« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009.11.01

わが歌集、ブックオフ店では五百五十円。

 それぞれに
 「五百五十」の 値札つけ
 わが歌集あり ブックオフ店
 
 十月三十日午後、高知市内のブックオフで掘り出し物を探していました。
 そしたら……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知新聞、十一月一日の文芸欄、瑠々さんの詩「時間」。

 高知新聞、十一月一日の文芸欄に、本山町の瑠々さんの「時間」という詩が載りました。

 「百歳まで生きると決めた/決めたら急がなくてもいいやと思った/思ったら一日ゴロゴロしてみた/……」
 こういう境地になりたいものです。

 僕のほうは、先々週、先週と風邪などで仕事、夜の学校などを休むことが多く、かなり落ち込んでいます。
 二日を期して元気になるということにして、本日二日も寝たり起きたり……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小学一年生の女の子からもらった「僕を顔」。

Img179

 十月三十一日午後、知り合いの小学一年生の女の子から僕を顔の絵をプレゼントしてもらいました。
 ところが、これです!!
 なんと、まぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「一日に なしえることは 少なくて……」。

 一日に なしえることは
 少なくて
 今朝からの 作業閉じてる

 
 もうすぐ午前零時です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.02

十一月八日の県立高知短期大学祭のパンフレットができました。僕の出した広告も載っています。

 十一月八日の県立高知短期大学祭のパンフレットができました。
 僕は、そのパンフレットに、つぎの広告を出しています。

 戦争の悲惨さを若い世代にも伝えようと、高知市の平和資料館が発行している冊子に、昭和20年(1945年)7月の高知大空襲の体験が漫画で描かれました。『高知の戦争 証言と調査』と題された、この冊子は、高知市にある民間の平和資料館の草の家の研究員およそ10人が中心になって、県内の戦争遺跡を調査したり、戦争体験者の証言を聞いたりして研究した成果を多くの人に知ってもらおうと、今年1月に創刊されました。ほぼ1か月ごとに発行され、これまでに高知市の男性が特攻隊に志願するときの話や、戦前や戦時中に県内のダムや発電所の建設にかかわった朝鮮人の強制労働の記録などが書かれてきました。……(8月28日朝のNHK総合テレビの「ニュース」から)

 雑誌『高知の戦争 証言と調査』に、あなたも執筆していただけませんか。

 あなたの祖父母の戦地や内地での体験の聞き取りなどを募集しています。
 希望者は、編集長の藤原義一(県立高知短期大学2年生)まで、メールでご連絡ください。
 アドレスは bqv01222@nifty.com です。
 ただし、原稿料は出ません。できあがった雑誌を10冊差し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.03

十八歳の選択と、もうひとたびの選択。【書き直しました】

 ものこごろついたら高知県伊野町の子どもでした。父は機械すきの紙工場の営繕係で、母は手すきの紙工場で紙をすいていました。共稼ぎで、そこそこの収入はあるはずなのに、中学校のときから両親から「うちは貧乏だから高校には行かんといて」といわれていました。貧乏の理由の一つは、父が母以外の女性に、つぎつぎと「入れ上げている」ことでした。戦争で青春がなかった父の「ばぶれ」だったと思います。

 両親の反対を押し切って、無理やり県立高知追手前高校に行きました。授業料は、夏休みの肉体労働、家庭教師でまかないました。

 高校三年生の十八歳のとき、大学へ行こうと思いました。地元の国立大学なら「なんとかなりそうだ」という自己判断で高知大学を受けて合格しました。将来は歴史研究者になろうと思っていました。十八歳の選択でした。

 大学に入学してからラジカルな学生運動に出合い、その後をついていきました。その中で、彼らの反社会性を知りました。彼らと決別して日本民主青年同盟に入れてもらい、その後、日本共産党に入れてもらえました。これは正解でした。

 恋もしました。二年生になって一年下の髪の長い美しい人を追っかけました。毎晩のように家まで送りました。ある日、彼女に「君はいくつで結婚するの」と聞きました。「卒業したらすぐに結婚してほしい」という告白のつもりでした。彼女は、二十四と答えました。いますぐにでも結婚したかった僕は「そんなには待てないよー」。

 一年生の二カ月間ほどの「ラジカル」は心の中に深く残っていて、日々の「行動」のみを重視し、勉学を軽視し、生活設計を軽視して、大学生活は破たんを迎えました。四年生になる前に、授業料不払いのまま除籍に。二十歳のときです。

 その年、一九六八年の二月から高知市で働き始め、十月からは東京の職場につとめはじめました。

 七〇年春、追っかけていた人とは別の、一年下の女性が東京にやってきてくれました。その年の十月、彼女と結婚しました。

 東京の職場で働き続けました。自分の思ったことが実現できる素晴らしい職場でした。

 そして、二〇〇七年十二月三十日に、六十歳で退職しました。二つの大きな病気が退職の理由でもありました。

 二〇〇八年四月から県立短期大学社会科学科に行き始めました。思いは、やはり「将来は歴史研究者になろう」でした。「もうひとたびの選択」でした。

 先生がたの手取り足取りの援助で、四年制大学に編入することができました。二〇一〇年四月からは、お隣の香川県の四年制大学の文学部文化財学科の三年生になります。

 そのうちに、悔しいことに大病が一つ追加されました。病名を知った、学友の一人が「夫も、同じ病気でなくなりました。気をつけてね」と励ましてくれました。

 何とか体をカバーしながら生き抜きたいと思っています。妻は「ネコの世話があるので高知にいます。一人で行ってください」といっていますが、一人暮らしに耐えて卒業するつもりでいます。

 まわりの人々は「その体調では無理やない? やめちょきや」と優しい声をかけてくれます。「あんたには、目の前にやらんといかんことがあるはずやないか。勉強に逃げなや」という声もあります。

 しかし、僕は、勉強したいのです。僕が勉強したい分野は、やるべきことがいっぱいあります。勉強して、それが役に立つ時間は、あまり長くないこともわかっています。でも、いま、「僕は、生まれついて歴史研究者になることを宿命づけられていたのだ」と、思い始めています。何の根拠もありませんが……。

 短い時間でも、その役割を果たしてから、「やらんといかんことは、それなりにやったからね。ここと、ここと、ここと、ここと、ここが、まだだから、お願いします」と誰かに引き継いで、ほほ笑んで消えていきたいと思っています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.11.04

南国市 国分寺近くの強風に舞うコスモスたち。

 十一月三日。

 昨夜まで本日が休みとは気がついていませんでした。

 ぽっかり空いた一日。

 Kさんにパソコンの音声読み上げソフトの使い方を習おう。

 南国市の障害者施設にいるということです。

 午後四時に押し掛けることになりました。

 その前にオートバイでツーリングするか。

 南国市の国分寺の周辺を走りました。

 コスモス畑に目をみはりました。

 強風の中、いろんな方向に吹かれる花。

 僕の心の乱れを見ているようでした。

 見ていて落ち着きます。

 近くの、しゃれた喫茶店に。

 カレーライスのセットをいただきました。

 コーヒーがおいしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音声読み上げソフトの使い方を教えていただきました。

 十一月四日。つづき。

 午後四時前、Kさん(二十代の男性)の部屋へ。

 Kさんは、音声読み上げソフトの使い方を、ていねいに教えてくれました。

 懸案になっていたことが解決しました。

 夜、家で長い長い論文をパソコンに読ませながらいろんな作業をしました。

 この音声読み上げソフトなかなかいいものです。

 でも、「こんにち」と読まさせたい場合の「今日」を「きょう」と呼んでしまうなど、ポカもたくさんあります。抑揚が平坦で、感情移入ができていないという点もあります。ま、もう少しで、もっと賢くなると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツーリングをして写真を撮れば元気になる。

Photo_2 Photo_3 

 本日午後は南国市へツーリング。

 僕はオートバイで、妻は自転車で。

 風景の写真を撮りました。

 ツーリングをして写真を撮れば元気になる、ということを発見しました。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.05

「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約」って、どんなもの?

 「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約(日米安保条約)」の、そもそも論についてのインターネットの記事を探しましたが、あまりありませんでした。
 が、日本共産党京都府委員会のホームページに「質問日米安保条約を廃棄したら、日本は大変なことになると言う人がいます。本当に大丈夫なのでしょうか?」という質問に答えた記事が参考になりました。
 以下のように答えています(前政権のころのものですが……)。

 「安保条約を廃棄したら、日本は大変なことになる」という心配には、いろんな種類の疑問や意見がまじっているようです。それらは大別すると、おそらく、①日本の防衛ができなくなるのではないか、②アメリカとの関係が悪くなるのではないか、③世界で孤立してしまうのではないか、④かえって自衛隊を軍拡することになるのではないか――といったものに分けられるでしょう。
 結論からいえば、そのどれをとっても心配にはおよばないばかりか、むしろ安保条約をなくしてこそ、日本の平和と安全がしっかりしたものになります。一つひとつ順番にみていきましょう。
 まず、いちばん大もとにあるのは「安保をなくして日本の防衛は大丈夫か」ということでしょう。この点にかんして、初めにつかんでおきたいことは、日米安保条約のもとで日本に駐留している在日米軍は、日本の防衛のためにいるのではない、という事実です。
 たとえば、在日米軍の主力となっているのは、海兵隊(沖縄、岩国)であり、海軍の空母機動部隊(横須賀)であり、航空宇宙遠征軍の戦闘機部隊(三沢、嘉手納)です。これらはいずれも米軍きっての“殴り込み"部隊です。それが日本にいるのは、アジア・太平洋地域をはじめ世界的な規模で、先制攻撃も辞さずに展開するためです。現に、1982年、アメリカのワインバーバー国防長官(当時)は「沖縄の海兵隊は、日本の防衛には充てられていない。それは、第七艦隊の作戦範囲である西太平洋、インド洋のいかなる場合にも展開されるものである」と、議会で証言しています。
 米軍が日本に駐留する根拠となっているのは、安保条約第六条です。
 この条項は「極東における国際の平和及び安全の維持に寄与するため、アメリカ合衆国は、その陸軍、空軍及び海軍が日本国において施設及び区域を使用することを許される」と定めています。いわゆる「極東条項」です。これをよりどころに在日米軍は、日本を足場にして海外に出撃してきました。しかも実際には、その出撃先は、条約にある「極東」に限られませんでした。政府の説明では、「極東」は、韓国、台湾、フィリピンまでです。ところが、60~70年代のベトナム侵略戦争のとき、日本は、米軍の出撃・補給基地の役割をになわされました。イラク戦争でも、在日米軍からは、空軍、海軍、海兵隊あわせて1万人以上が出撃しています。
 このように日米安保体制は、たとえば、NATO(北大西洋条約機構)などのような一般の軍事同盟とも性格を異にした、侵略的性格をとりわけ色濃くもっています。つまり、安保の存在こそアジアと世界の危険の根源になっているのです。安保条約を廃棄することは、日本の安全にとって巨大な一歩となります。それでもなお「北朝鮮問題が心配」という意見もあるかもしれません。しかし、北朝鮮との関係をふくめ、北東アジアの平和と安定にとっても、安保の存在こそが重大な危険をもたらしています。1994年の北朝鮮「核危機」のとき、アメリカは、北朝鮮への先制攻撃をくわだて、実施の一歩手前までいったことがあります。このときは、韓国がアメリカの先制攻撃シナリオに抵抗し、日本にも戦争法(周辺事態法)や有事立法などアメリカの軍事行動に協力する枠組みがなかったこともあって、戦争の危険はかろうじて回避されました。つまり、北朝鮮問題でもっとも危険なのは、アメリカが先制攻撃をおこない、それに日本が参加するというシナリオです。
 その後、2003年以降、核問題を解決するために、日本、韓国、北朝鮮、中国、ロシア、アメリカによる「六カ国協議」という国際的枠組みがつくられました。北朝鮮の核問題を外交交渉によって解決していこうというレールが敷かれてきたことは重要です。核兵器開発計画に固執する北朝鮮のかたくなな態度もって、協議の見通しは予断を許しませんが、その再開をめざして関係国の努力が続いています。こうして紛争の話し合い解決を大原則とする国連憲章の平和のルールにしっかり立ってこそ、北朝鮮とのあいだの無用な緊張をなくし、日本国民の生命と安全を守ることにもなります。
 第二に「アメリカとの関係は悪くならないか」という疑問についてです。その根本には"安保条約をなくすこと”イコール「反米」という誤解があるようです。しかし、日本共産党の立場は「反米」ではありません。戦前のような敵対でも、戦後のような従属でもない、アメリカと対等・平等の関係にたった真の友好関係をうちたてるという立場です。具体的にいえば、安保条約をなくしたうえで、主権尊重、領土不可侵、紛争の話し合い解決、平等互恵の経済交流を内容とする「日米友好条約」を締結するという方針です。こうしてこそ、アメリカとのほんとうの友好関係をうちたてることができます。私たちは、安全保障や外交の分野におけるアメリカの覇権主義的な態度にはきびしく反対しますが、アメリカ国民との心のかよう友好関係を望んでいるのです。
 第三に「安保を廃棄したら、日本が世界で孤立しないか」という疑問についてです。しかし、これもまったく心配ありません。むしろ、「日米同盟」を口実にして、アメリカのおこす無法な戦争になんでも賛成という自公政権の立場こそ、アジア・世界からの孤立を深めることになります。現に、アメリカのイラク攻撃を賛成・支持した国は、国連加盟国191ヶ国のうち、アメリカが指折りかぞえても49ヶ国しかなく、そこに住んでいる人は世界約63億のうち、12億人、5分の1にすぎませんでした。しかも、志位委員長が2005年「党旗びらき」のあいさつでも紹介したように、アメリカを支持してイラクに軍隊を派遣した37ヶ国のなかからも撤退する国があいついでいます。すでにスペイン、ポルトガル、オランダなど12ヶ国が撤退し、ポーランドなど5ヶ国が撤退を予定・検討しています。イラク派兵に固執している国は20ヶ国と、世界のごくひと握りにまで孤立しています。これにたいして国際政治の舞台では、どこの国とも軍事同盟を結ばない非同盟の立場こそが本流になっています。とくに、アジア23ヶ国では、日本と韓国をのぞくすべての国が、非同盟諸国会議に参加しているほどです。(中国はオブザーバー参加)。日本が安保条約からぬけだして、独立・中立の道に進むなら、この世界の大きな進歩的流れに合流することになります。
 第四に「安保条約をなくしたら、かえって自衛隊を軍拡することになるのではないか」という疑問もあるかもしれません。かつてアメリカの在日海兵隊司令部などがとなえた「ビンのフタ」論というのも、この種の議論です。しかし実際には、日米安保条約こそが日本の軍拡の原動力になっています。なぜなら、安保条約第三条は、日米双方の軍事力を「維持し発展させる」というように、軍拡を義務づけているからです。
 日米安保体制の歴史は、日本の自衛隊が米軍の補完部隊として役割と機能を拡大していく歴史という面をもっていました。安保条約をなくすことによってこそ、日本は軍拡の重荷から解放され、抜本的な軍縮への道がひらかれます。年間5兆円にものぼる巨額の軍事費を大幅に減らし、国民生活向上にふりむける道もひらけてくるでしょう。

 【資料 「日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約」】

 日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約

 [場所] ワシントンDC
 [年月日] 1960年1月19日
 [全文]

 日本国及びアメリカ合衆国は、
 両国の間に伝統的に存在する平和及び友好の関係を強化し、並びに民主主義の諸原則、個人の自由及び法の支配を擁護することを希望し、
 また、両国の間の一層緊密な経済的協力を促進し、並びにそれぞれの国における経済的安定及び福祉の条件を助長することを希望し、
 国際連合憲章の目的及び原則に対する信念並びにすべての国民及びすべての政府とともに平和のうちに生きようとする願望を再確認し、
 両国が国際連合憲章に定める個別的又は集団的自衛の固有の権利を有していることを確認し、
 両国が極東における国際の平和及び安全の維持に共通の関心を有することを考慮し、
 相互協力及び安全保障条約を締結することを決意し、
 よつて、次のとおり協定する。

 第一条

 締約国は、国際連合憲章に定めるところに従い、それぞれが関係することのある国際紛争を平和的手段によつて国際の平和及び安全並びに正義を危うくしないように解決し、並びにそれぞれの国際関係において、武力による威嚇又は武力の行使を、いかなる国の領土保全又は政治的独立に対するものも、また、国際連合の目的と両立しない他のいかなる方法によるものも慎むことを約束する。
 締約国は、他の平和愛好国と協同して、国際の平和及び安全を維持する国際連合の任務が一層効果的に遂行されるように国際連合を強化することに努力する。

 第二条

 締約国は、その自由な諸制度を強化することにより、これらの制度の基礎をなす原則の理解を促進することにより、並びに安定及び福祉の条件を助長することによつて、平和的かつ友好的な国際関係の一層の発展に貢献する。締約国は、その国際経済政策におけるくい違いを除くことに努め、また、両国の間の経済的協力を促進する。

 第三条

 締約国は、個別的に及び相互に協力して、継続的かつ効果的な自助及び相互援助により、武力攻撃に抵抗するそれぞれの能力を、憲法上の規定に従うことを条件として、維持し発展させる。

 第四条

 締約国は、この条約の実施に関して随時協議し、また、日本国の安全又は極東における国際の平和及び安全に対する脅威が生じたときはいつでも、いずれか一方の締約国の要請により協議する。

 第五条

 各締約国は、日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が自国の平和及び安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規定及び手続に従つて共通の危険に対処するように行動することを宜言{宜はママ}する。

 前記の武力攻撃及びその結果として執つたすべての措置は、国際連合憲章第五十一条の規定に従つて直ちに国際連合安全保障理事会に報告しなければならない。その措置は、安全保障理事国が国際の平和及び安全を回復し及び維持するために必要な措置を執つたときは、終止しなければならない。

 第六条

 日本国の安全に寄与し、並びに極東における国際の平和及び安全の維持に寄与するため、アメリカ合衆国は、その陸軍、空軍及び海軍が日本国において施設及び区域を使用することを許される。
 前記の施設及び区域の使用並びに日本国における合衆国軍隊の地位は、千九百五十二年二月二十八日に東京で署名された日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約第三条に基く行政協定(改正を含む)に代わる別個の協定及び合意される他の取極により規律される。

 第七条

 この条約は、国際連合憲章に基づく締約国の権利及び義務又は国際の平和及び安全を維持する国際連合の責任に対しては、どのような影響も及ぼすものではなく、また、及ぼすものと解釈してはならない。

 第八条

 この条約は、日本国及びアメリカ合衆国により各自の憲法上の手続きに従つて批准されなければならない。この条約は、両国が東京で批准書を交換した日に効力を生ずる。

 第九条

 千九百五十一年九月八日にサン・フランシスコ市で署名された日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約は、この条約の効力発生の時に効力を失う。

 第十条

 この条約は、日本区域における国際の平和及び安全の維持のため十分な定めをする国際連合の措置が効力を生じたと日本国政府及びアメリカ合衆国政府が認める時まで効力を有する。
 もつとも、この条約が十年間効力を存続した後は、いずれの締約国も、他方の締約国に対しこの条約を終了させる意思を通告することができ、その場合には、この条約は、そのような通告が行なわれた後一年で終了する。

 以上の証拠として、下名の全権委員は、この条約に署名した。
 千九百六十年一月十九日にワシントンで、ひとしく正文である日本語及び英語により本書二通を作成した。
 日本国のために

 岸信介
 藤山愛一郎
 石井光次郎
 足立正
 朝海浩一郎

 アメリカ合衆国のために
 クリスチャン・A・ハーター
 ダグラス・マックアーサー二世
 J・グレイアム・パースンズ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温暖化対策ですが、巨大事業所の対策をしなくっちゃぁ、一歩も進まないよなぁ。

 「温暖化対策といっても、巨大事業所の対策をしなくっちゃぁ、一歩も進まないよなぁ」と、思っていました。その点で面白い記事を見つけました。

  温暖化対策に必要な「公的協定」とは?

 〈問い〉日本共産党は、温暖化対策には政府と経済界の公的協定が必要だと述べています。どんな内容ですか。(兵庫・一読者)

 〈答え〉日本の温室効果ガスの排出状況は、発電所や製鉄所などわずか166の巨大事業所(企業数ではなく施設数)が総量の50%を占めています。家庭は自家用車を入れても11%にすぎず、7割は企業関係の大規模施設からの排出です。
 ところが日本の温暖化対策は、政府が財界いいなりに、日本経団連の「自主行動計画」をその柱にすえてきました。「自主行動計画」では、何の削減義務も負わず、業界ごとの目標設定の仕方もばらばらで、目標を達成したといいながら総排出量が増えている業界さえあります。
 ヨーロッパの主要国では、政府が、温室効果ガスの削減目標を達成するために産業界との間で公的な協定を結んでいます。
 ドイツの産業界は当初、2012年までに21%削減という自主目標による自主規制方式を採ってきました。しかし環境保護団体などの強い批判で、2000年に政府と19の産業団体の間で協定が締結されました。協定は、自主目標に上乗せした削減目標を打ち出しています。
 イギリスの気候変動協定の場合、政府と50以上の産業分野ごとに結ばれ、約6千の企業が参加しています。高い削減目標を持ち、GDP(国内総生産)を増大させながらCO2の排出を減らす実績をあげています。
 いずれも協定に参加している企業は、環境税減税などの優遇措置が実施され、目標超過した削減分を売買する排出量取引制度も組み合わせ、排出量を減らす重要な施策となっています。協定を守らない企業には税金の優遇を認めないなど厳しい措置をとり、目標の順守を図っています。日本の財界は削減目標の義務化に反対しますが、イギリスの協定にはトヨタや日産、ホンダ、NEC、パナソニックなどの大企業が参加しています。
 日本共産党は、EUの実績のある経験に学び、日本でも公的削減協定を導入し、大企業に温室効果ガスの削減目標を明確にさせ、責任をもって達成するよう提案しています。  (惇)

 〔しんぶん赤旗 2009・11・4(水)〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日米半導体協定の内容と、それがもたらしたこと。

 先週の授業で「日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の半導体の貿易に関する交換公文(日米半導体協定)」のことがテーマの一つになりました。
 どんな交換公文だったでしょうか。

 半導体とは、半分導体、電気を良く通す金属などの導体と電気をほとんど通さないゴムなどの絶縁体との、中間の性質を持つシリコンなどの物質や材料のことです。
 半導体を材料に用いたトランジスタや集積回路(多数のトランジスタなどを作り込み配線接続した回路)も、半導体と呼ばれています。
 半導体は情報の記憶、数値計算や論理演算などの知的な情報処理機能を持っていて、電子機器や装置の頭脳部分として中心的役割を果たしています。

 日本の半導体業界が、大きなシェアを持っていた時代がありました。一九八〇年代半ばです。
 八五年には、アメリカGartner社(当時はアメリカDataquest社)の半導体メーカー別世界売上高ランキングで、日本電気(現在のNECエレクトロニクス)が日本勢として初めて首位に立ちました。
 八六年の同売上高ランキングには、一位に日本電気、二位に東芝、三位に日立製作所、七位に富士通、九位に松下電子工業(現在の松下電器産業 半導体社)、十位に三菱電機と上位十社に六社も日本半導体メーカーが名を連ねています。
 そして、八八年には、世界全体の半導体売上高のうち、日本半導体メーカーが49%を占めるにいたりました。

 日米半導体協定、日本製半導体の対米輸出を抑制し、日本市場で外国製半導体のシェアが拡大することをねらって結ばれた協定でした。

 日米間の半導体に関する問題は、七八年、首相の福田赳夫(たけお)氏が訪米した際にアメリカの半導体メーカーが、日本側の輸入障壁、政府補助、流通システムの問題について陳情したことに端を発しています。
 以後、日本の産業政策批判、通商法三〇一条にもとづく提訴、ダンピング提訴などが相次ぎました。
 アメリカのメーカー側の論拠は、日本半導体のアメリカ市場への進出は、アメリカのハイテク、防衛産業の基礎を脅かすという安全保障上の問題として、のちには産業への波及懸念を表面上の論拠としています。
 八六年七月、日米政府間で「日米半導体協定」が最終合意されました。
 概略は、(1)日本政府は国内ユーザーにたいして外国製半導体の活用を奨励する、(2)日本政府はアメリカへ輸出される六品目の半導体のコストと価格を監視する、(3)アメリカ商務省はダンピング調査を中断する、(4)日本政府は第三国市場に輸出される三品目のコストと価格を監視する、(5)協定期間は五年、以上の五点です。
 そして、九月二日、アメリカのワシントンでの取極めがおこなわれました。 
 八七年四月、アメリカの大統領レーガンは、日本の第三国向け輸出のダンピング、また日本市場でのアメリカ製品のシェアが拡大していないことの二点を理由に、日本の特定商品(パソコン、電動工具、カラーテレビなど)にたいし関税を100%に引き上げる措置を発動しました(同年六月に解除)。
 これに対して日本は「半導体ユーザー協議会」を設立するなど対日アクセス促進のための措置を取っりました。
 九一年八月、先の第一次協定は満期になりましたが、「新」協定(第二次)が発効しました。
 日本市場へのアクセス拡大を図るアメリカは、ヨーロッパに比べて日本市場でのシェアが低いことをあげ、シェア20%を要求しました。
 その後、この目標が達成されたため、九六年七月に協定は期限切れとなり失効しました。

 いま、日本の半導体業界は、凋落(ちょうらく)しています。アメリカGartner社が発表した二〇〇六年の売上高ランキングでは、東芝とルネサステクノロジが上位十社に顔を見せているだけです。最上位の東芝は六位にすぎません。

 【「日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の半導体の貿易に関する交換公文」は、つぎのような内容です。】

 日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の半導体の貿易に関する交換公文 

 (略称)米国との半導体貿易取極

 昭和六十一年九月二日  ワシントンで
 昭和六十一年九月二日  効力発生
 昭和六十一年十月二十日 告示
 (外務省告示第三六五号)

 (日本側書簡)

 (訳文)

 書簡をもつて啓上いたします。本使は,日本国とアメリカ合衆国との間の半導体の貿易に関して日本国政府の代表者とアメリカ合衆国政府の代表者との間で行われた最近の討議に言及するとともに,日本国政府がこの書簡に添付された取極(以下「取極」という。)の中に規定された措置を実施するという両政府間の了解を,日本国政府に代わって確認する光栄を有します。
 本使は,更に,アメリカ合衆国政府が取極の中に規定された措置を実施することを貴官がアメリカ合衆国政府に代わって確認し,この書簡及び貴官の返簡が両政府間の合意を構成するものとみなすこと並びにこの合意が貴官の返簡の日より効力を発生することを確認することを要請する光栄を有します。
 本使は,以上を申し進めるに際し,ここに重ねて貴官に向かつて敬意を表します。

 千九百八十六年九月二日にワシントンで
        日本国特命全権大使 松永信雄
        合衆国通商代表クレイトン・ヤイター殿

 日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の半導体の貿易に関する取極

 I 市場参入機会
 1 日本国政府とアメリカ合衆国政府は,市場原理とそれぞれの国の産業の競争力の状態に基づいて,半導体における自由貿易を促進することを希望する。両政府は,世界の半導体市場の将来における規模と形状,特に,それぞれの国内市場における現在及び将来の状況に関して,意見の交換を行つてきた。これらの交換は,各種市場の詳細な経済分析,それぞれの国の産業の競争力,及びこれらの市場における期待成長についての独立した非政府系の見通しに基づくものであつた。両国の半導体産業は,国内的にもまた国際的にも実質的な市場の伸びを予想しており,また,両政府は,これら製品の貿易の拡大を強く支持し勧奨する。日本国の半導体生産者及び使用者は,外国系半導体の供給と使用が実質的に伸長することを予想する。アメリカ合衆国は,合衆国産業の競争力がより反映されて,日本国市場における外国系半導体販売の実質的機会が改善されることを予想する。
 こうした認識に基づき,日本国政府は,日本国の半導体生産者及び使用者に対し,実際の販売実績と状態を改善しようと希望する外国系半導体企業の日本国における市場参入の機会が増大することを積極的に活用する必要性を認識させる。他方,アメリカ合衆国政府は,合衆国の半導体生産者に対し,日本国市場におけるすべての販売機会を積極的に追求する必要性を認識させる。
 2 両政府は,参入機会における予期される改善は,取極の期間にわたつて緩やかでかつ着実なものであるべきことに合意する。
 3(1)日本国政府は,日本国における外国系半導体の販売の拡大のために,次を通じて一層の支援を提供する。
 (a)外国系半導体生産者が日本国の市場に参入する努力を行うのに際して販売に関する支援を与える機関を創設すること。この機関は,要請により,外国系半導体製品の品質評価も行い,また,研究奨学計画,講演,展示会等を外国系企業のために組織する。
 (b)日本国の顧客との共同製品開発を含め,日本国の半導体購入者と外国系半導体生産者との間の長期的関係の促進を行うこと。
 (2)アメリカ合衆国政府もまた,可能な範囲で,右の活動に支援を与える。
 4 日本国政府とアメリカ合衆国政府は,この分野における政府出資の研究開発に起因する特許を外国企業が利用する機会が十分かつ公正に与えられるべきであるとの決意を再確認するとともに,両政府は,半導体生産能力の過度の増加を刺激する政策や計画を控えるとの強い意図を有するものである。
 II ダンピングの防止
 1 反ダンピング調査の中断
 イー・ピー・ロム及び二百五十六キロビット以上のダイナミック・ラムに関する現行の反ダンピング調査は,これらの品目に関し,相互の合意により締結されたアメリカ合衆国商務省(以下「商務省」という。)と日本国の関係企業との間の反ダンピング調査中断取決め(以下「中断取決め」という。)により中断される。
 2 監視制度(合衆国市場)
 (1)両政府は,関税と貿易に関する一般協定(以下「ガット」という。)の関係規定に従つてダンピングを防止する必要性を認識する。
 (2)ダンピングを防止するために,日本国政府は,日本国からアメリカ合衆国へ輸出される品目の原価と価格を監視する。
 (3)当初監視品目は,附属書のなかで特定される。これらの品目は,日本国の企業が相当量の生産を行い,輸出が増加している半導体であって,(i)標準汎用半導体{汎にはんとルビ}であること,又は,(ii)公正価額未満の販売のおそれの証拠があること,のいずれかの基準に該当する半導体のなかから,両政府の合意により特定されたものである。品目の一覧表は,必要に応じ見直される。右基準に該当する場合,いずれか一方の政府の要請により,新たな品目を追加することができる。両政府の合意により,監視一覧表から品目を削除することができる。
 (4)監視品目に関する企業別かつ品目別の原価及び輸出価格の資料は,日本国の半導体輸出者により,日本国通商産業省(以下「通産省」という。)の定める手続に従つて,通産省に提出される。資料報告書の形式と範囲は,両政府により相互に合意される。日本国の半導体輸出者は,アメリカ合衆国内の関係企業から,アメリカ合衆国内の最初の関係のない企業への販売価格に関する資料を通産省に提出するよう勧告される。
 (5)アメリカ合衆国政府が監視品目の輸出もしくは販売が一又はそれ以上の日本国の企業により,合衆国市場において,企業別の公正価額未満の価格で行われていると考えかつ,その考えを裏付ける情報を日本国政府に提供したときは,協議を直ちに要請することができる。協議は,両政府が延長に相互に合意しない限り,最大限十四日間の限度で開かれる。
 (6)監視又は協議に基づいて,日本国政府は,企業別の公正価額未満の価格での輸出を防止するために,日本国の法令の範囲内でとり得る適切な措置をとる。
 (7)協議に基づき,かつ,アメリカ合衆国政府の同意の下に,日本国政府は,日本国の半導体輸出者を通して,当該輸出者のアメリカ合衆国内の関係企業が,アメリカ合衆国内の最初の関係のない企業に対し,企業別の公正価額未満の価格で販売しないよう,適切な措置をとる。
 (8)アメリカ合衆国政府は,自らの発意による場合であつても,また提訴への対応による場合であつても,同政府が利用できる情報に基づき,反ダンピング調査を開始する完全な権利を保持する。自らの発意による場合には,事前の協議が行われる。
 (9)反ダンピング措置が監視品目に関し開始された場合は,日本国政府は,影響を受ける日本国の半導体輸出者に対し,質問状が提示されてから十四日以内に,II2(4)項に基づき通産省に提出された資料を商務省に提供するよう勧奨する。追加資料は,通常の反ダンピング手続に従つて提供される。
 3 監視制度(第三国市場)
 (1)両政府は,ガットの関係規定に従つてダンピングを防止する必要性を認識するとともに,それぞれの産業に対し右原則に従うよう勧奨する。
 (2)ダンピングを防止するために,日本国政府は,適当な場合に,日本国の半導体企業により日本国から輸出される品目に関し原価及び輸出価格を監視する。
 III 一般条項
 1 両政府は,現行反ダンピング調査に関し,イー・ピー・ロム及び二百五十六キロビット以上のダイナミック・ラムについて双方の満足のいく中断取決めが策定されるまで,またかかる取決めが策定されない限り,この取極の条項は実施されないことを合意する。
 2 アメリカ合衆国政府が,監視品目に関し,提訴により又は行政権限の行使により反ダンピング調査を開始する場合には,両政府は,III4項に規定されている緊急協議を開始する。
 3 両政府は,進捗状況を測定,評価し,また起こり得る問題や紛争に対処するための定期協議が,この取極の目的の達成にとつて必要であることに合意する。この目的のため,両政府は,この取極の当初の二年間においては年三回以上の頻度で,それ以降は少なくとも年二回の協議を行うことに合意する。
 4 いずれの政府も緊急協議を要請することができる。このような協議は,両政府がより遅い開始期日に相互に合意しない限り,要請がなされた日から十四日以内に行われなければならない。
 5 これらの協議において,日本国における外国系半導体の販売に関する問題が特定された場合,かかる問題は速やかに解決されねばならない。
 6 この取極の規定は,両政府により,それぞれ自国の法令に従つて,実施又は施行される。
 7 この取極のいかなる条項も,第三国の利益を損なうことを意図するものではない。
 8 両政府は,この取極がガットに基づく両政府の権利及び義務に,影響を与えるものではないことを認識する。
 9 この取極の基礎の重大な変更があつた場合,また,この取極の目的が達成されない場合には,この取極の可能な改正を含め,このような状況に対処し,これを是正するために,緊急協議が開催される。日本国企業の中断取決め違反又は同取決めの適用範囲が八十五パーセントを下回ることによる同取決めの終結は,原則として,この取極の基礎の重大な変更,又は,この取極の目的の未達を構成しない。中断取決めの終結が予想される場合,アメリカ合衆国政府は日本国政府に対し,その意図及び理由を通報する。
 10 両政府がIII9項の下での緊急協議において合意に達することができない場合,いずれか一方の政府は,他方の政府に対する六十日間の書面による通告により,この取極の規定の全部又は一部を終了させることができる。
 11 この取極のII2(2)項及びII3(2)項で規定されている監視のための資料の収集に関し,通産省は,必要な場合に商業上の秘密の資料を「秘」扱いとし,日本国の関係法令に従つてこのような資料の入手可能性を限定することを含めこのような資料を保護するための厳格な措置が講じられることが確認される。このような商業上の秘密の資料の保護に関連し問題が生ずる場合には,両政府は,問題解決のため,直ちに協議を開始する。
 12 日本国政府は,千九百八十三年二月の日米先端技術産業作業部会提言2B部4項及び7項を念頭に置きつつ,日本国政府が全部又は一部を出資する研究開発計画が,完全な内国民待遇にて,日本国に設立された外資系半導体企業に対し開放されることを確認する。日本国政府は,更に,半導体産業又は同産業の一部門の開発を求めている計画が,このような計画への参入機会の観点から,このような外資系半導体企業を日本国資本系企業と同等に扱うよう作成されることを確認する。内国民待遇は,また,投資促進計画,譲許貸付及びこれに関連した援助計画への参入においても与えられる。
 日本国に設立された合衆国資本系半導体会社が内国民待遇を与えられていないと考える場合には,アメリカ合衆国政府は日本国政府に対し直ちに協議を要請することが日本国政府によつて了解される。このような協議は,要請のあつた日から十四日以内に開催される。
 13 この取極の期間は五年間とし,千九百九十一年七月三十一日に終了する。

 附属書

 (1)メモリー・デバイス
    モス・スタティック・ラム
    イー・シー・エル・ラム
 (2)マイクロプロセッサー
    八ビット構成
    一六ビット構成
 (3)マイクロコントローラー
    八ビット構成
 (4)エイシックス
    ゲート・アレイ
    スタンダード・セル
 (5)イーシー・エル・ロジック
   ◇
 (米国側書簡)

 (訳文)

 書簡をもつて啓上いたします。本官は,アメリカ合衆国と日本国との間の半導体の貿易に関する取極(以下「取極」という。)を添付した本日付けの貴使の次の書簡を受領したことを確認する光栄を有します。
 (日本側書簡を引き写した部分は省略)
 本官は,更に,アメリカ合衆国に代わつて,アメリカ合衆国が取極の中に規定された措置を実施することを確認するとともに,貴使の書簡及びこの返簡が両政府間の合意を構成するものとみなすこと並びにこの合意がこの返簡の日より効力を発生することに同意する光栄を有します。
 本官は,以上を申し進めるに際し,ここに重ねて閣下に向かつて敬意を表します。

 千九百八十六年九月二日にワシントンで
       合衆国通商代表 クレイトン・ヤイター

 アメリカ合衆国駐在
       日本国特命全権大使 松永信雄閣下

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.06

高知海軍航空隊の地図 ここにあります。

 高知海軍航空隊の地図を見たいというご希望がありました。以下のようにすれば日本帝国海軍がアメリカ占領軍に渡した「引渡目録」のものを見ることができます。

 まず、「国立公文書館 アジア歴史資料センター」のホームページへ、どうぞ。接続先は以下。

 http://www.jacar.go.jp/

 ここの左のほうに「簡易検索」がありますので、そこに、つぎの言葉を入れてください。

 引渡目録 高知海軍航空隊

 それで「検索」します。
 十五件でてきました。

 まず、1の「画像閲覧」をクリック。
 右上の「→」で各ページを見ていってください。

 そこになければ左上の「次資料」をクリックして同じ作業をしていきます。

 高知海軍航空隊の地図、高知第三飛行場の地図も、ここにあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

City life and the country life

 I compare city life with country life.
 I think,country life is more comfortable than city life.

  A key word of city lifes ares crowded.
  People can't move in train.

  Country life is not crowded.
  There are many times and plenty places.
  We can get our seat in trains.

  Young people like a big city,so they go out from country.
  But, I prefer country to city.

 私は、都市生活と田舎生活を比べてみます。
 私は、田舎生活は都市生活よりもっと快適だと思います。
 都市生活のキーワードは混んでいるということです。
 人々は電車の中で動くことができません。
 田舎生活は混んでいません。
 そこには、多くの時間があり、広いスペースがあります。
 私たちは電車でも座ることができます。
 若い人々は大都市が好きです。だから、田舎から出ていってしまいます。
 しかし、私は都市より田舎が好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

参議院予算委員会での川口順子(かわぐち・よりこ)さんの質問を聞いて。

 十一月六日午後の参議院予算委員会の質疑をテレビで見ています。
 自民党の川口順子(かわぐち。・よりこ)さんの質問を聞いていて、「この人は軍事面でのアメリカの利益の代弁者だなぁ」と思いました。
 どうして、彼女が、そうなのか経歴を調べてみました。データはウィキペディアです。

 生年月日  1941年1月14日
 出身地  東京都。 旧姓 土田。

 略歴

 1957年    - アメリカ合衆国に1年留学(AFS4期生)
 1961年3月 - 東京教育大学附属高等学校(現・筑波大学附属高等学校)卒業
 1964年9月 - 国家公務員採用上級(甲種・経済)試験合格
 1965年3月 - 東京大学教養学部教養学科卒業
 1965年4月 - 通商産業省入省。
 1972年6月 - イェール大学経済学部大学院修士
 1980年7月 - 工業技術院総務部国際研究協力課長
 1982年1月 - 通商産業大臣官房付兼内閣官房内閣審議室内閣審議官
 1984年6月 - 通商産業省産業政策局国際企業課長
 1986年6月 - 通商産業大臣官房調査統計部統計解析課長
 1988年7月 - 内閣官房内閣外政審議室内閣審議官兼内閣総理大臣官房参事官
 1989年5月 - 通商産業大臣官房地方課長
 1990年2月 - 通商産業省通商政策局経済協力部長
 1990年8月 - 在アメリカ合衆国日本国大使館公使
 1992年6月 - 通商産業研究所次長兼通商産業大臣官房審議官(地球環境問題担当)
 1993年7月 - 退官
 1993年9月 - サントリー常務取締役就任
 2000年7月 - サントリーを退社 環境庁長官就任(第2次森内閣)
 2001年1月 - 初代環境大臣就任
 2002年2月 - 外務大臣就任
 2004年9月 - 内閣総理大臣補佐官(外交担当)就任
 2005年9月 - 内閣総理大臣補佐官を辞任
 2005年10月- 参院神奈川補選当選
 2007年7月 - 第21回参議院議員選挙で再選

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俳句集「花咲かせ パイナップルたち 震えてる」。

 本日の夜の「芸術文化論」の授業中に生まれた俳句もどきです。

 文化論 「そう、そう」と聞き 句をつくる

 回天の 壕つえはてた 浦戸いく

 ねず公を ネコくわえ来て 得意顔

 三つ目の 病名もらう 秋さなか

 温暖化 月に逃げてる 夢をみた

 「やりたい」と 「やりえたこと」の 差にあせる

 望月(もちづき)に ならないままに しぼめるか

 花咲かせ パイナップルたち 震えてる

 コスモスが 右に左に わが心

 秋雲が 描く絵画に 「うぉー!」の声

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌集・学園祭前の県立高知短期大学。

 明日には 両親同士 会うという
 四十過ぎの
 学生の春

 ギター弾く ボランティアする 老学生
 呆けた人の
 輝き語る

 女子学生 張り絵のブタを かいている
 短大祭の
 トン汁の店

 みながみな 「大丈夫?」の声 かけてくる
 病欠後の
 夜の学び舎

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短歌・十九の恋は凝固したまま。

 もう少し おとなだったら 良かったね
 十九の恋は
 凝固したまま

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.07

アメリカの大学の図書館は二十四時間開館している!?

 アメリカの大学の図書館は二十四時間開館しているという話を聞きました。

 インターネットで検索してみました。

 どの大学でも、いつも……ということではなさそうですが、すごいことです。

 次のサイトでも、その一端を示す話が載っていました。

 http://www.lib.fukuoka-u.ac.jp/annai/kanpo/no046/4601.html

 http://www.lib.fukuoka-u.ac.jp/annai/kanpo/no046/4602.html

 https://www.agos.co.jp/news/report/amano/index.html

 http://shooon.exblog.jp/6110591/

 http://home.hiroshima-u.ac.jp/forum/34-2/t4.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.08

櫻本富雄さんの講演を聞いて、胸をえぐられるようでした。

 十一月七日。

 もの書きは どう生きるのか
 問いかける
 櫻本富雄の やいばの鋭さ

 櫻本富雄さんの講演を聞いて、胸をえぐられるようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 「夫もね。同じ病気で 亡くなった」。「………」。

 「夫もね。同じ病気で 亡くなった」

 励まし言葉に

 ドキッとしてる

 本日は午前十時から県立高知短期大学の学園祭に。

 そのときお会いした女性の言葉です。

 この日は、二つの会議に出席しました。

 夜、高知大学の二年先輩の女性二人、男性三人が高知にこられたので、一緒に食事をしました。KAさんや妻も一緒でした。

 ここにこられていた名古屋の女性・KAさん(高知大学グリークラブの先輩)は、いまも合唱団に入っているとのこと。「ハイタッチ」という歌を教えていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知県須崎の人間魚雷・回天の隊員だった人が持っていた鉢巻など その一。

 夕方、高知県須崎の人間魚雷・回天の隊員だった人が持っていた鉢巻などを見せてもらいました。
 これが鉢巻きです。Photo

 七生報国(しちしょうほうこく)は、「七たび人と生まれて、逆賊を滅ぼし、国に報いん」との意味です。
 この場合の逆賊は、アメリカ、イギリスなどでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知県須崎の人間魚雷・回天の隊員だった人が持っていた鉢巻など その二。

Photo_2  鉢巻の前部に入っていたお守り。

 【参考 湊川神社】

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%A0%E6%9C%A8%E7%A4%BE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知県須崎の人間魚雷・回天の隊員だった人が持っていた鉢巻など その三。

 短刀です。

 【参考 金沢正夫】

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E6%B2%A2%E6%AD%A3%E5%A4%AB

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知県須崎の人間魚雷・回天の隊員だった人が持っていた鉢巻など その四。

 のぼりです。

  非理法権天(ひりほうけんてん)というのは「非は理に勝たず、理は法に勝たず、法は権に勝たず、権は天に勝たず」で、「天命のままに動き、人は天に逆らうことはできない『天道に従って行動すべきであるということ』」とのことです。

Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.09

短歌集「三つ目の病名」。

 躍らない 心暴れて 持て余す 何だかどこかが つまっているよな

 六十が 百三十に 飛びあがる 僕の脈拍 もしかして恋?

 いく度もの 検査の末に 三つ目の 病名決まる ある秋のこと

 「病名が わかったからには 法もある」 一人なぐさめ 薬局に行く

 みながみな 「大丈夫?」の声 かけくれる 病欠明けの 夜の学び舎

 「夫もね 同じ病気で 亡くなった」 励まし言葉に ドキッとしてる

 「あが心、恒(つね)に虚(そら)より翔(かけ)り行かむ」 きょうも思いて 明日の準備す

 やまい得て やるべきことの 順番を 考えこんでる 秋の夜のこと

 一日に なしえることは 少なくて 今朝からの 作業閉じてる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.10

「ふれあい」って、すごい歌だったんだねえ。

「♪悲しみに 出会うたび…」なんて

 真夜中に歌っているんだ

 ユーチューブ見て

 今夜も妻と二人で大きな机の上にパソコンを二つおいて、それぞれの世界に入っています。

 僕は、「♪ 悲しみに 出会うたび あの人を 思い出す……」の歌詞を探しています。

 ユーチューブにも映像がありました。

 これです。

  http://www.youtube.com/watch?v=4k79nQNlu84&feature=related

 http://www.youtube.com/watch?v=mKPLDnO7n5U&feature=related

 一緒に何度も歌いました。

 ふれあい

 作詞・山川啓介、作曲・いずみたく、1974年

 悲しみに 出会うたび
 あの人を 思い出す
 こんな時 そばにいて
 肩を抱いて ほしいと
 なぐさめも 涙もいらないさ
 ぬくもりが ほしいだけ
 ひとはみな 一人では
 生きてゆけない ものだから

 空しさに 悩む日は
 あの人を 誘いたい
 ひとことも 語らずに
 おなじ歌 歌おうと
 何気ない 心のふれあいが
 幸せを 連れてくる
 ひとはみな 一人では
 生きてゆけない ものだから

 何気ない 心のふれあいが
 幸せを 連れてくる
 ひとはみな 一人では
 生きてゆけない ものだから
 生きてゆけない ものだから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.11

何日も前から書いていた原稿二つが……。

 何日も前から書いていた原稿二つが、午前中、やっとできあがりました。

 なんか「生産性」が低くなっています。

 うーーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.12

若きらと 手を携えて 歩む道

 若きらと 手を携えて 歩む道

 行く先々で

 議論になれども

 ○

 病気かな 家族のゆえか

 案じてる

 二日続けて 休む友いて

 ○

 十一月十一日の短歌です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Excellent!(エクセレント。よくできました)の 優しい声を 聞きたくて……」。

 「Excellent!(エクセレント。よくできました)」の
 優しい声を 聞きたくて
 通っています 英語の塾に

 生徒は二人だけの塾です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

英訳がなかなか難しい日本語の文章があります(自分がつくったのですが)。どうすれば……。

 英訳がなかなか難しい日本語の文章があります(自分がつくったのですが)。

 いろいろやっていると、まず日本文が良くないことに気付きました。
 ・ 一つの文章のセンテンスが長い。分解すると四つの文章になるものもありました。
 ・ 用語や、いいまわしやが難しい。つまり人にわかるようなくだけた表現になっていない。

 ここが解決すると平易な単語をつかった訳への道筋がつきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安倍なつみさんの「夢をあきらめないで」を聞いて驚がくしました。いい、うまい。 

  夜中に、ユーチューブで、安倍なつみさんの「夢をあきらめないで」を聞いて驚がくしました。いい、うまい。 

 知らない人でしたが、検索していったら、すごい有名人だということを知りました。

 でも、水着シーンとか、そんな感じでアイドル的に「売られて」きたのを知り、なんだかいやーな感じになりました。
 これほどの歌唱力の人です。歌のみで押し出していくことにしてほしいなぁ。

 本人が、どう思っているかは知りませんが……。

 【ここを】

 http://www.youtube.com/watch?v=8qVJDRrrG6I&NR=1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.13

舟木一夫さんの歌「高校三年生」は、いつ発表されたでしょうか? アラシックス(六十代前後)の話題。

 きょうは、一生懸命、「国際法Ⅱ」のノートづくり。数時間かかりましたが、まだ終わりません。

 あきらめて早い目に県立高知短期大学に登校しました。
 いつものように、アラシックス(六十代前後)が固まっていました。

 そこで、舟木一夫さんの歌「高校三年生」が、いつ発表されたのかが「議論」になりました。
 さっそく、TAさんが調べてきました。
 一九六三年六月五日でした。

 【「高校三年生」は、ここで聞くことができます】

 http://www.youtube.com/watch?v=blPyKHpTuik

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俳句集「手の先で ゆっくり熟す カキの笑み」。

 本日の「芸術文化論」の授業中につくった俳句です。

 手の先で ゆっくり熟す カキの笑み

 「めしないが?」 「あんまり甘えな」 猛女あり

 つんけんの 妻のネコなで いぶかしや
  
 見るたびに しっかり減ってる わが通帳

 名が出ない 老いのしゃべりは 迷走中

 なぐさめの 「多病息災」 ありがとう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 TBSテレビの「水戸黄門」の黄門さん役は何代目?

 TBSテレビの「水戸黄門」の黄門さん役は何代目?
 ということが議論になりました。
 数え方にもよりますが四代目か五代目です。

 ○ ブラザー劇場 水戸黄門
(1964年11月2日-1965年12月27日 61回、TBS) 月形龍之介
 ○ ナショナル劇場 水戸黄門
(1969年8月4日-1983年4月11日 381回、TBS) 東野英治郎
 ○ ナショナル劇場 水戸黄門
(1983年10月31日-1992年11月9日 283回、TBS) 西村晃
 ○ ナショナル劇場 水戸黄門
(1993年5月17日-2000年11月20日 246回、TBS) 佐野浅夫
 ○ ナショナル劇場 水戸黄門
(2001年4月2日-2002年7月1日 50回、TBS) 石坂浩二
 ○ ナショナル劇場 → パナソニックドラマシアター 水戸黄門
(2002年10月14日- 200回(2009年9月~、TBS) 里見浩太朗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなにも母は息子を愛しているんだね。

 こんなにも 愛されていて 素敵だね
 母のアドレス
 息子の名前

 きょう教えてもらったパソコンのメールアドレスのことです。
 きのう教えてもらった別の母親のメールアドレスにも息子の名前が組み込まれていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.14

徳島海軍航空隊・白菊での特別攻撃・西村晃さん。参考資料。 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%B3%E5%B3%B6%E6%B5%B7%E8%BB%8D%E8%88%AA%E7%A9%BA%E9%9A%8A    

http://www.warbirds.jp/senri/22tokuko/205/toku.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A5%BF%E6%9D%91%E6%99%83 

http://park22.wakwak.com/~kima/newpage56.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E5%AE%97%E5%AE%A4_(15%E4%BB%A3)

NHK 人間講座 茶のこころ世界へ 裏千家十五代家元・哲学博士 千 玄室

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふたたび彫刻の教室に行っています。

 ふたたび彫刻の教室に行っています。
 一日目は、午前九時半から午後四時半までです。
 先生は、僕の大好きな作品をつくった女性です。

 「受付の時、藤原です」というと受付の女性は「ああ、わかっています」という感じでした。
 「さては、やばい」と思ったのですが、やっぱり受講生十人中、男性は僕だけでした。

 今回はテラコッタです。
 クロッキーでポーズつくり。
 五分とか十分とかの時間制限で三つつくりました。
 しかし、……。
 まわりを見ると、みなベテランのようで巧みにつくりあげています。

 さて、作品づくりです。
 高さ十五センチほどの全身像をつくりました。
 途中、先生から注意をうけました。
 「もう少し後ろから作品の全体像を見てください」
 よく見ると頭部が大きすぎ。
 結局、頭部を三分の一くらいにしてしまいました。
 「足が人魚みたいですよ。関節を描いてください。難しいですか。藤原さん、初めてですか?」
 「うーん、うーん」といいながら直しました。
 手足の指とか顔とかをきちんとつくるかどうか悩みましたが、そのままにしてあります。

 明日、もう一度、アタックします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 「恋なんか、ありっこないわ。あなたには」。妻の「信頼」?

 「恋なんか、ありっこないわ。あなたには」

 妻はしっかり

 やしべているが……

 ○

 ここまで夫を「信じて」いいものでしょうか……。

 「やしべる」は土佐弁で「軽(かる)んじる。ばかにする」ほどの意味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.15

テラコッタ 作品A。

 きょうは、僕の最良の日の一つでした。

 テラコッタの作品ができたのです(まだ、焼く作業がありますが……)。

 驚くべきことに三つもできました。

 まず作品Aから紹介します。Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テラコッタ 作品B。

20091115  A、Bとも、なんだか漫画見たいですね。

 もっと、リアルなものをつくりたいと思っているのですが……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テラコッタ 作品C。

20091115_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.22

最近の俳句「数秒間 十九の恋と 語った夜(よ)」など。

 秋ホタル 「死ぬのが怖い」と いって去る

 ずっと前に亡くなった母のことです。

 四人もが 進学果たした わがゼミよ

 数秒間 十九(じゅうく)の恋と 語った夜(よ)

 交差点 セキレイ走る 寒い朝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

県立高知短期大学の経済学クラブの愛媛県への研修旅行です(十一月二十一日、二十二日)。

 手を振って 送る妻あり 旅に出る

 もらいもの 古着きて行く バスの旅 

 車窓(まど)の外 わがふるさとで 抜けて立つ

 バス旅行 しゃべり続ける 女子学生

 バスの中 「ふれあい」歌う われもいて

 モミジ見て 歌声の中 愛媛入り

 秋景色 二輪の三人 溶けていく

 ダイガラで よもぎもちつき 町起こし

 不苦労の 木彫り売る店 内子町

 妻用に 千五十円 首飾り

 「わーっ、すごい」 かまぼこ板の 小宇宙

 車いす おしている手の しなやかさ

 みなみなの 笑顔がほしくて レンズ向け

 がけふちに 段畑つくる 農を見ている

 あす試験 一夜漬けにも ならず眠る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.24

短歌「てのひらに 乗らないままに 試験日で……」。

 てのひらに 乗らないままに 試験日で

 何だかどこかへ

 逃げ出したい日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国からきた日本人女性・TOさんと槇村浩の「間島(かんとう)パルチザンの歌」。

 十一月二十三日、二十四日と韓国からきた日本人女性・TOさん(50)と話しました。

 彼女はフリーライターで、高知県の反戦詩人・槇村浩(まきむら)さんの足取りと彼の詩「間島(かんとう)パルチザンの歌」について韓国語で書いて紹介したいとのことでした。

 話していたら僕が昨年か一昨年に読んだ韓国語の入門書の筆者でした。

 間島パルチザンの歌

 思い出はおれを故郷へ運ぶ
 白頭の嶺を越え、落葉(から)松の林を越え
 蘆の根の黒く凍る沼のかなた
 赭ちゃけた地肌に黝(くろ)ずんだ小舎の続くところ
 高麗雉子が谷に啼く咸鏡の村よ

 雪溶けの小径を踏んで
 チゲを負ひ、枯葉を集めに
 姉と登った裏山の楢林よ
 山番に追はれて石ころ道を駆け下りるふたりの肩に
 背負(しょい)縄はいかにきびしく食ひ入ったか
 ひゞわれたふたりの足に
 吹く風はいかに血ごりを凍らせたか

 雲は南にちぎれ
 熱風は田のくろに流れる
 山から山に雨乞ひに行く村びとの中に
 父のかついだ鍬(くわ)先を凝視(みつ)めながら
 目暈(めま)ひのする空き腹をこらへて
 姉と手をつないで越えて行った
 あの長い坂路よ

 えぞ柳の煙る書堂の蔭に
 胸を病み、都から帰って来たわかものゝ話は
 少年のおれたちにどんなに楽しかったか
 わかものは熱するとすぐ咳をした
 はげしく咳き入りながら
 彼はツァールの暗いロシアを語った
 クレムリンに燻(くす)ぶった爆弾と
 ネヴァ河の霧に流れた血のしぶきと
 雪を踏んでシベリヤに行く囚人の群れと
 そして十月の朝早く
 津波のやうに街に雪崩れた民衆のどよめきを
 ツァールの黒鷲が引き裂かれ
 モスコーの空高く鎌と槌(ハンマー)の赤旗が翻ったその日のことを
 話し止んで口笛を吹く彼の横顔には痛々しい紅潮が流れ
 血が繻衣(チョゴリ)の袖を真赤に染めた
 崔先生と呼ばれたそのわかものは
 あのすさまじいどよめきが朝鮮を揺るがした春も見ずに
 灰色の雪空に希望を投げて故郷の書堂に逝った
 だが、自由の国ロシアの話は
 いかに深いあこがれと共に、おれの胸に泌み入ったか
 おれは北の空に響く素晴らしい建設の轍(わだち)の音を聞き
 故国を持たぬおれたちの暗い殖民地の生活を思った

 おゝ
 蔑まれ、不具(かたわ)にまで傷づけられた民族の誇りと
 声なき無数の苦悩を載せる故国の土地!
 そのお前の土を
 飢えたお前の子らが
 苦い屈辱と忿懣(ふんまん)をこめて嚥(の)み下(くだ)すとき--
 お前の暖かい胸から無理強ひにもぎ取られたお前の子らが
 うなだれ、押し黙って国境を越えて行くとき--
 お前の土のどん底から
 二千萬の民衆を揺り動かす激憤の熔岩を思へ!

 おゝ三月一日!
 民族の血潮が胸を搏(う)つおれたちのどのひとりが
 無限の憎悪を一瞬にたゝきつけたおれたちのどのひとりが
 一九一九年三月一日を忘れようぞ!
 その日
 「大韓独立万歳!」の声は全土をゆるがし
 踏み躙(にじ)られた××(日章)旗に代へて
 母国の旗は家々の戸ごとに翻った

 胸に迫る熱い涙をもっておれはその日を思ひ出す!
 反抗のどよめきは故郷の村にまで伝はり
 自由の歌は咸鏡の嶺々に谺(こだま)した
 おゝ、山から山、谷から谷に溢れ出た虐げられたものらの無数の列よ!
 先頭に旗をかざして進む若者と
 胸一ぱいに萬歳をはるかの屋根に呼び交はす老人と
 眼に涙を浮べて古い民衆の謡(うた)をうたふ女らと
 草の根を噛りながら、腹の底からの嬉しさに歓呼の声を振りしぼる少年たち!
 赭土(あかつち)の崩れる峠の上で
 声を涸(か)らして父母と姉弟が叫びながら、こみ上げてくる熱いものに我知らず流した涙を
 おれは決して忘れない!

 おゝ
 おれたちの自由の歓びはあまりにも短かゝった!
 夕暮おれは地平の涯に
 煙を揚げて突き進んでくる黒い塊を見た
 悪魔のやうに炬火を投げ、村々を焔の×(海)に浸しながら、喊(かん)声をあげて突貫する日本騎馬隊を!
 だが×(焼)け×(崩)れる部落の家々も
 丘から丘に炸裂する銃弾の音も、おれたちにとって何であらう
 おれたちは咸鏡の男と女
 搾取者への反抗に歴史を×(綴)ったこの故郷の名にかけて
 全韓に狼煙を揚げたいくたびかの蜂起に×(血)を滴らせたこの故郷の土にかけて
 首うなだれ、おめおめと陣地を敵に渡せようか

 旗を捲き、地に伏す者は誰だ?
 部署を捨て、敵の鉄蹄(てつてい)に故郷を委せようとするのはどいつだ?
 よし、焔がおれたちを包まうと
 よし、銃剣を構へた騎馬隊が野獣のやうにおれたちに襲ひ掛からうと
 おれたちは高く頭(かしら)を挙げ
 昂然と胸を張って
 怒濤のやうに嶺をゆるがす万歳を叫ばう!
 おれたちが陣地を棄てず、おれたちの歓声が響くところ
 「暴圧の雲光を覆ふ」朝鮮の片隅に
 おれたちの故国は生き
 おれたちの民族の血は脈々と搏(う)つ!
 おれたちは咸鏡の男と女!

 おう血の三月!---その日を限りとして
 父母と姉におれは永久に訣(わか)れた
 砲弾に崩れた砂の中に見失った三人の姿を
 白衣を血に染めて野に倒れた村びとの間に
 紅松へ逆さに掛った屍の間に
 銃剣と騎馬隊に隠れながら
 夜も昼もおれは探し歩いた

 あはれな故国よ!
 お前の上に立ちさまよふ屍臭はあまりにも傷々しい
 銃剣に蜂の巣のやうに×(突)き×(刺)され、生きながら火中に投げ込まれた男たち!
 強×(姦)され、×(腹)を刳(えぐ)られ、臓腑(ぞうふ)まで引きずり出された女たち!
 石ころを手にしたまゝ絞め××(殺さ)れた老人ら!
 小さい手に母国の旗を握りしめて俯伏(うつぶ)した子供たち!
 おゝ君ら、先がけて解放の戦さに斃(たお)れた一萬五千の同志らの
 棺(ひつぎ)にも蔵められず、腐屍を兀鷲(はげわし)の餌食に曝す躯(むくろ)の上を
 荒れすさんだ村々の上を
 茫々たる杉松の密林に身を潜める火田民(かでんみん)の上を
 北鮮の曠野に萠える野の草の薫りを籠めて
 吹け!春風よ!
 夜中(よじゅう)、山はぼうぼうと燃え
 火田を囲む群落(むら)の上を、鳥は群れを乱して散った
 朝
 おれは夜明けの空に
 渦を描いて北に飛ぶ鶴を見た
 ツルチェクの林を分け
 鬱蒼(うつそう)たる樹海を越えて
 国境へ---
 火のやうに紅い雲の波を貫いて、真直ぐに飛んで行くもの!
 その故国に帰る白い列に
 おれ、十二の少年の胸は躍った
 熱し、咳き込みながら崔先生の語った自由の国へ
 春風に翼(はね)を搏(う)たせ
 歓びの声をはるかに揚げて
 いま楽しい旅をゆくもの!
 おれは頬を火照らし
 手をあげて鶴に応(こた)へた
 その十三年前の感激をおれは今なまなましいく想ひ出す

 氷塊が河床に砕ける早春の豆満江を渡り
 国境を越えてはや十三年
 苦い闘争と試練の時期を
 おれは長白の平野で過ごした
 気まぐれな「時」はおれはロシアから隔て
 厳しい生活の鎖は間島におれを繋いだ
 だが かってロシアを見ず
 生まれてロシアの土を踏まなかったことを、おれは決して悔いない
 いまおれの棲むは第二のロシア
 民族の墻(かき)を撤したソヴェート!
 聞け! 銃を手に
 深夜結氷を越えた海蘭(ハイラン)の河瀬の音に
 密林に夜襲の声を谺(こだま)した汪清(ワンシン)の樹々のひとつひとつに
 ×(血)ぬられた苦難と建設の譚(ものがたり)を!

 風よ、憤懣(ふんまん)の響きを籠めて白頭から雪崩れてこい!
 濤よ、激憤の沫(しぶ)きを揚げて豆満江に迸(ほとばし)れ!
 おゝ、××(日章)旗を飜す強盗ども!
 父母と姉と同志の血を地に灑(そそ)ぎ
 故国からおれを追ひ
 いま剣をかざして間島に迫る××(日本)の兵匪!
 おゝ、お前らの前におれたちがまた屈従せねばならぬと言ふのか
 太てぶてしい強盗どもを待遇する途をおれたちが知らぬといふのか

 春は音を立てゝ河瀬に流れ
 風は木犀の香を伝へてくる
 露を帯びた芝草に車座になり
 おれたちはいま送られた素晴らしいビラを読み上げる
 それは国境を越えて解放のために闘ふ同志の声
 撃鉄を前に、悠然と階級の赤旗を掲げるプロレタリアートの叫び
 「在満日本××(革命)兵士委員会」の檄!

 ビラをポケットに
 おれたちはまた銃を取って忍んで行かう
 雪溶けのせゝらぎはおれたちの進軍を伝へ
 見覚えのある合歓(ねむ)の林は喜んでおれたちを迎へるだらう
 やつら! 蒼ざめた執政の蔭に
 購(あがな)はれた歓声を挙げるなら挙げるがいゝ
 疲れ切った号外売りに
 嘘っぱちの勝利を告げるなら告げさせろ
 おれたちは不死身だ!
 おれたちはいくたびか敗けはした
 銃剣と馬蹄はおれたちを蹴散らしもした
 だが
 密林に潜んだ十人は百人となって現はれなんだか!
 十里退却したおれたちは、今度は二十里の前進をせなんだか!
 「生くる日の限り解放のために身を献げ
 赤旗のもとに喜んで死なう!」
 「東方××(革命)軍」の軍旗に唇を触れ、宣誓したあの言葉をおれが忘れようか
 おれたちは間島のパルチザン。身をもってソヴェートを護る鉄の腕。生死を   赤旗と共にする決死隊
 いま長白の嶺を越えて
 革命の進軍歌を全世界に響かせる
 --海 隔てつわれら腕(かいな)結びゆく
 --いざ戦はんいざ、奮い立ていざ
 --あゝインターナショナルわれらがもの・・・・・・

                              一九三二・三・一三

 (『プロレタリア文学』臨時増刊、四・一六、第五回大会紀念号 一九三二年四月二十五日発刊)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.27

 「家のカギを忘れてきて家に入(はい) れないの」

 十一月二十六日午後六時前、県立高知短期大学の授業を受けようとしている僕に、妻から電話がかかってきました。

 「まただな」と、思いました。

 控え目な声で、「家のカギを忘れてきて家に入(はい)れないの」。

 やっぱりです。

 「休み時間に僕のカギをとりにおいで」

 「いやよ。寒いし」

 ということで、妻は高知市の中心地にある実家に泊ることにしたといいます。

 「朝、あなたが出かける前に家に帰るから。ネコをお願い」

 午後十時、高知市のはずれにあるわが家に帰りついてドアを開けるとネコがすりぬけて外へ。

 で、この夜は、わが家は僕独り。ひさしぶりに孤独を楽しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

独りの夜のあれこれ 

 妻が不在の夜のこと。

 ネコは僕が帰りつくと同時にふらりと外に出ていってしまいました。

 「クニョ。帰ってこんかよ」

 そう呼びかけたのに無視したのでドアを閉めてしまいました。

 スイギョウザをつくって食事。そして、ベッドでビールを飲みながら通っている県立高知短期大学のゼミの課題の本を読みました。

 妻がいれば夜中にドアを開け、クニョを招きいれるのですが、僕は無視。

 いつの間にか寝てしまって午前七時に起床。

 ドアを開けるとドアの前で待っていたクニョが走りこんできました。

 夜露に濡れています。

 食事と水を与えるとむさぼるように食べました。

 僕の朝食もつくらなくては。ご飯をたき、おでんをつくってと……。

 あれクニョはと思って探すと二階のベットの上でたゆたっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.28

娘の成長を語る女優の宮沢りえさん。

 娘得て 成長語る りえちゃんは
 娘と同じ
 三十ウン歳

 二、三日前、ひさしぶりに女優の宮沢りえさんの姿をテレビで見ました。
 
 彼女は、一九七三年四月六日、東京都練馬区生まれです。
 身長百六十七センチメートル。父はオランダ人、母は日本人。
 ことし五月、第一子となる女児を出産。八月に仕事に復帰。
 わが娘は、一九七二年十一月十七日、東京都文京区生まれ。身長百七十一センチメートル。二女の母。主婦です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ウィスキー アンド ワラ くださいよ」。変な英語が通じるわが家。

 十一月二十七日夜のわが家で。

 「つまむもの、何かないの?」
 非常用 食パン二切れ
 妻、出してきた

 「ウィスキー アンド ワラ くださいよ」
 妻、水割りを
 つくってくれたよ

 ところで、「ウイスキーの水割りをください」は、英語でどんなふうにいうのでしょうか。

 Please give the grog of the whisky to me.

 でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テレビの上でたゆたう、わが家のネコ。

Photo

 テレビ上 たゆたっている ネコがいる
 しっぽゆらゆら
 画面に揺れて

 十一月二十八日夜のことです。
 彼女が、突然、チャンネルを変えたり、音量を大きくしたりするのでびっくりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高知県伊野町立伊野中学校三年生の僕と久しぶりに再会しました。

Photo_2

Photo_3  いま県立高知短期大学の二年生です。

 一年生に高知県伊野町立伊野中学校の同学年生がいます。

 彼女が卒業写真集を貸してくれました。

 高知県伊野町立伊野中学校三年生の僕と久しぶりに再会しました。

 ちなみに、下の写真が、いまの僕です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香川県さぬき市志度にいって来春からのアパートを決めてきました。

 十一月二十八日、連帯保証人の妻と香川県さぬき市志度にいってきました。

 僕の来春からのアパートを決めるためです。

 三つ見て、さっさと決めました。

 通う大学は山の上ですが、その下のアパートです。

 五階建て全六十戸の三階。 

 洋七・五畳。キッチン、物入れ、トイレ(ウォッシュレット)、バス。

 洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、テレビつき。

 インターネット使いほうだい。

 家賃は三万五千円(共益費、水道料こみ)。

 持っていく荷物を厳選しなくてはなりません。

 ・布団など二組。

 ・台所用品。

 ・衣服。

 ・本棚三つ。

 ・パソコンと関連用品。

 ・デジタルカメラと関連用品。

 ・デジタルカメラと関連用品。

 ・本 日本史の通史と辞書類。

 ・本 英語と韓国語のもの。

 ・本 社会科学のもの。

 現地で買うもの。

 ・カーペット。

 ・机といす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香川県さぬき市志度 この花の名前を、ご存知でしょうか。

Photo_6

 この間、県立高知短期大学経済学クラブの研修旅行に行ったとき美しい花と出合いました。

 名前はわかりません。

 きょう、香川県さぬき市志度にいったら各所に、この花が咲いていました。

 せめて名前を知りたいと思っているのですが、教えていただけませんでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JR高松駅に向かっているつもりが徳島駅に到着。

 Photo_10

 いやーっ、驚きました。

 JR高松駅に向かっているつもりが……。

 妻に起こされました。

 「終着の徳島駅ですよ」

 香川県の志度駅で高松行きに乗ったつもりでした。

 「妻と一緒」で安心していて、ぐっすり寝込みました。

 で、起きたら徳島駅だったのです。

 妻は途中で「変だな」とは思っていたそうですが……。

 徳島駅前から高知行きの高速バスで高知に帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌「ふれあい」に寄せて。

生まれて、生きてきて、楽しいことがいっぱいありましたね。しかし、悲しいこともいっぱいありました。

僕にも、地球の真ん中にまで引きずりこまれて、心が焼きつくされて、このまま生きていけるのかなぁと思ったことがありました。

それでも、何とか生きてきました。

心を焼きつくされた出来事から数年して、この歌に出合いました。一九七四年の中村雅俊さんの「ふれあい」です。

   悲しみに 出会うたび

   あの人を 思い出す

   こんな時 そばにいて

   肩を抱いてほしいと

   なぐさめも 涙もいらないさ

   ぬくもりが ほしいだけ

   ひとはみな 一人では

   生きてゆけない ものだから

なぜか、こういうときには妻のことは思い出さないのです。十九歳のとき、毎晩、家に送って行っていた髪の長い一学年下の美女のことを思い出したりします。いまごろの季節には、彼女の長いマフラーに二人でくるまって夜道を歩いていました。

   空しさに 悩む日は

   あの人を 誘いたい

   ひとことも 語らずに

   おなじ歌 歌おうと

県立高知短期大学に入ったおかげで、心をかよわせることのできる仲間がたくさんできました。僕の人生の宝物(たからもの)です。

   何気ない 心のふれあいが

   幸せを 連れてくる

   ひとはみな 一人では

   生きてゆけない ものだから

毎日の授業で「発見」をプレゼントしてださる先生がた。先輩たち。高知市神田(こうだ)の張り切り娘、その相棒の伊野町天王団地の娘さん、山口市にいった早口の娘さん……。在校生。南国市の世話好きのねえやん、子ネコをくれた土佐市宇佐のおんちゃん、高知市浦戸の優しいギターリスト、楽しいことに挑戦する越知町の若衆、英語塾で一緒に学んでいるかなり年下の女性、休んだ日のノートを見せていただいた美女たち。そして、介助のふるまいが優雅で僕の胸をキューンとさせる年下の何人もの美しい女性たち。中学の同学年生の一年生、美人の奥さんとともに新しい人生を切り開こうとしている一年生の南国市の元社長。いろんな困難を抱えながら体ごとぶつかって未来を獲得しようとしている青年たち……、みんな素晴らしい人たちばかりです。   

   何気ない 心のふれあいが

   幸せを 連れてくる

   ひとはみな 一人では

   生きてゆけない ものだから

   生きてゆけない ものだから

来年四月から七畳半のアパートに独りで住むことになりますが、たぶん、夜中に、「高知短期大学の仲間たち、メールくらいちょうだいよ。くすん、くすん……」と泣きながら、この歌をうたっていることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.29

高知市 パソコン教室で五時間も……。

  本日は、午前十時から午後三時ころまでパソコン教室に。

 「水彩」が終わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »