« 高知市 「娘(こ)や孫娘(まご)の 高知駅着 一面で 地元紙パワー 見直している」。 | トップページ | 高知市 小学校三年生の女の子が目に涙をいっぱいためて……。トランプに負けたせいです。 »

2009.12.28

取材って面白い。高知県安芸市の風船爆弾の紙工場のこと。

 「こういうことを知りたい」と手をあげていれば、道が開けていく。

 これが、この間の取材の教訓です。

 ● ある女性が僕の勤めている事務所に来ました。高知県安芸市の人でした。「安芸市といえば井の口の安芸城東製紙でつくった風船爆弾の用紙を見たことがあるけど、ここの関係者を知りませんか?」

 ● 最近、その女性から手紙をいただきました。祖母が安芸市で風船爆弾の用紙をすいていましたという内容です。

 ● 本日、午前中からFUさんのオートバイに乗せていってもらって安芸市に行きました。その女性と祖母に話を聞かせていただきました。「こんなふうにすいていました」という話にリアリティがありました。

 ● そして、四人で、祖母さんがすいていた工場のあと(井の口)に行きました。そこで、その紙工場の当時の経営者の息子と、そのつれあいの話を聞くことができました。

 一挙に核心部に行けた取材でした。

|

« 高知市 「娘(こ)や孫娘(まご)の 高知駅着 一面で 地元紙パワー 見直している」。 | トップページ | 高知市 小学校三年生の女の子が目に涙をいっぱいためて……。トランプに負けたせいです。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/47138432

この記事へのトラックバック一覧です: 取材って面白い。高知県安芸市の風船爆弾の紙工場のこと。:

« 高知市 「娘(こ)や孫娘(まご)の 高知駅着 一面で 地元紙パワー 見直している」。 | トップページ | 高知市 小学校三年生の女の子が目に涙をいっぱいためて……。トランプに負けたせいです。 »