「死ぬもんか」 「生きる」を歌う堀内桂

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 ユーチューブで山崎ハコさんの歌を聴けることに気づきました。

 ユーチューブで山崎ハコさんの歌を聴けることに気づきました。

 胸が苦しい時、切ない時……、彼女の歌を聴くことで心を落ち着かせてきました。

 ● 山崎ハコさん 「飛びます」

http://www.youtube.com/watch?v=Kh_kMppftnU&feature=related

 ● 山崎ハコさん 「白い花」

http://www.youtube.com/watch?v=xBfAzAe0XlA&feature=related

 ● 山崎ハコさん 「気分を変えて」

http://www.youtube.com/watch?v=Q9y0qE7_4UE&feature=related

 ● 山崎ハコさん 「織江の唄」
 
http://www.youtube.com/watch?v=vl1j-DOBfqc&feature=related

 ● 山崎ハコさん 「ひとり唄」

http://www.youtube.com/watch?v=SDcvtlSJzHQ&feature=related

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.19

高知市  「やっぱりな。山崎ハコが一番だ」。晴れない夜に次々と聴く。

 山崎ハコさんを、ずーっと聴いて午前零時を回ってしまいました。

 

 「やっぱりな。山崎ハコが一番だ」

 晴れない夜に

 次々と聴く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 山崎ハコさん「ヨコハマ」。

 すごい歌です。

 ● 山崎ハコさん「ヨコハマ」。

http://www.youtube.com/watch?v=FQCzFcQALU8&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=9fAttmTjKUo&feature=related

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.20

近代の日本と朝鮮 年表

 1875年9月20日  日本の軍艦が朝鮮の領海をおかし、江華島の守備兵が砲撃。
 1876年2月26日  江華島事件を口実に朝鮮政府をおどして日朝修好条規を調印、日本、朝鮮にたいし治外法権をおしつける。
 1882年7月23日~ 朝鮮で兵士、市民が蜂起し、王宮、日本公使館など襲う(壬午政変)。
 1882年8月12日  朝鮮での壬午政変をうけ、急ぎ徴発令制定(戦時・事変のさいの軍需調達を規定)。
 1884年12月4日~ 朝鮮で金玉均らのクーデター計画に日本軍も介入し、朝鮮軍と衝突。
 1885年4月18日  天津条約(朝鮮からの日清両軍徴兵)。
 1894年2月15日  朝鮮で農民蜂起(甲午農民戦争始まる)。
 1894年7月23日  日本軍が朝鮮王朝を占領(ソウル)、朝鮮軍を武装解除。
 1894年8月1日   日本、清に宣戦布告(日清戦争)。
 1895年10月8日  朝鮮で日本軍などが閔妃(みんび)を暗殺。   
 1896年6月9日   朝鮮にかんする山県・ロバノフ協定。山県有朋(ありとも)とロシア外相ロバノフとの間でモスクワで調印された朝鮮問題にかんする日露間議定書。翌年2月26日発表され、公開条項四か条と、秘密条項二か条からなる。公開条項では、〔1〕日露両国の朝鮮への財政援助、〔2〕朝鮮自身による軍隊および警察の創設、〔3〕日本の朝鮮内に現有する電信線の管理、ロシアのソウルから国境線までの電信線架設権の確認、〔4〕後日商議すべきことの生じた場合の友誼(ゆうぎ)的妥協、を取り決めた。秘密条項では、〔1〕将来朝鮮の秩序が乱れ、日露両国が出兵する際、日露両軍衝突の危険を避けるため、両国軍隊の間に空地をつくるなど用兵地域を確定する、〔2〕小村‐ウェバー協定(1896年5月14日調印、翌年2月26日発表)による朝鮮内における日露両軍の駐兵の継続、を協定した。
 1904年2月8日   日露戦争始まる(2月8日、宣戦布告)。
 1904年2月23日  日韓議定書調印、日本の朝鮮への内政干渉を認めさせる。
 1904年8月22日  第一次日韓協約を締結。これにより韓国政府は、日本政府の推薦者を韓国政府の財政・外交の顧問に任命しなければならなくなった。日露戦争中ではあるが、この条約が結ばれた時期には朝鮮半島での戦闘は終了し、韓国は事実上日本の占領下に入っていた。
 1905年1月28日  閣議で竹島を日本領とし、島根県所属にすることを決定。 
 1905年11月17日 第二次日韓協約(乙巳保護条約)調印、日本政府、京城に総監をおき(初代・伊藤博文)、韓国を保護国化。各地で反日暴動。
 1907年7月24日  第3次日韓協約締結。内政権をうばい、軍隊を解散させる。反日義兵闘争高まる。
 1908年8月27日  朝鮮での植民地事業をすすめる国策会社・東洋拓殖株式会社(とうようたくしょくかぶしきがいしゃ)法公布。東洋拓殖株式会社は、朝鮮の農地集約を進めることを目的として設立された国策会社である。大韓帝国政府と日韓民間資本の共同出資などにより設立された。初代総裁は宇佐川一正(陸軍中将)。当初は漢城(現在のソウル特別市)に本店を置き、朝鮮の土地5700町歩を所有して、日本からの移民と開拓をその事業として掲げた。会社発足当初から、政府の補助金も受けて土地の買収を進めた。1919年には78000町歩(全耕作面積の約1.8%)を保有した。同社の日本人移民事業は挫折したが、接収した土地で朝鮮人を小作として働かせ、地主兼金融業を中心業務とするようになった。そのため、朝鮮における最大の地主となり、1937年には小作人78667人を擁した。天皇家が同社の株を所有していたことも含め、名実とも日本の朝鮮経営の中心となった。
 1909年7年6日   閣議で韓国併合の方針決定。 
 1909年10年26日 安重根(アン・ジュングン)が、伊藤博文をハルビンで射殺。
 1910年8月22日  日本軍の圧力のもとで韓国併合条約の調印、朝鮮総督府の設置(8月29日)、初代総督・寺内正毅(10月1日)。 1910年9月12日  韓国駐剳(ちゅうさつ)憲兵条例公布。
 1911年8月24日  朝鮮教育令公布(明治天皇の教育勅語にもとづき日本語を主体に)。
 1912年8月7日   朝鮮総督府が土地調査令を制定。
 1925年5月8日   勅令で治安維持法を朝鮮、台湾、樺太に施行。
 1931年9月18日  柳条湖事件、日本帝国主義、中国の東北地方に侵略戦争を開始。
 1937年7月7日   日本帝国主義、中国にたいする全面侵略戦争を開始(盧溝橋事件)。
 1938年3月4日   朝鮮の教育令改定、朝鮮語の使用を禁止。
 1939年7月28日  朝鮮人労働者の日本への強制連行はじまる。
 1939年12月26日 朝鮮総督府が朝鮮人に日本式氏名を強制する「創氏改名」を命じる。
 1941年12月8日  ハワイ真珠湾攻撃、マレー半島上陸、天皇が開戦の詔勅、アメリカ、イギリスに宣戦布告、日本帝国主義がアジア太平洋戦争を開始。
 1943年3月2日   兵役法をあらため、朝鮮にも徴兵制施行。
 1945年8月8日   ソ連が日ソ中立条約を破棄し、対日宣戦布告。8月9日、ソ連軍がソ連、「満州」国境をこえて対日参戦、千島、歯舞(はぼまい)、色丹(しこたん)を占領。
 1945年8月13日  ソ連軍、清津府を占領(実質的に日本の統治から外れた最初の街)。
 1945年8月15日  天皇制政府、ポツダム宣言を受諾(じゅだく)して連合国に降伏。呂運亨、朝鮮建国準備委員会(建準)結成。
 1945年8月21日  ソ連軍が平壌府進駐。
 1945年8月25日  アメリカ軍が仁川府上陸。
 1945年8月      アメリカ、ソ連が北緯三八度線での朝鮮の分割占領で合意。
 1945年9月6日   呂運亨らは朝鮮人民共和国の樹立を宣言。
 1945年9月7日   アメリカ極東軍司令部が朝鮮における軍政を宣言(即時独立否認)。
 1945年9月9日   総督府が降伏文書に調印。
    
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 高校二年生からの手紙と二個のあめ玉。

Photo

  十月二十日は仕事も学校も休んでしまいました。
 風邪です。のどが痛い、体中が痛い……。
 妻は、二件の用件があって外出。しかたないので昼ごはんのおかずをつくって、また寝て……。

 夕方、起き上がって郵便受けを見ると高知県下のTUさんからの手紙がきていました。

 この間、電話で「私が受験する二年後にも高知短期大学はあるでしょうか」と問い合わせてきた高校二年生の女性とです。
 その後、彼女に高知短期大学存続運動などの資料を送りましたが、それへの返事でした。
  「高知短期大学存続を求める(学生)の会のさまざまなご活動素晴らしいです。遠くからですが私も応援しています」
 封筒にあめ玉が二つ入っていました。
 ありがとうTUさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.21

高知発 The "utagoe" party will be held by people graduated Kochi University on January 2nd, 2010.

 英作文に挑戦しています。

  "Utagoe" is popular around me now.

  "Utagoe" is that people enjoy singing various song together.

  In September,Kochi center chorus held a big "utagoe" party.

 About 150 people were there and they attracted their singing each other.

 What kind o element would raise the popularity of "utagoe"?

 It is because that Kochi center chorus widened "utagoe" since establishment steadily for 40 years.

  People who participated in the party were various age group,from 5 years old to 80's.

 The songs at "utagoe" are fine,bright,positive and healthy.

  That's why,it's very popular.They love it.

  Lonely songs,and sad songs are nice, but there is time when we need bright songs sometimes in our life.

 The "utagoe" party will be held by people graduated Kochi University  on January 2nd, 2010.

 There are many people who think that make Japan much better country,and want to be happy.

 That support popularity of "utagoe".

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 未来社会・社会主義論についての記事。

 未来社会・社会主義論について頭を整理しておく必要を感じて、この点についての「しんぶん赤旗」の切り抜きをつくりました。

 ご参考に。

 2006年5月31日(水)「しんぶん赤旗」

 未来社会は人がまじめに働かなくなる?

 〈問い〉 「共産主義の社会は財産が共有となるのだから、競争はなくなる。でもそうなったら、だれもまじめに働かなくなる」という人がいます。どう考えればよいでしょうか。(岡山・一読者)
 〈答え〉 いまの資本主義社会では、“いかにもうけるか”を原理とする仕組みのため、労働者の生活保障などは二の次で、長時間・過密労働がまかりとおり、自分のやりたい仕事ができている人は多くありません。しかし、私たちがめざす、未来社会(=共産主義・社会主義の社会)では、生産の目的が「社会全体の利益」へとかわり、労働が強制ではなくそれ自体が喜びとなるように変わります。
 ご質問のような疑問が起きる背景には、従来の未来社会論のもっていた弱点があります。
 マルクス、エンゲルス以前の共産主義思想は「私有財産の否定、共有」ということが中心でした。
 「私有財産が否定」されるのなら、それを豊かにするための各人の努力も必要がなくなり、競争も意味をもたず、結局、悪平等の社会になる、というのが論理的帰結になります。現にソ連社会はそういう「共産主義」で、だから崩壊した―こういう見方はかなり広範に横行しています。
 しかし、「私有財産の否定=共産主義」とする見方は、本来の科学的社会主義とはまったくちがうのだということを明確にしたのが、新しく改定した日本共産党綱領です。
 マルクスは1867年、『資本論』の中で初めて、生産手段と生活手段を明りょうに区別し、生産手段を社会化することが変革の中心問題であり、生活手段は未来社会でも個々人の所有になることを明確にしました。
 新しい綱領では、この見地をふまえ、未来社会への変革の中心が「生産手段の社会化」であり、レーニン以降に定説となってきた、低次の段階(労働に応じて受け取る)を社会主義、高次の段階(欲望に応じて受け取る)を共産主義と段階づける2段階論が、分配中心に考える誤りであることを明確にしました。
 新しい綱領は、市場経済を通じて社会主義をめざすことも明記しました。市場経済ですから当然、競争も存在し、未来社会でもいまとは別のある種の競争がつづいていくことは疑いえません。
 未来社会では、今日のような「生活のために、しかたなく働く」労働とは大きく変わるでしょう。さらに、労働時間が大幅に短縮されることによって、自由に利用できる時間がふえ、その自由な時間を利用して、自分の能力を開花させ、生きがいをもって働く。そういう社会が展望できるのではないでしょうか。(喜)

 2006年4月8日(土)「しんぶん赤旗」

 「生産手段の社会化」って どういう意味?

 〈問い〉 日本共産党の綱領にある「生産手段の社会化」って、どういう意味ですか?(岡山・一読者)
 〈答え〉 生産手段とはごく簡単にいえば、物を生産するための原料(=労働対象)と工場・機械など(=労働手段)のことです。いまの資本主義社会は、これをごく一部の人たちが占有し、もうけ本位に生産しており、これが社会のゆがみや環境破壊につながっています。
 当面する民主的変革の過程を経て、私たちがめざす次の段階が、資本主義を乗り越えた未来(社会主義・共産主義の社会)への前進です。ここでの変革の中心的な指標が「生産手段の社会化」です。生産手段の社会化を土台にどんな社会をつくるか。第23回党大会で決めた新しい日本共産党綱領はそれを次の三つの側面から描きだしています。
 (1)生産手段の社会化は、人間による人間の搾取を廃止し、すべての人間の生活を向上させ、社会から貧困をなくすとともに、労働時間の抜本的な短縮を可能にし、社会のすべての構成員の人間的発達を保障する土台をつくりだす。
 (2)生産手段の社会化は、生産と経済の推進力を資本の利潤追求から社会および社会の構成員の物質的精神的な生活の発展に移し、経済の計画的な運営によって、くりかえしの不況を取り除き、環境破壊や社会的格差の拡大などへの有効な規制を可能にする。
 (3)生産手段の社会化は、経済を利潤第一主義の狭い枠組みから解放することによって、人間社会を支える物質的生産力の新たな飛躍的発展の条件をつくりだす。
 この変革は、国民の合意のもと、一歩一歩の段階的な前進を必要とする長期の過程です。人類史の新しい未来をひらく歩みですから、青写真はありません。国民が英知をもって挑戦する創造的な開拓の過程となるでしょう。
 ですから、新しい綱領では、(1)生産手段の社会化は多様な形態をとるが、どんな場合でも「生産者が主役」という原則を踏み外してはならないこと(ソ連では「国有化」して国家が工場などをにぎりさえすれば、これが「社会化」だということで、現実には官僚主役の経済体制がつくりあげられた。これを絶対にくりかえしてはならないこと)(2)改革の道すじの全体が「市場経済を通じて社会主義へ」という特徴をもつが、どのようにして、計画性と市場経済とを結びつけるのかなどは、知恵の出しどころであること(3)「計画経済」を、国民の消費生活を規制する「統制経済」に変質させてはならないこと―など、基本点を明記しています。(喜)

 2007年12月19日(水)「しんぶん赤旗」

 未来社会を「社会主義・共産主義の社会」と呼ぶわけは?

 〈問い〉 日本共産党が展望する未来の社会つまり社会主義・共産主義の社会では、民主主義はどうなっていますか。私は、未来社会は一言でいえば「政治・経済・社会の全般にわたり民主主義が徹底されている社会」と思っています。そういえば国民にはわかりやすいと思うのですが、そういわずに「社会主義・共産主義の社会」というのはなぜですか。(神奈川・一読者)
 〈答え〉 日本共産党の綱領は、「社会主義・共産主義の日本では、民主主義と自由の成果をはじめ、資本主義時代の価値ある成果のすべてが、受けつがれ、いっそう発展させられる」と述べています。このような未来社会を「社会主義・共産主義の社会」と呼ぶのは、さしあたりの目標である資本主義の枠内での改革の実現(民主主義革命)と、さらに将来の、資本主義を乗り越えた社会主義・共産主義の社会への前進とを、区別しているからです。
 資本主義のもとでは、「利潤第一主義」が生産の推進力となっているために、不況や失業の発生を避けることができません。いま大きな問題となっている地球環境の破壊も、その根底には大企業の横暴な利潤追求があります。また、貧富の格差のおおもとの原因である「人による人の搾取」そのものは、資本主義社会である限りなくなりません。
 こうした問題を根本から解決するためには、大企業が独占している設備や機械などの「生産手段」を、実際に生産を担って働く人々の手に取り戻すことが必要です。そのことによって、貧困を根絶するだけでなく、不況・失業や環境破壊などにも有効な対策をとることができるようになります。しかも、労働時間の抜本的な短縮が可能になり、すべての人々の全面的な人間的発達を保障できるようになるのです。このようにして、搾取のない平等な人間関係に基づく社会の建設が始まり、「人類史の新しい発展段階」への道が開かれることを、党綱領は指摘しています。日本でも古墳時代から千数百年にわたって続いてきた階級社会、つまり人間による人間の搾取を土台とした社会が、終わりを告げるということです。
 未来社会の展望を、「社会主義・共産主義の社会」という言葉で表現するのは、このように民主主義の徹底だけにとどまらない深い意義を持っているからです。(石)

 2009年4月4日(土)「しんぶん赤旗」

 未来社会を社会主義・共産主義と呼ぶのは?

 〈問い〉 未来社会を「社会主義・共産主義」と呼ぶようになったのは、なぜですか?(東京・一読者)
 〈答え〉 日本共産党は、第23回党大会(2004年)の綱領改定にあたって、科学的社会主義の未来社会論について、より根源的な理論的探求をすすめ、レーニンによる定説を再検討しました。
 日本共産党は、資本主義をのりこえた未来社会の低い段階を「社会主義社会」とし、高い段階を「共産主義社会」とする2段階発展論の見方をやめました。科学的社会主義の学説をうちたてたマルクス、エンゲルスは著作で、この2つの用語のどちらも未来社会そのもの、最初の段階から高度に発展した段階までの全段階を包括的に表す言葉として使っています。2つの発展段階を表現したものと意義づけたのは、レーニンの『国家と革命』以後です。日本共産党は、レーニンの区別に根拠がないことを明らかにした上で、綱領では、「社会主義・共産主義の社会」という用語を使うことにしました。
 レーニン以来の定説では、未来社会での生産物の分配は、「社会主義社会」の段階は「労働に応じて受け取る」、「共産主義社会」の段階は「必要に応じて受け取る」という原則にもとづくとされ、この分配原則の変更が、未来社会の2つの段階を区分する最大の標識だとされていました。こうなると、「必要に応じて受け取る」ことが可能な状態にまで発展することが、未来社会建設の究極の目標であるかのように扱われてきます。マルクスは未来社会の展望について、人類の飛躍的な壮大な発展の時代としてとらえており、分配中心の未来社会論こそは、最も厳しく戒めたものでした。
 マルクスの未来社会論は、これまで本格的に研究されないできました。過去に存在した旧ソ連を理由に、ソ連という「社会主義」の現実があるのに、いまさらマルクスの古い文献にもどる必要はないという考え、またレーニンが『国家と革命』で与えたマルクス解釈が絶対化されてしまって、この大事な分野のマルクス研究を妨げてきたからです。(満)
 

 2006年6月7日(水)「しんぶん赤旗」

 「市場経済の活用」と市場主義の違いは?

 〈問い〉 日本共産党は、将来の日本が社会主義社会へと前進する際に、市場経済の活用を展望していると聞きましたが、「市場経済の活用」と市場主義はどう違うのでしょうか。また、レーニンもこの方向を探求していたというのは本当でしょうか。(東京・一読者)
 〈答え〉 日本共産党は、将来の日本では、かつてのソ連や中国のように経済を統制のもとに置くのではなく、私的な生産部門を残して市場経済を活用しながら社会主義建設をすすめることを展望しています。
 それは、市場経済が、他のものでは代用しがたい重要な機能を持っているからです。具体的には、社会全体の必要に応じて生産を調整すること、企業活動の成績や労働の生産性を評価し相互に比較すること、などです。
 また、日本共産党は、選挙で示された国民多数の意思にもとづいて、一歩ずつ社会主義建設をすすめるという立場に立っています。その過程では、従来から存在していた資本主義的な経済部門と、新たにつくられる社会主義部門が並存し、互いに競争する関係となることが避けられないのも当然です。
 市場経済を活用しながら社会主義を建設するということは、企業が私的に所有している主要な生産手段を社会的所有へと移して、利潤追求を第一とする社会から社会全体の利益のために生産活動がおこなわれる社会に変えるということです。その際には、私的な生産部門に対しても、経済の秩序と国民大衆の利益の観点から、必要で合理的な規制がおこなわれます。「市場に任せておけばうまくいく」として企業活動への規制や介入を否定する市場主義とは、この点で違います。
 レーニンは、ロシア革命後の内戦が一段落した時点で、それまでの「戦時共産主義」と呼ばれた経済統制では社会主義建設がうまくいかないことに気づいて、「新経済政策(ネップ)」と呼ばれる市場を活用した社会主義建設へと転換しました。このときレーニンが掲げた方針は、(1)市場経済を舞台に、資本主義に負けない社会主義部門をつくり発展させる、(2)同時に、私的な資本主義部門の発展も容認する、(3)経済全体の要をなす部門は社会主義部門として確保する、(4)社会主義部門が資本主義部門に学び、吸収できるものはすべて吸収する、(5)農業の協同組合化は急がず、あくまでも農民自身の自発性を尊重する、というものです。これについては、たとえば不破哲三著『レーニンと資本論』第七巻などに詳しく説明されています。
 この方針はスターリンによって中断されて実を結びませんでした。しかし、このときのレーニンの理論的な探求には、今日に生かされるべきものがあります。(哲)

 2006年5月25日(木)「しんぶん赤旗」

 旧ソ連でなぜ、スターリンが指導者に…

 〈問い〉 有権者との対話で、「旧ソ連で、なぜ、スターリンのような人物が指導者となることができたのか?」と聞かれることがありますが、どう答えたらよいでしょうか。また、党の文献で、そのことにふれたものがあるでしょうか。(東京・一読者)
 〈答え〉 ロシア革命当時のボリシェビキ(共産党)には、特定の個人が大きな権限をにぎるようなポストはなく、レーニンによる指導も、弁論を通して人々を説得することによっておこなわれていました。レーニンが病気で倒れた後、新たに設けられた書記長の地位に就いたスターリンは、自分ひとりに党運営の権限を集中させるようになりました。そして、ロシア革命後に独立国となっていたウクライナ、ベルロシア、グルジアなどを、強権的なやりかたで「ソビエト連邦」へと統合していきました。
 レーニンは、1923年に開かれた第12回党大会に際して、ソ連邦内の諸民族に対する抑圧を是正するよう警告する手紙を党の幹部に送りました。また、大会の代議員にあてた手紙では、スターリンを書記長から解任するように求めました。そのなかでレーニンは、「スターリンは粗暴すぎる」として、この欠点が党の将来に「決定的な意義をもつことになりかねない」と述べています。しかし、当時のソ連共産党の幹部には、この指摘の意味を正面から受け止められる人物はいませんでした。また、レーニン自身も、スターリンとのたたかいを完遂することなく世を去りました。この経緯については、不破哲三著『スターリンと大国主義』に詳しく書かれています。
 レーニンが指摘したスターリンの「粗暴さ」は、29年から30年にかけて、上からの強権的な農業集団化となってあらわれました。自分の農地を手放すことに抵抗した農民たちが、数百万人という規模で「シベリア送り」となったのです。また、30年代に入ってからは、「粛清」と呼ばれた党幹部の大量弾圧が始まりました。以後スターリンは、党の大会さえも開かないなど、党運営のルールを踏みにじって独裁者となっていきました。
 その背景には、個人の尊厳を前提とする民主主義が、当時のソ連社会に十分根を下ろしていなかったこと、同時に、ソ連共産党が、民主的な組織運営の面で未熟だったことがあると考えられます。また、レーニン死後のソ連は科学的社会主義の原則をふみはずし、国内的には専制主義・官僚主義の体制をつよめ、対外的には干渉と侵略、覇権主義の道をすすんで、ついに解体にいたりました。日本共産党は、スターリン以後の人間抑圧型のソ連社会は、社会主義社会でも、社会主義へ向かう過渡期の社会でもなかったと結論づけています。(哲)

 2007年2月14日(水)「しんぶん赤旗」

 生産手段の社会化 交通機関や放送局は?

 〈問い〉日本共産党の綱領第5章には、「社会主義的変革の中心」は「主要な生産手段の所有・管理・運営を社会の手に移す生産手段の社会化である」と書かれています。生産をしていない交通機関や放送局は社会化されないのでしょうか。(大阪・一読者)
 〈答え〉 日本共産党の綱領第5章は、日本社会が資本主義を乗り越え、社会主義・共産主義社会への前進をはかる段階の展望を述べているものです。そこでは、「社会主義的変革の中心は、主要な生産手段の所有・管理・運営を社会の手に移す生産手段の社会化」であり、「生活手段については、この社会の発展のあらゆる段階を通じて、私有財産が保障される」という基本的な発展方向を明らかにしています。その際、どの分野の生産手段が社会化の対象となるのか、それがどのような所有形態へとすすむのか、といったことは、この変革が現実の課題になった段階で、政治情勢や経済・社会の状況を踏まえて検討されるべきものです。
 当然、資本主義時代の価値ある成果や経験がうけつがれ、いっそう発展させられるでしょう。
 綱領はまた、「社会主義・共産主義の社会がさらに高度な発展をとげ」た後に、「人間による人間の搾取もなく、抑圧も戦争もない、真に平等で自由な人間関係からなる共同社会への本格的な展望が開かれる」という、長期の展望も明らかにしています。ここに書かれている未来の共同社会は、搾取そのものがなくなる社会です。そこへいたる過程では、財貨の生産をおこなわないサービス産業も含めて、今日の大企業が担っている経済活動のすべてが、いずれは何らかの形で社会的な所有・管理・運営へすすんでいくだろう、というのが理論的展望です。
 なお、鉄道などの交通機関は、原料や商品を運ぶことで生産の一端を担うという性格をもっていますし、国民生活と日本経済を支える大事な産業です。したがって、そのあり方については、安全性と経済効率の両面からの検討が必要です。
 また、放送や新聞などのマスメディアは、国民の言論の自由や人権の保障という面からも重要な機関であり、「真に平等で自由」な社会の言論機関にふさわしい経営の形態が探求されることになります。(哲)

 2006年4月13日(木)「しんぶん赤旗」

 未来社会 私有財産が大量でも保障される?

 〈問い〉 日本共産党の綱領は、将来の社会主義社会でも、私有財産の保障をいっていますが、大富豪のように財産の量(土地、山、金銭)が大量にあっても、保障されるのですか?(東京・一読者)
 〈答え〉 日本共産党第23回大会で新しく決めた綱領では、未来社会(=社会主義・共産主義社会)の変革の中心が、「生産手段の社会化」であり「社会化の対象となるのは生産手段だけで、生活手段については、この社会の発展のあらゆる段階を通じて、私有財産が保障される」と規定しました。
 私たちの立場は、現在から未来に至る“あらゆる段階を通じて”消費生活のなかでの個々人の私有財産は量の大小を問わず、「社会化」の対象とはしないということです。
 かつては、社会主義・共産主義の運動の目標は「私的所有の廃止」という言葉で表現されるのが普通でした。マルクス、エンゲルスの初期の文章でもブルジョア社会の諸悪の根源は「私的所有」と表現され、新しい社会の中心目標は「私的所有の廃止」として定式化されていました。しかし、マルクスは、『資本論』を仕上げていくなかで、「この否定〔資本主義的私的所有の否定〕は、私的所有を再建するわけではないが、しかし、資本主義時代の成果―すなわち、協業と、土地の共同占有ならびに労働そのものによって生産された生産手段の共同占有―を基礎とする個人的所有を再建する」(新日本出版社『資本論』(4)1306ページ)と、生産手段と個人的所有の二つを区別するようになります。新しい綱領はこうした理論の発展をふまえたものです。
 現在の資本主義社会のなかで、「ビル・ゲイツら長者3人の資産だけで開発途上国43カ国6億人分の富に相当する」といわれるなど、世界でも日本でも貧富の差はどんどん広がっています。この格差を小さくする方向に政治経済の舵(かじ)を切るかどうか、が問われています。当面する資本主義のわく内で、社会的格差の是正、富の再分配のルールづくりは国民的な議論のなかですすんでいくでしょう。
 こうした民主的改革をふまえてさらに前進する未来社会は、生産手段の所有・管理・運営を社会の手に移すことによって、人間による人間の搾取を廃止し、すべての人間の生活を向上させ、社会から貧困をなくしていく社会です。そこでは、経済の計画的な運営によって、社会的格差の是正がさらにすすみ、個々人の財産は、社会のみんなに、今より豊かに保障されるようになるでしょう。
 したがって、未来のその段階では、貧富や所得の大きな格差自体が存在しない社会になっていると展望することができます。(喜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.22

高知市 「ユーチューブ 日本共産党(とう)の報告 映してる……」。

 ユーチューブ 日本共産党(とう)の報告 放映中

 変わったもんだね

 政治の世界

 ここを見てください。

 http://www.youtube.com/watch?v=msUGCqWoYMI

  第9回中央委員会総会 幹部会報告(09.10.13)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 「二日寝て 夕陽に向けて 走ってる……」。

 十月二十一日。

 二日寝て

 夕陽に向けて 走ってる

 夜の学校 喜びだもの

 風邪でダウンしていました。

 仕事、学校とも一日休んでしまいました。

 無念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.23

アジア太平洋戦争後の日本の B級戦犯、C級戦犯とA(エイ)級戦犯は、どう違うか。

 B、Cで 死刑になった 一千人

 大元帥は

 「あ、そー」「あ、そー」

 ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●

 一九四五年七月ニ十六日、ポツダム会談での合意にもとづいてアメリカ、イギリス、中国が、大日本帝国に発したアジア太平洋戦争にかんする十三条からなる降伏勧告の宣言(ポツダム宣言)がおこなわれました。
 第十項の中に「我らの俘虜(捕虜)を虐待した者を含む一切の戦争犯罪人に対しては厳重な処罰が加えられるであろう」とありました。
 同年八月八日、アメリカ、イギリス、フランス、ソ連が「欧州枢軸諸国の重要戦争犯罪人の訴追及び処罰に関する協定」(ロンドン協定・戦犯協定)を締結。ここで「平和に対する罪」という新しい戦争犯罪の概念が登場しました。
 同年八月十日、日本がポツダム宣言を受諾。十五日、終戦。
 大日本帝国と戦争した連合国は、「極東国際軍事裁判所条例」をつくり、戦後、大日本帝国を裁いていきました。

 極東国際軍事裁判所条例第五条

人並ニ犯罪ニ関スル管轄 本裁判所ハ、平和ニ対スル罪ヲ包含セル犯罪ニ付個人トシテ又ハ団体員トシテ訴追セラレタル極東戦争犯罪人ヲ審理シ処罰スルノ権限ヲ有ス。
 (イ)平和ニ対スル罪
 即チ、宣戦ヲ布告セル又ハ布告セザル侵略戦争、若ハ国際法、条約、協定又ハ誓約ニ違反セル戦争ノ計画、準備、開始、又ハ遂行、若ハ右諸行為ノ何レカヲ達成スル為メノ共通ノ計画又ハ共同謀議ヘノ参加。
 (ロ)通例ノ戦争犯罪
 即チ、戦争ノ法規又ハ慣例ノ違反。
 (ハ)人道ニ対スル罪
 即チ、戦前又ハ戦時中為サレタル殺人、殲滅、奴隷的虐使、追放、其ノ他ノ非人道的行為、若ハ犯行地ノ国内法違反タルト否トヲ問ハズ、本裁判所ノ管轄ニ属スル犯罪ノ遂行トシテ又ハ之ニ関連シテ為サレタル政治的又ハ人種的理由ニ基ク迫害行為。
 上記犯罪ノ何レカヲ犯サントスル共通ノ計画又ハ共同謀議ノ立案又ハ実行ニ参加セル指導者、組織者、教唆者及ビ共犯者ハ、斯カル計画ノ遂行上為サレタル一切ノ行為ニ付、其ノ何人ニ依リテ為サレタルトヲ問ハズ、責任ヲ有ス。

 【B級戦犯、C級戦犯】

 B級戦犯、C級戦犯とは、アジア太平洋戦争の戦勝国である連合国によって布告された国際軍事裁判所条例および極東国際軍事裁判条例における戦争犯罪類型ロ項「通例の戦争犯罪」、ハ項「人道に対する罪」に該当する戦争犯罪または戦争犯罪人とされる罪状に問われた一般の兵士らのことです。
 A級と同様に、B、Cは刑の重さではありません。
 日本のBC級戦犯は、ポツダム宣言の執行のために日本に設置された連合国の機関である連合国軍最高司令官総司令部により横浜やマニラなど世界四十九カ所の軍事法廷で裁かれ、のちに減刑された人も含め約千人が死刑判決を受けたとされます。
 極東国際軍事裁判(東京裁判)においてもA項目の訴追事由では無罪になったが、B項、C項の訴追理由で有罪になった人がいました。
 BC級戦犯の中には、旧植民地出身の朝鮮人・台湾人がいました。その数は、朝鮮人が百四十八人、台湾人が百七十三人でした。
 A級戦犯約二百人が、巣鴨拘置所に逮捕監禁されたのと同時にCB級戦犯約五千六百人が各地で逮捕投獄されました。
 横浜、上海、シンガポール、ラバウル、マニラ、マヌス等々南方各地の五十数カ所の牢獄に抑留され、約千人が軍事裁判の結果、死刑に処されました。

 【A級戦犯】

 A級戦犯は、 極東国際軍事裁判所条例第五条(イ)項により定義された戦争犯罪にかんし、極東国際軍事裁判により有罪判決を受けた者です。
 罪状は東條英機首相を始め日本の指導者二十八人を「文明」の名によって世界征服の責任を裁くというもので、通常の戦争犯罪に加えて「平和に対する罪」でも起訴されたました。 東京都市ヶ谷の旧陸軍士官学校の講堂にて裁判がおこなわれました。一九二八年から一九四五年、すなわち満洲事変からアジア太平洋戦争(大東亜戦争)までの期間を被告等が全面的共同謀議をおこなったなどとして起訴。起訴は一九四六年四月ニ十九日(四月ニ十九日は昭和天皇の誕生日)におこなわれました。
 昭和天皇は大元帥であり、戦争の第一の責任者でしたが、連合国軍最高司令官総司令部の最高指令官ダグラス・マッカーサーが当時の日本の統治において天皇の存在を必要と考えたため、天皇の退位・訴追はおこなわれませんでした。
 一九四六年四月二十九日に起訴された被告人は、昭和天皇の命令で戦争を遂行した人々でした。

 関東軍関係
 板垣征四郎 - 南次郎 - 梅津美治郎
 特務機関
 土肥原賢二
 陸軍中央
 荒木貞夫 - 佐藤賢了 - 鈴木貞一 - 木村兵太郎 - 橋本欣五郎 - 畑俊六 - 武藤章 - 松井石根
 海軍中央
 嶋田繁太郎 - 岡敬純 - 永野修身
 総理大臣
 東條英機(陸軍) - 広田弘毅(外交官) - 小磯国昭(陸軍) - 平沼騏一郎(司法官僚)
 大蔵大臣
 賀屋興宣
 内大臣
 木戸幸一
 外務大臣
 東郷茂徳 - 重光葵 - 松岡洋右
 企画院総裁
 星野直樹
 駐ドイツ武官
 大島浩
 駐イタリア大使
 白鳥敏夫
 思想家
 大川周明

 一九四六年五月三日から審理が開始し、当初五十五項目の訴因があげられたましが最終的に十項目の訴因にまとめられました。判決に影響しなかった訴因のうち、「日本、イタリア、ドイツの三国による世界支配の共同謀議」「タイ王国への侵略戦争」のニつについては証拠不十分のため、残りの四十三項目については他の訴因に含まれるとされ除外されました。
 上記のニ十八人が一九四六年四月二十九日に起訴された。うち、大川周明は梅毒による精神障害が認められ、訴追免除となり、永野修身と松岡洋右は判決前に病死していました。
 一九四八年十一月四日、判決の言い渡しが始まり、十一月十二日に刑の宣告を含む判決の言い渡しが終了しました。
 判決は、以下のとおりです。

 絞首刑(死刑) 七人

 板垣征四郎 - 軍人、陸相(第一次近衛内閣・平沼内閣)、満州国軍政部最高顧問、関東軍参謀長。(中国侵略・米国に対する平和の罪)
 木村兵太郎 - 軍人、ビルマ方面軍司令官、陸軍次官(東條内閣)(英国に対する戦争開始の罪)
 土肥原賢二 - 軍人、奉天特務機関長、第一二方面軍司令官(中国侵略の罪)
 東条英機 - 軍人、第四十代内閣総理大臣(ハワイの軍港・真珠湾を不法攻撃、米国軍隊と一般人を殺害した罪)
 武藤章 - 軍人、第一四方面軍参謀長(フィリピン)(一部捕虜虐待の罪)
 松井石根 - 軍人、中支那方面軍司令官(南京攻略時)(捕虜及び一般人に対する国際法違反(南京大虐殺))
 広田弘毅 - 文民、第三十二代内閣総理大臣(近衛内閣外相として南京事件での残虐行為を止めなかった不作為の責任)

  終身刑 十六人

 荒木貞夫
 梅津美治郎
 大島浩
 岡敬純
 賀屋興宣
 木戸幸一
 小磯国昭
 佐藤賢了
 嶋田繁太郎
 白鳥敏夫
 鈴木貞一
 南次郎
 橋本欣五郎
 畑俊六
 平沼騏一郎
 星野直樹

 有期禁固刑 二人

 重光葵 (七年)
 東郷茂徳 (二十年)

 一九七八年、靖国神社が死刑および獄中死の十四人を「昭和時代の殉難者」として合祀しました。靖国に戦死者以外が合祀されることは例外的でした。広田弘毅など非軍人を合祀したことでも例外的な措置でした。死亡の理由は「法務死」となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「みな善意 それだからこそ 回らない……」。

 みな善意 それだからこそ 回らない

 何だかじんわり

 涙がわき出た

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『グリーン・ニューディール 環境投資は世界経済を救えるか』。面白いですよ。

『グリーン・ニューディール 環境投資は世界経済を救えるか』(寺島実郎、飯田哲也、NHK取材班。NHK出版。2009年6月10日)を読んでいます。

 現場の取材にもとづく本で面白いですよ。

 その一部をリポートの形で紹介します。

リポート『グリーン・ニューディール 環境投資は世界経済を救えるか』第6章、第7章

 ☆ はじめに グリーン・ニューディール、京都議定書

 本論に入る前に、あらためて、この言葉の持つ意味をおさえておきたいと思います。

 まず、グリーン・ニューディールです。

 

 ● フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から

 『グリーン・ニューディール』(A Green New Deal)は、2008721日にグリーン・ニューディール・グループが発表し、新経済財団(NEFNew Economics Foundation)により出版されている報告書、もしくはその内容に沿った政策の名称である。地球温暖化、世界金融危機、石油資源枯渇に対する一連の政策提言の概要が記されている。報告書は、金融と租税の再構築、および再生可能エネルギー資源に対する積極的な財政出動を提言している。正式名称は『グリーン・ニューディール:信用危機・気候変動・原油価格高騰の3大危機を解決するための政策集』(A Green New Deal: Joined-up policies to solve the triple crunch of the credit crisis, climate change and high oil prices)。 2008年後半からの世界金融危機などへの対応のため、世界各国でこれに沿った政策が検討もしくは推進されている。

 主な提言

 省エネルギー技術とすべてのビルを発電所に変えるマイクロジェネレーション(マイクロ発電)技術への政府主導の投資 

 低炭素社会基盤構築を可能にする数千人規模のグリーンジョブの創出 

 石油・ガス業界の利益に対してたなぼた利益税(Windfall profits tax、ノルウェーで導入済)の導入による再生可能エネルギーと省エネルギーに対する財政出動の原資確保 

 環境投資と省エネルギーのための金融面でのインセンティブの創出 

 イングランド銀行の金利低減を含む、環境投資をサポートするための英国金融システムの変更 

 巨大な金融機関である「メガバンク」のより小さなユニットへの分割とグリーンバンキング化 

 国際金融システムの再構築:金融セクターが経済すべてを支配しないことを保障(資本管理の再導入を含む) 

 デリバティブのような新しい金融商品に関する公的監査の強化 

 財務報告書の提出要請と租税回避地の取り締まりによる法人税脱税の防止 

 著者

 グリーン・ニューディール の著者を以下に示す。

 ラリー・エリオット(Larry Elliott - ガーディアン紙の経済担当編集者(Economics Editor 

 コリン・ハインズ(Colin Hines - ファイナンス・フォー・ザ・フューチャーの共同理事(Co-Director 

トニー・ジュニパー(Tony Juniper - フレンズ・オブ・アースの前理事(former Director 

 ジェレミー・ガット(Jeremy Leggett - ソーラー・センチュリーとソーラーエイドの設立者兼代表 

 キャロライン・ルーカス(Caroline Lucas - イングランドとウェールズ緑の党 MEP(欧州議会議員) 

 リチャード・マーフィー(Richard Murphy - タックス・リサーチLLPの将来の経済担当共同理事・理事(Co-Director of Finance for the Future and Director 

 アン・ペティフォー(Ann Pettifor - ジュビリー2000借金帳消し運動の前代表、オペレーション・ノアの運動理事(Campaign Director 

 チャールズ・セクレット(Charles Secrett- "持続可能な開発"のアドバイザー、フレンズ・オブ・アースの前理事(former Director 

 アンドリュー・シムズ(Andrew Simms - 新経済財団の政策担当理事(Policy Director 

 タイトル・フレーズの由来と借用 

 報告書のタイトルは、フランクリン・ルーズベルト米大統領がウォール街大暴落とその後の世界恐慌を克服するため行った社会・経済政策であるニューディールに由来している。だが「グリーン・ニューディール」というフレーズは、グリーン・ニューディール・グループが造り出したものではない。この用語をより早く使ったのはトーマス・フリードマンとエルザ・ヴェンツェルである。

 『グリーン・ニューディール』の発行以来、そのフレーズは幅広く使われるようになった。

 トーマス・フリードマントーマス・フリードマン(Thomas L. Friedman; 1953720 - )は アメリカのジャーナリスト、コラムニスト。現在は、国際関係、外交政策をメインとして、定期的に『ニューヨーク・タイムズ』紙への寄稿を続けている。

 Thomas L. Friedman (April 15, 2007) "The Power of Green" The New York Times (記事はインターネット上にあります)

 Thomas L. Friedman (January 19, 2007) "A Warning From The Garden" The New York Times" (記事はインターネット上にあります) 

 Elsa Wenzel (November 19, 2007) "Green jobs will clean up the economy, communities" cnet news (記事はインターネット上にあります)

 ● Yahoo! 辞書

 アメリカ大統領バラク・オバマが当選直後の200811月に打ち出した、100年に一度ともいわれる経済危機から脱出するための経済政策。1930年代に当時の大統領フランクリン・ルーズベルトが公共投資によるニューディール政策で大恐慌を乗り切ったのと同じように、環境への投資で危機を打開したいという期待が込められている。オバマが打ち出したのは道路やダムなどを造る従来型の公共事業ではなく、脱温暖化ビジネスを広げていくことで環境と経済の両方の危機を同時に克服していこうというものである。脱温暖化投資は、太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーの拡大、食用でない植物によるバイオ燃料の開発、家庭の電気コンセントから充電することのできるプラグイン・ハイブリッド車の普及といったもので、エネルギー分野だけで10年間に1500億ドル(約15兆円)の国費を投入してグリーン内需を拡大し、500万人の雇用を生み出すというものである。これまでの8年間のブッシュ政権が、温暖化防止のためのさまざまな取り組みが「経済成長を妨げる」と反対していたのに対する、完全な方向転換である。 

 [新語探検 著者:亀井肇] 

 そして、この本にたびたび出てくる京都議定書です。

 これは、1997年に京都で開かれた気候変動枠組み条約第3回締約国会議(COP3)で採択されました。地球温暖化防止のための初めての法的拘束力ある国際的取り決めで、先進国に二酸化炭素などの温室効果ガス削減を義務付けたものです。議定書の下、2008年から2012年までに先進国全体で1990年比5%、日本は6%の削減が義務付けられます。その後、最大の温室効果ガス排出国のアメリカが離脱し、発効が危ぶまれましたが、「議定書を守れ」との国際世論におされ、ロシアが2004年に批准しました。その結果、2005年2月16日に発効しました。

 ☆ 第6章 グリーン・ニューディールを支える若者たち

 ● 若者を中心とする環境保護グループ「エネルギー行動連合」の活動。

 2009年2月末、首都・ワシントンで「パワー・シフト2009」を主催。就任1か月のオバマ大統領のグリーン・ニューディール政策をサポートし、気候変動にかんする法律の制定を議会に求めることが目的。コンベンションセンターら12000人。全米50州、日本をふくむ世界各地から。ステージには環境活動家、オバマ政権の幹部も登場。連邦議会の下院では若者たちから環境にかんする証言を聞く機会が設けられました。

 2004年に結成。50の環境保護団体や社会正義を推進する団体からなる連合体。代表は、ジェシー・トルカンさん(27)。事務所はワシントン市。主に全米の大学で自然エネルギーへの投資を訴える活動を進めてきました。2008年11月4日の大統領選挙でキャンペーン。グリーン・ジョブの創出を目標に掲げています。

 ここに出てくる「それではコペンハーゲンまで聞こえませんよ!」というのは、今年12月、デンマークのコペンハーゲンで開催されるポスト京都議定書を決める国連の気候変動枠組み条約第15会締約国会議(COP15)のことだと思います。

 Q どんな内容の気候変動にかんする法律の制定を求めているのでしょうか。

 Q なぜ、ヘルメット着用が必要なのか。

 ☆ 第7章 環境技術で〝勝ちにくる〟アメリカ

 ● 環境技術分野でアメリカは出遅れていました

 環境技術分野でアメリカは出遅れていました。これはオバマ大統領も指摘していることです。

 テキストで引用されているのは2009年2月27日のオバマ大統領の議会での演説です。

 「クリーンで再生可能なエネルギーを活用する国が21世紀をリードします」

 「エネルギー効率の良い経済にするため中国は史上最大の取り組みを表明しました」

 「ソーラー技術を発明したのは我々だが製品化では、ドイツや日本に負けています」

 「ハイブリッドカーをうごかしているのは韓国製のバッテリーだ」

 「アメリカ以外で雇用と産業が創出されるのは受け入れられません」(!! 何ということを)

 「今こそアメリカが先頭に立つ時です」

 「この国の再生可能なエネルギーの供給量を今後3年で2倍にします」

 「経済を変革し安全を保証し気候変動から地球を救うためにはクリーンで再生可能なエネルギーで利益が上がるようにしなければなりません」

 「このため議会には市場原理を用いた二酸化炭素の規制を導入し、さらなる再生可能なエネルギーの生産につながる法案を提出するよう求めました」

 「さらに風力発電や太陽光発電の技術開発に年間150億ドルを投資します」

 「これにはバイオ燃料やクリーンな石炭、米国産の低燃費車の開発も含まれます」

 ● 環境技術で日本を追い上げようと動き始めたアメリカ

 アメリカは、すでに環境技術で日本を追い上げようと動き始めています。

 国立アルゴンヌ研究所(シカゴ)に、その動きを見ます。同研究所は、1946年、初の国立研究所として設立されました。アメリカ合衆国エネルギー省に所属。母体はフェルミ博士やマンハッタン計画の中心に研究者チーム。原子力発電所の設計など。約1000人。

 エンリコ・フェルミ(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』) 1901929日 – 19541128日。アメリカでは核分裂反応の研究に従事し、1942年、世界最初の原子炉「シカゴ・パイル1号」を完成させ、原子核分裂の連鎖反応の制御に史上初めて成功した。この原子炉は原子爆弾の材料となるプルトニウムを生産するために用いられた。アメリカ合衆国の原子爆弾開発プロジェクトであるマンハッタン計画でも中心的な役割を演じた。

 4年ほど前から自動車用のリチウムイオン電池の開発を急いでいます。ターゲットは約65キロ走れるブラグインハイブリット車のバッテリーを開発すること。

 案内人のグレン・レラー博士の発言に注目。

 「不安定な中東の石油への依存は、エネルギー安全保障の問題であり、国家の生命線です」

 この発言の背景には、イラクやイランをはじめとする不安定な中東、南米ベネズエラではチャベス大統領が石油会社を国有化、ピークオイル(アメリカの石油生産量は1971年にピークを迎え、以後、その年の生産量を達成できていません)も問題になっていることがあります。

 ケンタッキー州で、フォードや電池会社・アソシエーション社と共同で車のバッテリー専門研究開発センターを建設することも決まりました。

 コンサルト会社・マッキンゼーもグリーン・ニューディールに参入しています。 

 Q 約65キロ走れるブラグインハイブリット車のバッテリーって実用的でしょうか。

 ● ブッシュ政権からの水面下のうねり

 ブッシュ政権は温暖化対策に後ろ向きでした。

 しかし、そのブッシュ政権のもとでもアメリカでは、2年以上前から水面下の変化が起きていました。

 ・ 2007年、20社を超える巨大企業がNGOと連携して米国気候行動パートナーシップを結成。

 ・ 州や市などコミュニティレベルで京都議定書を批准する都市が相次ぎました。

 ・ EU域内排出量取引制度など排出量の国際市場にアメリカも加わり始めました。

 ・ ベンチャーキャピタルは、グリーン関連分野に焦点を合わせていました。

 ● オバマ大統領のアメリカは変われるか

 そして、オバマ大統領のアメリカは変われるかという問題です。

 第6章に「それではコペンハーゲンまで聞こえませんよ!」声が紹介されていましたが、このテキストでは、今年12月、デンマークのコペンハーゲンで開催されるポスト京都議定書を決める国連の気候変動枠組み条約第15会締約国会議(COP15)への「アメリカのかかわり方は、その試金石になる」と指摘しています。

 そして、つぎの2点をあげています。

 ・ 2020年までの温室効果ガス削減の中期目標をどのように打ち出してくるのか。

 ・ 世界最大のCO2の排出国として長年君臨してきた責任をどう総括し、途上国ときちんと話し合うリーダーシップを発揮できるのか。

 ここで著者は大事な指摘をしています。

 「アメリカのグリーン・ニューディールは、ともすれば100年に1度の経済危機からの脱出策として関心が高いのだが、本来、いかにして地球温暖化を食い止め、持続可能な低炭素経済に舵(かじ)を切れるかという問題こそ主要である」

 ● グリーン・ニューディールを競う世界

 テキストは、最後の項に、グリーン・ニューディールを競う世界の例を示しています。 

 そして、最後から3ページ目の所で、こう問題を投げかけています。

 「化石燃料に頼った大量生産・大量消費のアメリカ型文明が、今回の経済危機を機に、ほんとうに大きく変われるかどうか」

 これが、私が、本日、議論していただきたいことでもあります。

 アメリカも日本も、こうした大きな切り換え、変化が求められています。

 【参考 コペンハーゲンでの会議を前に】

 主張 温暖化対策交渉 期限内の合意に政治決断を

 地球温暖化対策の次期枠組みを決める国際交渉は、期限となるコペンハーゲンでの会議(COP15)まで2カ月を切りました。しかし、合意の見通しはなお開けていません。9日までバンコクで行われた国連の作業部会も本格的な交渉には入らないまま、論点整理に終始しました。政府や非政府組織(NGO)関係者の間には、残された時間が減るなかで大きな進展がないことへのいらだちが広がっています。

   先進国の野心的な削減

 コペンハーゲンまでに残る交渉機会は、今月ロンドンでの主要排出国会合と11月上旬のバルセロナでの国連会合です。COP15を主宰するデンマーク政府は新たな首脳会議開催の必要も指摘しています。各国政府にはいま大胆な政治決断が求められています。

 地球環境を維持するうえで、地表の平均気温は人間の体温にもなぞらえられます。気温上昇を、産業革命以前に比べわずか「2度以内」に抑えなければならないことが、世界のコンセンサスです。今年の主要国(G8)サミットも初めてこの基準を認めました。

 気温上昇をもたらす温室効果ガスの排出をだれが、どれだけ抑えるかが焦点です。とりわけ大量に排出し続けている先進国は、2020年までに1990年比で25~40%削減すべきだとするのが科学の要請です。温暖化による海面上昇で国土を失うことへの危機感を抱く島しょ諸国は、45%以上の大幅削減も主張しています。

 先進国が野心的な削減に合意することが交渉を成功に導く最大の要素です。鳩山由紀夫首相が25%削減を打ち出したことは交渉に弾みをつけると大きく歓迎され、各国が続くことが期待されています。しかし、バンコクでの新たな表明は、削減幅を40%に引き上げたノルウェーだけでした。

 米国のオバマ政権は温暖化対策に積極的な姿勢を示しています。しかし実質削減に踏み込んでいません。米上院に提出された2005年比20%削減の法案は、コペンハーゲン後に結論が持ち越される公算が大です。米国は京都議定書に盛り込まれたメカニズムを全面的に作り直すことも要求し、新たな障害になっています。米国は温暖化対策の責任を負うべきであり、オバマ大統領の指導力が求められています。

 日本には新たな注文もつきました。主要国の合意を25%削減の前提とすべきではないという点が一つです。欧州連合(EU)の目標は20%ですが、他の先進国が大幅削減に合意すれば30%に引き上げるとしています。日本も、合意の行方にかかわらず、自らの責任として25%を削減すべきです。

   産業界との削減協定を

 日本には25%削減の具体策を示すことも求められています。国内でどれだけ削減するか、外国から購入する削減分を含めるのか。交渉を加速し、合意の達成を促すためにも、国内削減量の速やかな提示が迫られています。

 そのためには排出量の大部分を占める産業界に実効ある規制をかけることが不可欠です。日本共産党は、政府が大口排出源である業界・企業と削減の期限と目標を明示した公的な削減協定を結び、実行を追求するよう主張しています。財界が排出規制に反対するなか、協定締結に踏み込めるかどうかが鳩山政権に問われています。

20091014()「しんぶん赤旗」)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

俳句集 「葉を落とし 実を熟させる カキであれ」。

Photo_2

 十月二十三日の県立高知短期大学の「芸術文化論」の時間に詠んだ俳句です。

 葉を落とし 実を熟させる カキであれ

 ネコのエサ 夫に指示して 奈良の秋

 ギシギシと ブランコの音 われ「生きる」

 その秋(とき)に 「おもろかった」と 笑む予定

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.24

「クークーと 朝から晩まで 寝ちゃったよ……」。

  クークーと 朝から晩まで 寝ちゃったよ  何んもかもが 頼りなくってさ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俳句 「ほしいのは 愛なんだよね やっぱりね」。

  ほしいのは 愛なんだよね やっぱりね

 それがないと生きられないよね。

 奈良に行っている妻から電話がありました「ネコはどう?」。

 何なんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.25

高知市 生協まつりのビートルズたち、受けていました。

Photo

 踊り出す 元娘いて

 受けている

 生協まつりの ビートルズたち

 十月二十五日午前十時から、高知市秦南町シキボウ跡地で第二十六回生協まつり。

 子どもたちのリラシックバレー、高知大学・高知女子大学の旅鯨人のよさこい踊り、JYO BEATLES(四人の男性)のビートルズの曲の演奏など楽しいひと時でした。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 I compare socialism with capitalism.

 英作文を勉強中です。

 これで伝わるでしょうか。

 I compare socialism with capitalism.
 The capitalism owns a means of production personally.
 The socialism does the socialization of a means of production.
 When the central demand of the social revolution "was to put a means of production into social possession from personal possession", Karl Heinrich Marx said.
 World many countries are capitalism countries now.
 There was the country which aimed at the socialism.
 There is a country aiming at the socialism.
 However, at neither the past nor the present, there is the country which became the socialism.
 I think that it "may be Japan to become the socialism first of all in the world" secretly.
 Japan repeals U.S.-Treaty of Mutual Cooperation and Security between the United States and Japan.
 And Japan is not ruled economically by U.S.A.
 The base of U.S. forces disappears in Japan.
 Japan becomes the really independent country.
 Japan becomes the country which can carry out the Constitution of Japan overall.
 Time to become the stable country which Japan did so will surely come.

 In that way after doing it for a while; most of nations "after all Japan cannot live on the capitalism". Time to say that I will make it socialism may come.

.

 資本主義と社会主義を比較します。
 資本主義は、生産手段を私的に所有しています。
 社会主義は、生産手段を社会化します。
 カール・マルクスは、社会革命の中心要求は「生産手段を私的所有から社会的所有に移すことだ」といいました。
 いま、世界の多くの国は資本主義国です。
 社会主義を目指してた国はありました。
 社会主義を目指している国があります。
 しかし、過去にも現在にも、社会主義になった国はありません。
 僕は密かに「世界で一番先に社会主義になるのは、日本かも知れない」と思っています。
 日本が日米安全保障条約を廃棄する。
 そして、日本が、アメリカに経済的に支配されなくなる。
 日本にアメリカ軍の基地がなくなる。
 日本が本当に独立した国になる。
 日本が日本国憲法を全面的に実行できる国になる。
 日本が、そうした安定した国になる時が、きっとくるでしょう。
 そうして、しばらくしてから、国民の多くが「やっぱり資本主義では日本はやっていけない。社会主義にしよう」と言い出す時が来るかもしれませんよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.10.26

心房細動(しんぼうさいどう)って何?

 心房細動という病気を、本日、初めて知りました。
 いろいろ調べて見ました。

心房細動は、心房が細かく動くこと。不整脈の一種です。
心房が洞房結節の刺激によらずに速く部分的に興奮収縮し、規則的な洞房結節の活動が伝わらず、心室の収縮が不規則な間隔で起こる状態です。
  このために心室から送り出される血液の体積が減って心臓の効率が低下するだけでなく、心房の中の血液がよどみ、血栓ができやすくなります。

 心房細動は、めまいや動悸、疲れやすさだけでなく、脳梗塞(特に脳塞栓症)と心筋梗塞の原因となりがちです。

 ワーファリンを適切にコントロールすれば最終的な予後が改善しますが、ワーファリンの開始、維持は患者の治療に対する意欲がないと難しい。
 頻回の採血によるモニタリング、投与量の調節、納豆、クロレラの禁止、他の薬剤との相互作用、外科的処置をおみなう場合の休薬、不十分な管理での出血でのリスクを考慮すると治療の意欲が乏しい段階では実行は難しい。

 ワーファリンには、血液のかたまり(血栓)ができるのを防ぐ働きがありますが、ビタミンKはこの働きを妨げ、ワーファリンの効き目を弱めます。
 ワーファリンの服用中にビタミンKを多く含む食品を摂取するとワーファリンのビタミンKに対する妨害が不十分となり、血液のかたまりができるのを防ぐ作用が弱められます。
 ワーファリンを服用中の方は、納豆・青汁・クロレラ・モロヘイヤなどのビタミンKを多く含む食品の摂取を避けてください。
 特に納豆は、他の食品に比べてビタミンK含有量が多い上に、摂取後に腸管内でもビタミンKを合成するため、摂取を中止しても3~4日は阻害作用が持続しますので注意が必要です。

 ブロッコリー、ホウレンソウ、メキャベツ、ニラなどの青野菜もビタミンKを含んでいますが、こちらは一度に大量に摂取しなければ、摂取を禁止する必要はありません。

 ビタミンKは、熱を加えても安定なので、煮込み野菜やスープ、ジュースなどで多量に食べたりすることは、ひかえたえたほうがいいでしょう。

 ワーファリン服用中は、ビタミンEの過剰な摂取によって今度は逆に、薬の作用を増強させてしまう可能性があるため気をつけましょう。(ビタミンE含有食品:うなぎのかば焼き、大豆油、胡麻油、玄米、本マグロの赤身、ビタミンEサプリメント…など)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「やまい得て やるべきことの 順番を 考えこんでる 秋の夜のこと」。

 やまい得て やるべきことの 順番を 考えこんでる 秋の夜のこと

 ある男性の独り言を聞いてしまいました。
 「かねてから高血圧症、睡眠時無呼吸症でしたが本日、心房細動(しんぼうさいどう)だということもわかりました。
 病気とたたかいながら、来るべき日は覚悟して、やるべきことしぼりこみながら、それを急いでやっておくというのが、いまの心境です」

 彼は長く原因不明の「心臓パクパク」に悩んでいましたが、それが何かがわかり、治療の方針も出たそうです。それはそれでめでたいことですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俳句「薬増え 人生の秋 思案する」。

 薬増え 人生の秋 思案する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.28

高知市 パソコンのソフト・ピーシートーカービスタ(高知システム開発)を買いました。テキストなどを読み上げるソフトです。

 十月二十七日、パソコンのソフト・ピーシートーカービスタ(高知システム開発)を買いました。テキストなどを読み上げるソフトです。これまでのは、お試しのソフトでした。インストールして、やっていますが、なかなかうまくいきません。といっても、まだ、マニュアル(テープ)も聞かずに、いろいろやっているだけです。そのうち、じっくり、マニュアルを聞いてみましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知市 仕事の相棒は、仕事をきちんとやりぬく、すごい人です。

 気の合う仲間たちと仕事をしています。

 十月二十七日は、二人で六種類もの印刷物をつくり、つぎつぎと処理をしていきました。

 相棒は、仕事を、きちんと、黙々とやっていきます。先へ先へと仕事をリードしていくタイプです。すごい人です。僕は、最初はダッシュして、途中はぐずぐずして、そして、最期を決めなくてはならないときに、直前になると燃えるタイプです。

 でも、この日は、相棒のペースでやっていて、最後はグロッキーに。

 僕は午後五時に仕事を終えさせてもらって、家に帰って、急いで夜学にいく準備。夕食を食べそこねました。

 庭採れの イチジク二つ 腹に入れ

 夜学に走る

 わが楽しみの

 英会話の授業では面白い表現を学びました。

 「彼は、頭から湯気を立てて怒った」という感じの英文です。

 つぎの授業では、がんがん咳をして、みんなに迷惑をかけました。

 みなさん。ごめんなさい。

 家に帰って、いろいろやっているのですが、いつの間にか咳が出なくなっています。不思議なことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.29

いまの僕。「あが心、恒(つね)に虚(そら)より翔(かけ)り行かむと念(おも)ひき。しかるに、今あが足歩まず、たぎたぎしく成りぬ」。

 風邪でいろんなものを休んでしまいました。
 パソコン教室。
 英語の塾。
 県立高知短期大学の講義四コマ。

 このところ梅原猛さんの『古事記』を読んでいたので、その中のつぎのフレーズを思い起こしました。

 あが心、恒(つね)に虚(そら)より翔(かけ)り行かむと念(おも)ひき。しかるに、今あが足歩まず、たぎたぎしく成りぬ。

 (わたしの心はいつも虚空=こくう=を天翔=あまが=けて行くような思いであったのに、いまは、わたしの足も歩けなくなった。わたしの足は曲り曲がって、くの字に曲がってしまった。)

あすから、もう少し休んで月曜日からは「虚(そら)より翔(かけ)り行かむ」という状態にしたいと思っています。

まわりのみなさんに、いろいろご迷惑をおかけしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.30

埋められてしまった銅鐸(どうたく)。なぜ?

 日本の古代史について、こんな文章に出合いました。

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 考古学は、約紀元前三世紀に弥生時代が始まることを教えてくれる。九州北部(いまの板付飛行場があるところである)に、水田稲作と金属器と弥生式土器をもった民族集団がやって来た。朝鮮半島からか、それとも直接中国からだっのたかわからないが、それは色々な状況からみて、単に文化の移入だったのではなく、民族の侵入だったように思われる。そうして、弥生文化が、三百年かかって、近畿地方まで東進するのである。
 そして同時に、考古学は教える。それから紀元三世紀ごろまでの弥生時代といわれる時代において、銅剣・銅鉾(どうぼこ)を支配のシンボルとしている北九州文化圏と銅鐸(どうたく)を支配のシンボルとしている近畿文化圏があり、この文化圏相互に一大戦争があり、銅鉾文化圏が消滅したことを。
 この文化圏なるものは同時に政治圏であり、文化の争いのように見えるものが、政治の争いであることは論を俟(ま)たないであろう。
 近畿地方のいろいろな場所に、にわかに埋められた銅鐸や、こっぱみじんに砕かれた銅鐸が出て来る。おそらく、九州地方の支配者が東進して、大和地方の支配者となり、その流れをくむ者が日本全土の支配者となったのであろう。

 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 梅原猛さんの『古事記』(学習研究社。二〇〇一年一月十八日初版)の「古事記に学ぶ」です。

 銅鐸は、大きなベルのような形状の青銅器です。
 出土する地域は、近畿地方を中心に広く分布していますが、ほとんどの場合、居住地から離れた地点に意識的に埋められた状態で発見されます。古い型式の銅鐸は、磨滅した状態がみられ、長年伝世されたあとに埋められたようにみえます。新形式のものには、鋳造してから、すぐ埋められたようなものもあります。新旧の銅鐸が、いっしょに埋められている例も多い。徳島県麻植郡牛島村出土の銅鐸のように、ことさらにうちこわされたとみられるものもあります。
 銅鐸は、銅剣や銅鉾に匹敵する弥生時代の代表的な製作物ですが、『古事記』『日本書紀』には登場しません。
 畿内の銅鐸は、二、三世紀の、弥生式文化の後期に、もっとも盛大となり、しかも、突然、その伝統を絶ちます。
 銅鐸をもつ大和の勢力が、三世紀の後半に、九州からきた勢力によって減ぼされたのであろうと推測されています。

 もちろん、これとは違った見方もあります。
 たとえば、以下のサイトをごらんください。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8A%85%E9%90%B8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »