« 高知県須崎の人間魚雷・回天の隊員だった人が持っていた鉢巻など その三。 | トップページ | 短歌集「三つ目の病名」。 »

2009.11.08

高知県須崎の人間魚雷・回天の隊員だった人が持っていた鉢巻など その四。

 のぼりです。

  非理法権天(ひりほうけんてん)というのは「非は理に勝たず、理は法に勝たず、法は権に勝たず、権は天に勝たず」で、「天命のままに動き、人は天に逆らうことはできない『天道に従って行動すべきであるということ』」とのことです。

Photo_4

|

« 高知県須崎の人間魚雷・回天の隊員だった人が持っていた鉢巻など その三。 | トップページ | 短歌集「三つ目の病名」。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/46713361

この記事へのトラックバック一覧です: 高知県須崎の人間魚雷・回天の隊員だった人が持っていた鉢巻など その四。:

« 高知県須崎の人間魚雷・回天の隊員だった人が持っていた鉢巻など その三。 | トップページ | 短歌集「三つ目の病名」。 »