« 「一日に なしえることは 少なくて……」。 | トップページ | 十八歳の選択と、もうひとたびの選択。【書き直しました】 »

2009.11.02

十一月八日の県立高知短期大学祭のパンフレットができました。僕の出した広告も載っています。

 十一月八日の県立高知短期大学祭のパンフレットができました。
 僕は、そのパンフレットに、つぎの広告を出しています。

 戦争の悲惨さを若い世代にも伝えようと、高知市の平和資料館が発行している冊子に、昭和20年(1945年)7月の高知大空襲の体験が漫画で描かれました。『高知の戦争 証言と調査』と題された、この冊子は、高知市にある民間の平和資料館の草の家の研究員およそ10人が中心になって、県内の戦争遺跡を調査したり、戦争体験者の証言を聞いたりして研究した成果を多くの人に知ってもらおうと、今年1月に創刊されました。ほぼ1か月ごとに発行され、これまでに高知市の男性が特攻隊に志願するときの話や、戦前や戦時中に県内のダムや発電所の建設にかかわった朝鮮人の強制労働の記録などが書かれてきました。……(8月28日朝のNHK総合テレビの「ニュース」から)

 雑誌『高知の戦争 証言と調査』に、あなたも執筆していただけませんか。

 あなたの祖父母の戦地や内地での体験の聞き取りなどを募集しています。
 希望者は、編集長の藤原義一(県立高知短期大学2年生)まで、メールでご連絡ください。
 アドレスは bqv01222@nifty.com です。
 ただし、原稿料は出ません。できあがった雑誌を10冊差し上げます。

|

« 「一日に なしえることは 少なくて……」。 | トップページ | 十八歳の選択と、もうひとたびの選択。【書き直しました】 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/46656922

この記事へのトラックバック一覧です: 十一月八日の県立高知短期大学祭のパンフレットができました。僕の出した広告も載っています。:

« 「一日に なしえることは 少なくて……」。 | トップページ | 十八歳の選択と、もうひとたびの選択。【書き直しました】 »