« 高知市 一つの歌をうたうために、こんなに練習しているのは生まれて初めてかもしれません。 | トップページ | 「オバマ」も「鳩山」も……。アメリカも日本も政治の潮目が変わってきています。 »

2009.12.06

十二月四日の俳句です。

 十二月四日の県立高知短期大学の「文化芸術論」の時間につくった俳句です。

  ○  ○  ○

草そうが集う夜学の誇らしさ

カラオケの練習してますユー・チユーブ

満月が空にはりつくロックな夜

新店は客とりつくす構えにて

鍵忘れ「持ってきてよ」と命ぜられ

弾丸(たま)宿し戦後を生きた父のこと

先生の「俳句と戦争」聞いている 開戦記念日 四日後である

|

« 高知市 一つの歌をうたうために、こんなに練習しているのは生まれて初めてかもしれません。 | トップページ | 「オバマ」も「鳩山」も……。アメリカも日本も政治の潮目が変わってきています。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

「季論21/09秋」号をめくっていたら、「読者のひろば」のコーナーにお名前を発見しました。

投稿: ひがとよ | 2009.12.06 20:48

ごめんなさい。27日の件ですが、日程が合いそうにありません。1月の土日で、福井さんや出原さん、藤原さんの時間が合う日はありませんでしょうか?

投稿: のぶさん | 2009.12.07 08:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30274/46951939

この記事へのトラックバック一覧です: 十二月四日の俳句です。:

« 高知市 一つの歌をうたうために、こんなに練習しているのは生まれて初めてかもしれません。 | トップページ | 「オバマ」も「鳩山」も……。アメリカも日本も政治の潮目が変わってきています。 »